言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「これから」と「今後」の違いを解説!確かな差があったよ!

更新日:

 
「これから」と「今後」。

意味がまぎらわしいですよね…。
 
 
といいますか…、もしかして同じ意味なのでは??

たしかに、これからの総会の議題にする」といいますし、今後の総会の議題にする」ともいいます…。
 
 
しかし、よく考えるとこれから行きます」といいますが、今後行きます」となると何か変です…。

ということは、「これから」と「今後」には違いがあるということか??
 
 
 
そんなわけで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「これから」と「今後」には確かな違いがありました!
 
 
本記事では、「これから」と「今後」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「これから」と「今後」の意味の違い!

まずは、「これから」と「今後」の意味の違いを端的にお伝えします。

「これから」とは、今からのちのこと。

また「これから」には、副詞的な用法で、時間的な始点(現時点から)の意味と位置的な始点(現地点から)の意味もあります。

「今後」とは、今からのちのこと。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「これから」と「今後」の共通の意味!

「これから」と「今後」は、どちらも「今からのち」のこと。

この部分は共通の意味。

「今からのち」ということは、「これから先」「以後」のことであり、現在よりも未来の部分を指しています。
 
 
 
具体的には、これからの総会の議題にしたいと思います」といった使い方。

これは、今後の総会の議題にしたいと思います」というように、「これから」を「今後」へ置き換えが可能。
 
 
どちらも、今現在以降に開催されるであろう総会の場で、議題にするという意味です。

つまりは、未来の総会を指しているということ。

観客
 

②「これから」だけの独自の意味とは!

「これから」には、「今後」にはない意味もあります。

それは、副詞的な用法で、時間的な始点(現時点から)の意味と位置的な始点(現地点から)の意味。
 
 
副詞というのは、その後ろの言葉を飾る役目をする品詞。

しかも、後ろの言葉にピタリとくっつきます。
 
 
たとえば、「ゆっくり歩く」の「ゆっくり」や、「もっと食べたい」の「もっと」のこと。

いずれも、「歩く」「食べたい」という言葉を飾り、そのおかげで意味の深みが増しています。
 
 
 
そして、「これから」を副詞的に使うと、以下のようになります。

これから行きます」

これからやります」

といった使い方。
 
 
これは、前項の「今からのち」という未来を指しているわけではありません。

単に、今現在を起点にしているだけであり、言い換えるならが「現時点から」という意味。
 
 
あくまでも、時間的な始点です。

そして、「行きます」「やります」を飾っています。
 
 
ちなみに、これから行きます」「これからやります」の「これから」を「今後」に置き換えると…。

今後行きます」「今後やります」ということで、違和感満載の文章になってしまいます…。
 
 
 
また「これから」には、「時間的な始点」の他に「位置的な始点」の意味もあります。

これから100メートル程進んでください」

これから10キロ以上離れた場所だよ」

といった使い方をする「これから」ですね。
 
 
この場合、現在の場所を起点にしたということで、言い換えるならが「現地点から」ということです。

ただし、この場合は「これから」よりも、「ここから」の方が多く使われていますね。

開始
 

③「これから」と「今後」の違いを整理!

それでは、ここで一度「これから」と「今後」の違いを整理します。
 
 
「これから」と「今後」は、どちらも今からのちのこと。
 
 
ただし「これから」には、「今後」にはない意味があります。

副詞的な用法で、時間的な始点(現時点から)と、位置的な始点(現地点から)という独自の意味を持つのが「これから」です。
 

スポンサードリンク

 

2.「これから」と「今後」の辞書での意味!

続いて、辞書による「これから」と「今後」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「これから」の辞書での意味!

【これから】

①今からのち。今後。将来。「―がたいせつだ」

②(副詞的に用いて)今から。または、ここから。「―行く」「―二キロメートルばかり離れた所」

引用元:旺文社国語辞典

意味が2つあり、内容も説明したとおりです。
 

②「今後」の辞書での意味!

【今後】

・今からのち。これから先。以後。「―もよろしく」

引用元:旺文社国語辞典

こちらも、説明どおりですね。

未来
 

3.「これから」と「今後」の使い方!

次に、「これから」と「今後」の使い方を例文で紹介します。
 

①「これから」の使い方!

これからの季節に役立つアイテムを取り揃えております。(今からのち)

・最悪の事態がこれからの日本に起きる可能性があると警告した。(今からのち)

・国立科学博物館を見学し、 集合場所にはこれから向かいます。(現時点から)

これから駅までどのくらい距離がありますか?(現地点から)
 

②「今後」の使い方!

・医療を取り巻く環境は激変しており、今後の審議の行方にも不透明感が漂う。

今後の試合日程が変更となります。

今後は戦略を見直す必要がある。

・働き方に起こっている変化や、今後のキャリアの築き方について話を伺った。

働き方改革
 

4.「これから」や「今後」には似た意味の言葉がたくさんある!

「これから」や「今後」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「今後」と「将来」の違い!確かな差をわかりやすく解説!

「明日」と「翌日」の違い!例文でわかりやすく解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「これから」と「今後」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「これから」は、今からのちのこと。

また「これから」には、副詞的な用法で、時間的な始点(現時点から)の意味と位置的な始点(現地点から)の意味もあります。
 
 
「今後」は、今からのちのことで、これは「これから」と共通の意味です。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.