言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「ぢ」のローマ字入力によるパソコンへの打ち方を徹底解説!

更新日:

 
「鼻血(はなぢ)」や「間近(まぢか)」など…。
 
 
「はなじ」ではなく「はなぢ」、「まじか」ではなく「まぢか」と書きます。

「じ」ではなく、「ぢ」が正解。
 
 
「鼻から出る血(ち)」で、元々「ち」を使う言葉なので、それに点々を付けて「ぢ」となります。
 
 
ところで、時々使うことがあるこの「ぢ」…。

かな入力でパソコンに打つ場合は簡単ですが…。

ローマ字入力の場合は、どう打つの…???
 
 
 
ということで、こういった言葉の入力方法を徹底的に調べてみました。

本記事では、パソコンにおける「ぢ」のローマ字入力での打ち方を、わかりやすく解説していきます。

また後半の項目では、全ての平仮名のローマ字入力の打ち方について、素早く調べる方法を説明していますのでご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「ぢ」のローマ字入力によるパソコンへの打ち方!

最初に、結論から。
 
 
「ぢ」をローマ字入力で出すには、「D」を打ってから「I(アイ)」を打ちます。

「D」→「I」
 
 
余談ですが、「ぢ」ではなく「じ」を打ちたい場合は…。

「Z」→「I」か、「J」→「I」。
 
 
まとめると、以下のとおり。
 
 
「ぢ」=「D」→「I」

「じ」=「Z」→「I」

「じ」=「J」→「I」
 
 
 
ところで、パソコンに打って表示させる場合は上のとおりなのですが…。

パスポートに、氏名をローマ字で表記させたい場合は注意が必要です。
 
 
たとえば、名字で「陳野さん」や「陳場さん」、名前で「はぢめさん」「りょうぢさん」など…。

「じ」の方もいますが、「じ」ではなく「ぢ」を使う方もいます。
 
 
この「ぢ」を、パスポートでローマ字表記する場合は、「D」「I」ではなく「J」「I」でなくてはいけません

ちなみに「Z」「I」もダメ、必ず「J」「I」です。
 
 
パスポートの場合は、ヘボン式ローマ字を使うというのがルール

ヘボン式ローマ字で、「ぢ」は「J」「I」。
 
 
しかも「じ」も「J」「I」で、「ぢ」と「じ」はローマ字表記が同じになります。
 
 
したがって、「陳野さん」の場合…。

「じんの」でも「ぢんの」であっても、「J」「I」「N」「N」「O」となります。
 
 
クレジットカードのローマ字表記も、「パスポートと同じでなくてはいけない」とか…。

「ヘボン式ローマ字とする」といった規定がある場合が多いので、気をつけてください。
 

スポンサードリンク

 

2.ローマ字入力の打ち方を素早く調べる方法!

ところで、「ぢ」の打ち方は「D」→「I」と説明しましたが…。

こういった打ち方は、忘れることがありますよね…。
 
 
でも大丈夫。

実はパソコンで、全てのローマ字入力方法を確認する方法があります

しかもインターネットで検索するよりも、素早く確認できますよ。
 
ぢ
 
では、その操作手順を紹介します。

パソコンで、ワードやエクセルを開いた時に姿を現し、「あ」とか「A」とかに変化するアイコンがありますが…。

この「あ」「A」のところを、右クリックします。
 
プロパティ
 
すると上のようにメニューが並びますので、その中の「プロパティ」のところをクリックします。
 
設定
 
クリックで上のようなダイアログボックスが現れますので、この中の「詳細設定」のところをクリックします。
 
詳細設定
 
すると、ダイアログボックスが上のように変わります。

その中の、「ローマ字/色の設定」のグループの「ローマ字設定」の右端にある「変更」をクリックしてください。
 
拗音の打ち方
 
クリックにより、上のダイアログボックスが表示されます。
 
 
ご覧のように、左に平仮名があってその右にローマ字入力方法が載っていますよね。

しかも、全ての平仮名のローマ字入力が確認できます。
 
 
たった4度のクリックで、この画面が表示。

しかも、ネット環境ではありませんので、待ち時間がほぼありません。

ぜひ、この機能をご活用ください。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、パソコンにおける「ぢ」のローマ字入力での打ち方についてでした。
 
 
「ぢ」をローマ字入力で打つ時は、「D」「I」です。

「じ」は「J」「I」か「Z」「I」ですが、「ぢ」は「D」「I」。
 
 
パスポートに名前をローマ字表記する場合は、「ぢ」も「じ」も同じ「J」「I」ですので気をつけてください。
 
 
それから、「あ」「A」アイコンでお馴染みの言語ツールバーを利用することで、全ての平仮名のローマ字入力を確認できますよ。
 

ちなみに、「ぢ」の打ち方を解説しましたが…。

この「ぢ」と、発音が同じ「じ」との使い分けが正しくできていますか?
 
 
たとえば、「地震」の「地」は「ち」と読むにもかかわらず、なぜか「し」に濁点で「じしん」が正解ですよ!

下のリンクは、「ず」と「づ」に加え「じ」と「ぢ」の使い分けをわかりやすく解説した記事ですので、よかったらクリックしてみてください。

「ずつ」と「づつ」はどっちが正しい?違いを解説するよ!

オススメの記事です!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.