言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「首脳」と「首相」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

更新日:

 
「首脳」と「首相」。

よく国際的な会議で、この「首脳」と「首相」が登場します。

漢字も読み方も似ていますよね…。
 
 
まぎらわしいです…。

ですがこの「首脳」と「首相」、指している意味が全く違うようです…。
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

本記事では、「首脳」と「首相」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「首脳」と「首相」の意味の違い!

最初に、「首脳」と「首相」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「首脳」とは、団体や組織などの指導的な役割をする人のこと。

「首相」とは、日本の場合は内閣総理大臣のこと。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「首脳」の意味とは!

「首脳」は、団体や組織などの指導的な役割をする人のこと。
 
 
 
たとえば、「先進国首脳会議」といえば、各国政府の長となる人たちが集まって行う会議のこと。

日本からは「首相」が参加しますので、この場合は「首脳」と「首相」が合致します。

ただし、大統領制であるアメリカやフランスの場合は「首脳」ではありますが「首相」ではありません。
 
 
ちなみに、「首相」は国の行政機関のトップですが、「大統領」は国のトップです。

もちろん、「大統領」は国のトップなのですが、国によっては行政のトップでもありますよ。
 
 
 
そして、「首脳」は必ず政府の長であるとは限りません。

様々な組織や団体の、指導的な立場にいる人たちが当てはまります。
 
 
それから、「首脳」は必ず1人とは限りません。

たとえば、プロ野球に関するテレビを見ていると「首脳陣」という言葉が出てきますよね。

この場合は、監督やコーチ陣全てが「首脳」ということになります。

また、プロ野球チームのオーナーや、球団社長ほか経営陣を「首脳」と呼ぶ場合があります。

野球場
 

②「首相」の意味とは!

「首相」は、日本の場合は内閣総理大臣のこと。

財務大臣や外務大臣といった大臣がいますが、その大臣のトップのことです。

要するに、行政の長ということ。
 
 
「首脳」は複数いる場合がありますが、「首相」は1人だけです。

そして、「首相」は行政の長ですので、国会で法律を制定する立法や、法律を適用して裁判をする司法、こちらに対する権限は持っていません。
 
 
 
ところで、前の項目で「大統領」は国のトップであると説明しましたが、アメリカには「首相」がおりません。

「首相」の役割をアメリカ大統領が行っているのです。
 
 
ですが、「大統領」がいながら「首相」もいる国もあります。

ロシアや韓国、フランスなどがそれに該当。

ロシアや韓国は、大きな仕事が「大統領」で、細かい仕事が「首相」といった区分けにしています。

フランスの場合は、外交が「大統領」で、内政が「首相」といった分担。
 
 
 
ちなみに、中国には大統領はいませんが、「首相」がいます。

ただし、大統領のかわりの国のトップが「国家主席」。
 
 
「国家主席」は国のトップである他に、共産党のトップ。

そして、共産党の中にある人民解放軍のトップでもあります。

人民解放軍は「国」の軍ではなく、「党」の軍ですよ。

自衛隊
 

③「首脳」と「首相」の違いを整理!

それでは、ここで一度「首脳」と「首相」の意味の違いを整理します。
 
 
団体や組織などの指導的な役割をする人が「首脳」。

日本では内閣総理大臣が「首相」。
 
 
日本の「首相」は、先進国首脳会議に日本の「首脳」として参加します。

 

スポンサードリンク

 

2.「首脳」と「首相」の辞書での意味!

続いて、辞書による「首脳」と「首相」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「首脳」の辞書での意味!

【首脳】

・団体・組織などの中心となる人。

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。
 

②「首相」の辞書での意味!

【首相】

・内閣総理大臣。宰相。

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですね。

国会議事堂
 

3.「首脳」と「首相」の使い方!

最後に、「首脳」と「首相」の使い方を例文で紹介します。
 

①「首脳」の使い方!

・タイヤ公取協懇親会で各社の首脳に聞く独自戦略。

・ワシントンで行われた日米首脳会談でトランプ大統領が戦闘宣言。

・インダストリオールは同社の本社首脳部に接触した。

・九都県市首脳会議の開催を目前に控え…。
 

②「首相」の使い方!

首相が賃金引き上げを公式の場で求め、財界トップも前向きに応じる。

・安倍晋三首相と労働組合の連合が微妙な間合いを探っている。

・日本政府、首相中東訪問を延期で調整。

・ジョンソン英首相は午後10時に「これは終わりではなく始まりだ」と演説。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「首脳」と「首相」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「首脳」は、団体や組織などの指導的な役割をする人のこと。

国のトップ以外に、会社などのトップも「首脳」といいます。
 
 
「首相」は、日本の場合は内閣総理大臣のこと。

国の行政のトップのことで、「首相」が存在する国とそうでない国があります。

「首脳」と「首相」の意味の違いを説明しましたが、似た意味の言葉で「元首」があります。

「元首」について、詳しく解説した記事もありますよ!

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「元首」と「首相」の違いを解説!やはり明確な差があったよ!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.