言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「実践」と「実施」の違い!微妙な差をわかりやすく徹底解説!

更新日:

 
「実践」と「実施」。

漢字も読み方も似ています…。
 
 
「試験を実施する」といった使い方をしますが…。

「試験を実践する」となると、何となく変な感じがします…。
 
 
 
これは、間違いなく「実践」と「実施」には違いがあるということか…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「実践」と「実施」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「実践」と「実施」の意味の違い!

最初に、「実践」と「実施」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「実践」とは、ある理論や主義にしたがって自分で実際に行動すること。

「実施」とは、あらかじめ計画している物事などを行うこと。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「実践」の意味とは!

「実践」は、ある理論や主義にしたがって自分で実際に行動すること。

ただ物事を行うことではありません。

理論や主義などが存在し、そのとおり行うのが「実践」です。
 
 
 
たとえば、実践研修」といった言葉があります。

これは、学んだことを実際に行動して身につける研修のこと。

要するに、学んだ「理論」を実際に行動するということですね。
 
 
 
その他にも、「神の教えを実践している」といった使い方があります。

これは、「神の教え」という「主義」を、ただ頭で理解するだけでなく、実際に行動しているということですね。

聖書
 

②「実施」の意味とは!

「実施」は、あらかじめ計画している物事などを行うこと。

「実践」とは違い、「理論」や「主義」は関係ありません。

ただ物事を行うことですが、あらかじめ計画した物事に多く使われる言葉です。
 
 
 
たとえば、「本日より3日間、予定どおり試験を実施します」といった使い方をします。

あらかじめ計画していた試験を行うということですね。
 
 
ちなみに、「本日より3日間、予定どおり試験を実施します」を「実践」に置き換えてみましょう。

すると、「本日より3日間、予定どおり試験を実践します」となりますが、少し変ですよね。

この試験は、別に理論や主義に基づいたものではなく、単に学力をはかるためのもの。

ですから、「実践」はふさわしくないのですね。
 
 
 
また、「神の教えを実践している」を「実施」に置き換えるとどうなるか。

「神の教えを実施している」…、これも変ですよね。

これを、「神の教えに基づいた奉仕活動を、計画どおり実施した」となると、しっくりきます。

これはつまり、ある主義主張に基づいた活動を計画して行った、ということになるのですね。

精神統一
 

③「実践」と「実施」の違いを整理!

それでは、ここで一度「実践」と「実施」の違いを整理します。
 
 
ある理論や主義にしたがって自分で実際に行動するのが「実践」。

あらかじめ計画している物事などを行うのが「実施」。
 
 
「理論を実践する」、また、「計画を実施する」と覚えてください。

 

スポンサードリンク

 

2.「実践」と「実施」の辞書での意味!

続いて、辞書による「実践」と「実施」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「実践」の辞書での意味!

【実践】

・ある理論や主義にしたがって自分で実際に行動すること。「理論よりも―」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりの内容です。
 

②「実施」の辞書での意味!

【実施】

・実際に施行すること。「―を見合わせる」「入学試験を―する」

引用元:旺文社国語辞典

「施行」するとなっていますが、これは「政策・計画などを実行すること」という意味です。

説明したとおりの内容ですね。

スケジュール
 

3.「実践」と「実施」の使い方!

次に、「実践」と「実施」の使い方を例文で紹介します。
 

①「実践」の使い方!

・栄養バランスを考慮したダイエットを実践する。

・専門実践教育訓練給付制度について。

・親の教えを実践してきた。

・健康のため日々運動を実践している。
 

②「実施」の使い方!

・この活動はきちんと実施要領に基づいたものだ。

・三役会議を実施します。

・計画したからには必ず実施するべきだ。

・アンケート調査の実施状況を確認する。

アンケート
 

4.「実践」や「実施」には似た意味の言葉がたくさんある!

「実践」や「実施」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「施行」と「実施」の違い使い分けは?意味を徹底的に深掘り!

「活動」と「行動」の違いを解説!似ているようで意外な差が!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「実践」と「実施」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「実践」は、ある理論や主義にしたがって自分で実際に行動すること。

その行動の前には、必ず決まった理論や主義が存在します。
 
 
「実施」は、あらかじめ計画している物事などを行うこと。

その行いは計画ではない場合もありますが、計画されていることが多いです。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.