言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「スキル」と「経験」の違い!わかりやすく徹底解説するよ!

更新日:

 
「スキル」と「経験」。

よく、面接などで「スキルと経験」といった形式で出てくる言葉。
 
 
ボンヤリとは理解しているつもりだったのですが…。

ですが、面接というのは人生の中でも重要な分岐点になる可能性もあるわけで…。

キチンと、「スキル」と「経験」の意味の違いをおさえておく必要がありますね!
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

調べていくうちに、意外な事実が発覚しました…。
 
 
本記事では、「スキル」と「経験」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「スキル」と「経験」の意味の違い!

最初に、「スキル」と「経験」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「スキル」とは、訓練や経験などによって身につけた技能や知識のこと。

「経験」とは、実際に行ったり、見たり聞いたりすること。

ただし、「経験」には実際に「行う、見る、聞く」こと以外に、その結果身につけた知識や技能という意味もあります。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「スキル」の意味とは!

「スキル」は、訓練や経験などによって身につけた技能や知識のこと。

つまり、これまでの仕事の経験や、自らの訓練などによって身につけた、技術的な能力や知識などのことです。

ですから、経験や訓練を多く積んだ人ほど高い「スキル」を持っているということ。
 
 
気をつけたいのが、「スキル」は生まれ持った能力、つまり「才能」ではないということです。

あくまでも、自分の努力により身につけた技能や知識、これが「スキル」です。
 
 
 
たとえば、営業畑で長年経験を積んできた人は、営業に関するトークなどの力量が高いですよね。

こういった場合は「営業スキルが高い」、または「コミュニケーションスキルが高い」といった使い方をします。

名刺交換
 

②「経験」の意味とは!

「経験」は、実際に行ったり、見たり聞いたりすること。

実際に、「行う」「見る」「聞く」ということ、これが「経験」ですね。

たとえば、まだジェットコースターに乗ったことがない人が、初めて乗ったとしましょう。

これが、「ジェットコースターを経験する」ということです。
 
 
 
ここまでの説明では、「経験」と「スキル」は全く違うものと思いますよね。

ですが、実は「経験」には別の意味もあるのです!
 
 
ちなみに、ここまで説明した「経験」は「体験」と全く同じ意味。

「経験」には「体験」にはない、「行う」「見る」「聞く」ことで身につけた知識や技能という意味もあるのです。

この意味の「経験」は、使い方で判別可能ですよ。
 
 
たとえば、以下のとおり。

「先輩と同行して、圧倒的な経験量の差を感じた」

「経験を生かさなくては、全く意味がない」

「誰の話もきかなかった彼を説得できたのは、人生経験の違いだろう」

これは、完全に知識や技能のことを指しています。

ですから、この意味では「経験」と「スキル」にはほぼ違いがないということがいえるのですね。
 
 
 
ただし、仕事上で「スキルや経験」といったように双方同時に使われる場合は、同義ではありません。

「スキルや経験」または「経験やスキル」といった使い方の場合、「経験」の方は「経歴」「キャリア」といった意味になります。

要するに、単純に「行う」「見る」「聞く」の「経験」ではなく、仕事に携わった「経験」、職歴的な使われ方ということ。

「経験」は、「経歴」「キャリア」「職歴」といった意味で使われることもありますので、覚えておいてください。

履歴書
 

③「スキル」と「経験」の違いを整理!

それでは、ここで一度「スキル」と「経験」の違いを整理します。
 
 
訓練や経験などによって身につけた技能や知識が「スキル」。

実際に行ったり、見たり聞いたりするのが「経験」。
 
 
ただし、「経験」には「行う」「見る」「聞く」ことで身につけた、知識や技能という意味もあります。

この場合は、「スキル」と「経験」は同じ意味。
 
 
また、「スキルや経験」「経験やスキル」というように、仕事上で双方同時に使う「経験」は「職歴」「キャリア」「経歴」といった意味になります。

 

スポンサードリンク

 

2.「スキル」と「経験」の辞書での意味!

続いて、辞書による「スキル」と「経験」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「スキル」の辞書での意味!

【スキル】

・訓練や経験などによって身につけた技能。ある人が有している力量や技術。腕前。熟練。

引用元:大辞林第三版

説明どおりですが、この「技能」の意味は技術的な能力の他に知識の意味もあります。

お客様対応
 

②「経験」の辞書での意味!

【経験】

・実際に行ったり、見たり聞いたりすること。また、その結果得た知識や技能。「―者」「―が浅い」「外国生活を―する」

引用元:旺文社国語辞典

前の項目で説明したとおりの内容ですね。
 

スポンサードリンク

 

3.「スキル」と「経験」の使い方!

次に、「スキル」と「経験」の使い方を例文で紹介します。
 

①「スキル」の使い方!

スキルアップ研修会が開催された。

・総合的なビジネススキルを身につけてほしい。

スキルをフルに発揮する。

・あなたがアピールできるスキルはありますか?

・企業が抱えている課題や求められるスキルを分析する。
 

②「経験」の使い方!

・現在の香港に行った経験談をおきかせください。

・補助輪付きですが初めて自転車を経験した。

・自転車で毎日急坂をのぼって通学した経験を生かし競輪の世界に進む。

・人生経験が豊富な人と少ない人の違いは一体どこにあるのでしょうか。

・彼に勝てないのは当然、経験値が違いすぎる。

経験
 

4.「スキル」や「経験」には似た意味の言葉がたくさんある!

「スキル」や「経験」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「体感」と「体験」の違い!例文でわかりやすく解説するよ!

「知見」と「経験」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「スキル」と「経験」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「スキル」は訓練や経験などによって身につけた技能や知識で、「経験」は実際に「行う」「見る」「聞く」こと。

ただし、「経験」には「行う」「見る」「聞く」ことで身につけた、知識や技能という意味もあります。
 
 
また、「経験」は「職歴」「キャリア」「経歴」といった使われ方もありますので、気をつけましょう。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.