言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「ゴールデン」と「ゴールド」の違い!わかりやすく徹底解説!

更新日:

 
「ゴールデン」と「ゴールド」。

両方とも普段よく耳にしますが、言われてみると何だかまぎらわしですよね…。
 
 
でも、「ゴールデンウイーク」とはいいますが「ゴールドウイーク」とはいいません…。

ということは、「ゴールデン」と「ゴールド」は意味が違うということ??
 
 
 
そんなわけで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「ゴールデン」と「ゴールド」には微妙な違いがありました!
 
 
本記事では、「ゴールデン」と「ゴールド」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「ゴールデン」と「ゴールド」の意味の違い!

最初に、「ゴールデン」と「ゴールド」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「ゴールデン」とは、基本的には「金のような」「金色の」という意味。

「ゴールド」とは、基本的には貴金属の「金」のこと。

ただし、例外的に「ゴールデン」を「金」、「ゴールド」を「金のような」「金色の」といった使い方もできます。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「ゴールデン」の意味とは!

「ゴールデン」とは、基本的には「金のような」「金色の」という意味

「形容詞」です。

ですから、貴金属の「金」のことではありません
 
 
たとえば、「ゴールデンネックレス」といった場合。

これは、金のようなネックレス、または金色のネックレスという意味になります。
 
 
 
そして、貴重な金属である「金のような」という意味から、「貴重な」「価値ある」といった使い方がされるようになりました。

たとえば、「ゴールデンウイーク」。

あとは、「ゴールデンタイム」や「ゴールデンエイジ」など。

これらは、「金のような」というよりは「貴重な」「価値ある」といった意味です。
 
 
 
ただし、基本的には「金のような」「金色の」という意味なのですが、まれに貴金属の「金」として使われることもありますので気をつけましょう。

ですから、「ゴールデンネックレス」といった場合、「金のようなネックレス」「金色のネックレス」という意味なのですが、まれに「金のネックレス」という意味の時もあります。

「金のような」なのか「金」なのか、見分ける方法はありません。

文脈などで判断しましょう。

宝石
 

②「ゴールド」の意味とは!

「ゴールド」とは、基本的には「金」のこと

「名詞」です。

貴金属である「金」のことですね。
 
 
たとえば、「ゴールドネックレス」となると、「金のネックレス」という意味

「金のようなネックレス」「金色のネックレス」ではありません
 
 
 
ただし、この「ゴールド」なのですが、時々形容詞の「金のような」「金色の」という意味で使われることがあります。

たとえば、「ゴールドライン」。

「ゴールドライン」は、衣服の金色のラインや、道路の名称として使われますが金属のことではありません。
 
 
あとは、「ゴールドカード」や「ゴールドフィッシュ」。

「ゴールドカード」も金属ではありませんし、「ゴールドフィッシュ」は金魚のことです。

ゴールドカード
 

③「ゴールデン」と「ゴールド」の違いを整理!

それでは、ここで一度「ゴールデン」と「ゴールド」の違いを整理します。
 
 
「ゴールデン」は、基本的には貴金属の「金」のことではなく、「金のような」「金色の」という意味。

「ゴールド」とは、基本的には「金」のことです。
 
 
ただし、双方とも例外が存在しますので気をつけてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

2.「ゴールデン」と「ゴールド」の辞書での意味!

続いて、辞書による「ゴールデン」と「ゴールド」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「ゴールデン」の辞書での意味!

【ゴールデン(golden)】

・(他の語の上について)金色の、黄金の、黄金のように貴重な、の意を表す。

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりです。
 

②「ゴールド」の辞書での意味!

【ゴールド(gold)】

・金。黄金。「―メダリスト」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。

金塊
 

3.「ゴールデン」と「ゴールド」の使い方!

次に、「ゴールデン」と「ゴールド」の使い方を例文で紹介します。
 

①「ゴールデン」の使い方!

ゴールデンコンビの再結成に加え、豪華キャストたちが出演。

・令和初のクリスマスに存在感抜群のゴールデンツリー。

・パリーグで奪三振王とゴールデングラブ賞を受賞。

・1967年製のゴールデンポルシェの査定された買取価格。
 

②「ゴールド」の使い方!

・仮想通貨ビットコインは数年後にゴールドを越える?

・インテリアデザイン部門でゴールド賞を受賞した。

・日本ゴールドディスク大賞新人賞を獲得。

ゴールドハート輝く新作ファインジュエリー。

結婚指輪
 

4.「ゴールデン」や「ゴールド」には似た意味の言葉がたくさんある!

「ゴールデン」や「ゴールド」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「金」と「黄金」の違いを解説!実は明確な差があったよ!

「プラチナ」と「白金」の違いは?わかりやすく解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「ゴールデン」と「ゴールド」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「ゴールデン」は「金のような」「金色の」という意味で、「ゴールド」は貴金属の「金」のこと。

これが基本です。
 
 
ですが、それぞれに例外もありますので、絶対ではないということを覚えておいてください。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.