言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「統計」と「集計」の違い!具体例でわかりやすく解説するよ!

更新日:

 
「統計」と「集計」。

なんとなく、まぎらわしいですね…。
 
 
エクセルを使っていると、「統計グラフ」とか「ピボットテーブル集計」とか、「統計」「集計」両方あるし…。

どちらも、計算が関係することは確信しているのですが…。
 
 
いやいや、意味はハッキリとしなくてはいけませんね。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「統計」と「集計」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「統計」と「集計」の意味の違い!

最初に、「統計」と「集計」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「統計」とは、集団を調べてその集団の性質や状態などを数値で表すこと。

「集計」とは、個々に出した数値を集めて合計すること。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「統計」の意味とは!

「統計」は、集団を調べてその集団の性質や状態などを数値で表すことです。

つまり、多くのデータを分析して、その傾向などを数で示すということ。
 
 
 
具体例をあげると、「出生率」という言葉があります。

これは、赤ちゃんが生まれる割合のこと。

赤ちゃんが生まれたというデータを分析し、数値であらわすのです。
 
 
たとえば、出生率が2.0の場合、1人の女性が2人の赤ちゃんを産んだということ。

ということは、2.0以上だと理論的には人口が減少しないことになります。

現在の日本の出生率は、1.4台で、年々減少傾向。
 
 
こういった、赤ちゃんがどのくらい生まれているのかといった「傾向」を数値であらわすこと、これが「統計」です。

また、年々減少しているという「傾向」も「統計」ですね。

赤ちゃん
 

②「集計」の意味とは!

「集計」は、個々に出した数値を集めて合計すること。

要するに、いくつかの数を足し算で合わせることですね。
 
 
 
たとえば、前の項目で説明した「出生率」があります。

この「出生率」を算出するためには、赤ちゃんが生まれた数など、様々なデータが必要。

そして、そういったデータを足し合わせて、その数をもとに割合が算出されます。
 
 
この「データを足し合わせること」が「集計」ということ。

これはつまり、「統計」のためには、その前に必ず「集計」が必要であるということです。

計算
 

③「統計」と「集計」の違いを整理!

それでは、ここで一度「統計」と「集計」の違いを整理します。
 
 
集団を調べてその集団の性質や状態などを数値で表すのが「統計」。

個々に出した数値を集めて合計するのが「集計」。
 
 
簡単にいってしまえば、傾向などの分析結果が「統計」で、足し算が「集計」です。

 

スポンサードリンク

 

2.「統計」と「集計」の辞書での意味!

続いて、辞書による「統計」と「集計」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「統計」の辞書での意味!

【統計】

・集団を構成する個々の要素の分布を調べ、その集団の性質・状態などを数値で表すこと。また、表されたもの。「―をとる」「―を出す」

引用元:旺文社国語辞典

すごくわかりにくく記載されていますが、前の項目で説明したとおりの内容です。
 

②「集計」の辞書での意味!

【集計】

・個々に出した数値を集めて合計すること。また、合計したもの。「データを―する」

引用元:旺文社国語辞典

こちらも、説明どおりの内容ですね。

グラフ
 

3.「統計」と「集計」の使い方!

次に、「統計」と「集計」の使い方を例文で紹介します。
 

①「統計」の使い方!

・完全失業率は、総務省統計局で算出している。

・経済産業省では、毎年工業統計調査を公表している。

統計学は学問。

・アンケートによる統計を専門に行う会社がある。
 

②「集計」の使い方!

・エクセルを使って数値を集計する。

・アンケートの集計を代行する会社。

・毎月の業績を集計するシステム。

・会議室で正の字で集計した。

会議
 

4.「統計」や「集計」には似た意味の言葉がたくさんある!

「統計」や「集計」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「集積」と「集約」の違い!わかりやすく徹底解説するよ!

「集計」と「合計」の違いを解説!実は意外な差異があるよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「統計」と「集計」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「統計」は、集団を調べてその集団の性質や状態などを数値で表すこと。

「集計」は、個々に出した数値を集めて合計すること。
 
 
「統計」を出すためには、その前に必ず「集計」が必要です。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.