言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「汚損」と「破損」の違い!わかりやすく具体例で解説するよ!

更新日:

 
「汚損」と「破損」。

似ていますよね…。
 
 
「損」という字が共通していますので、どちらも「損なう」ということだと思うのですが…。

では、どのように「損なう」のか?といことが違いのポイントなのでしょう…。
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「汚損」と「破損」には明確な違いがありました!
 
 
本記事では、「汚損」と「破損」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「汚損」と「破損」の意味の違い!

まずは、「汚損」と「破損」の意味の違いを端的にお伝えします。

「汚損」とは、汚れたり傷ついたりすること。

「破損」とは、こわれたり傷ついたりすること。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「汚損」の意味とは!

「汚損」は、汚れたり傷ついたりすること。

「破損」の方はへこんだり折れたりしてこわれますが、「汚損」の方はそこまでこわれることはありません

汚れたれる、また、傷がつくまでが「汚損」です。
 
 
 
たとえば、家の壁に落書きされたとしましょう。

この場合は、自分の財産がペンキなどで汚されたことになりますが、これが「汚損」です。
 
 
 
それから、豪雨による洪水で家の床が水没した場合。

雨水によって床が汚れますので、これも「汚損」。
 
 
さらに、雨水が長時間かけて床に浸ることで、床材がブヨブヨになったり表面が剥がれたりします。

これはつまり、床に傷がつくということ。

こういった、「傷がつく」ことも「汚損」です。

濁流
 

②「破損」の意味とは!

「破損」は、こわれたり傷ついたりすること。

「汚損」は「汚れる」でしたが、「破損」は「こわれる」です
 
 
「こわれる」ということは、たとえば「へこむ」「折れる」「ばらばらになる」ということ

そして、「傷がつく」ことも一種の「こわれる」ですね。
 
 
 
具体的には、屋根に飛来物がぶつかり「へこむ」。

また、車庫の柱に車をぶつけて、柱が「折れる」。

皿を誤って床に落として「ばらばらになる」。
 
 
車庫の柱に車をぶつけて、車体に「傷がつく」。

こういったものが、全て「破損」です。
 
 
 
汚れる「汚損」とは、あきらかに違いますよね。

ただし、「破損」も「汚損」も「傷がつく」という部分は共通の意味ですので、気をつけましょう。

交通事故
 

③「汚損」と「破損」の違いを整理!

それでは、ここで一度「汚損」と「破損」の違いを整理します。
 
 
汚れたり傷ついたりするのが「汚損」。

こわれたり傷ついたりするのが「破損」。
 
 
「汚れる」と「こわれる」の違いです。

 

スポンサードリンク

 

2.「汚損」と「破損」の辞書での意味!

続いて、辞書による「汚損」と「破損」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「汚損」の辞書での意味!

【汚損】

・よごれ傷つくこと。よごしたり傷つけたりすること。また、そのよごれや傷。「器物を―する」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。
 

②「破損」の辞書での意味!

【破損】

・壊れて、いたむこと。壊して、いためること。破って傷つけること。破れ傷つくこと。「家屋の―」

引用元:旺文社国語辞典

こちらも、説明どおりですね。

メガネ
 

3.「汚損」と「破損」の使い方!

次に、「汚損」と「破損」の使い方を例文で紹介します。
 

①「汚損」の使い方!

・西武新宿線の新所沢駅にて、車内汚損のため一部運休が発表されました。

・当保険は、修復や修繕不可能な汚損は保険対象外となります。

・図書館で、本の汚損や落書きをテーマにした「本が泣いている展」が開催される。

・年賀状の配達途中での汚損が明らかな場合の対応とは?
 

②「破損」の使い方!

・内部の基盤が破損した場合は、隣接しているパーツにも影響が出ることも。

・内蔵アンテナを採用していますので、落下等によるアンテナの破損を防ぎます。

・震度7では、補強されているブロック塀も破損するものがある。

・美術品が破損や盗難にあった際、国が補償する新制度の法案。

泥棒
 

4.「汚損」や「破損」には似た意味の言葉がたくさんある!

「汚損」や「破損」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「損害」と「損失」の違い!確かな差をわかりやすく解説!

「損傷」と「破損」の違いを解説!実は微妙な差があったよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「汚損」と「破損」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「汚損」は、汚れたり傷ついたりすること。

「破損」は、こわれたり傷ついたりすること。
 
 
「汚れる」と「こわれる」の違いですが、「傷がつく」ということは共通しています。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.