言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「いつでも」と「いつも」の違いを解説!実は決定的な差が!

更新日:

 
「いつでも」と「いつも」。

似ていますよね…。

ほとんど、同じような意味で使われる言葉です。
 
 
たとえば、いつでも身に付けている」といいますし、いつも身に付けている」ともいいます。

これは、同じ意味だと思いますが…。
 
 
しかし、いつもどおりの服装」とはいいますが、いつでもどおりの服装」とはいいません…。

「いつでも」と「いつも」は似ているようで、意味には決定的な違いがあるようです!
 
 
 
そんなわけで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

本記事では、「いつでも」と「いつも」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「いつでも」と「いつも」の意味の違い!

最初に、「いつでも」と「いつも」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「いつでも」とは、副詞で「どんな時でも」「常に」という意味。

「いつも」とは、副詞で「どんな時でも」「常に」のことで、「いつでも」と同じ意味。
 
 
ただし、「いつも」には名詞としての意味もあります。

名詞の「いつも」とは、「普段」「通常」のこと。

ちなみに、「いつでも」には名詞としての意味はありません。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「いつでも」の意味とは!

「いつでも」は、「どんな時でも」「常に」という意味。

たとえば、「ネックレスをいつでも身に付けている」といった使い方をします。

これは、「どんな時でも」や「常に」に置き換えることが可能。
 
 
「ネックレスをどんな時でも身に付けている」

「ネックレスを常に身に付けている」

といった具合に、違和感は全くありません。
 
 
 
また、「いつでも」と「いつも」の違いをしっかり理解する上で必要不可欠なのが「品詞」。

そして、「いつでも」の品詞は「副詞」です。

副詞というのは、別の言葉を飾る役割をになう言葉。
 
 
たとえば、「ゆっくり」という言葉がありますが、これも副詞。

「ゆっくり歩く」といった使い方をしますが、「歩く」という動詞を飾っています。

しかも、「ゆっくり」単独では、何がゆっくりなのか意味が伝わりません。

つまり、他の言葉と合わさって初めて文章が成り立つ言葉ということです。
 
 
 
「ネックレスをいつでも身に付けている」も、「いつでも」が「身に付けている」という言葉を飾っています。

「いつでも」がないと「ネックレスを身に付けている」となりますが、なくても文章は成立しますし、意味も通じますよね。

ですが、「いつでも」を加えることで、文章の内容がより濃くなります。

そして、「いつでも」という言葉は単独では文章が成り立たないというのが「副詞」の特徴。
 
 
 
ということで、「いつでも」という言葉は、副詞であり意味は「どんな時でも」「常に」ということです。

宝石
 

②「いつも」の意味とは!

「いつも」には、「副詞」と「名詞」の2種類の意味があります。
 
 
 
まずは、「副詞」から。

副詞の「いつも」は、「どんな時でも」「常に」のこと。

つまり、副詞である「いつでも」と意味は同じです。
 
 
前の項で、「ネックレスをいつでも身に付けている」という例文を紹介しました。

これは、「ネックレスをいつも身に付けている」と意味は全く同じです。

ネックレスをどんな時でも、常に身に付けているという意味。
 
 
 
問題は、もう一つの「名詞」の「いつも」。

これが、「いつでも」との最大の違いです。

名詞の「いつも」は、「普段」「通常」という意味。
 
 
いつもどおりの服装」といった使い方をします。

これは、「普段どおりの服装」や「通常どおりの服装」と同じこと。
 
 
そして名詞なので、同じ名詞の「普段」「通常」と同様、他の言葉と必ずセットになるわけではありません。

「いつもは」「普段は」「通常は」といったように、単独でも成立します。

具体的には、「じゃあ、待ち合わせはいつもの場所で」といった使い方。
 
 
 
ちなみに、この「普段」「通常」という意味は「いつでも」にはありません。

したがって…。
 
 
いつでもどおりの服装」

「じゃあ、待ち合わせはいつでもの場所で」

となると、おかしな文章になってしまいます…。

ストレス解消
 

③「いつでも」と「いつも」の違いを整理!

それでは、ここで一度「いつでも」と「いつも」の違いを整理します。
 
 
副詞の「いつでも」と副詞の「いつも」は、どちらも同じ「どんな時でも」「常に」という意味。
 
 
ただし、名詞の「いつも」は、「普段」「通常」という意味。

そして、「いつでも」は名詞ではありません。
 

スポンサードリンク

 

2.「いつでも」と「いつも」の辞書での意味!

続いて、辞書による「いつでも」と「いつも」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「いつでも」の辞書での意味!

【何時でも(いつでも)】

・(副)どんな時でも。常に。「何時でもいいから連絡を下さい」「何時でも身につけている」

引用元:デジタル大辞泉

説明したとおりの内容です。

時計
 

②「いつも」の辞書での意味!

【何時も(いつも)】

①(副)どんな時でも。「あの店は―開いている」

②(名)ふだん。通常。「―のとおり」「―の服」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおり、意味が2つ。

内容も説明どおりですね。
 

スポンサードリンク

 

3.「いつでも」と「いつも」の使い方!

次に、「いつでも」と「いつも」の使い方を例文で紹介します。
 

①「いつでも」の使い方!

・四季を通じていつでも安定した性能を発揮するオールシーズンタイヤ。

・必要な情報の登録だけで、いつでも簡単に画像や映像を投稿できます。

・見逃したライブ授業や過去の動画をいつでも受講できます。

・携帯電話をいつでも肌身離さず持ち歩いていたはず。
 

②「いつも」の使い方!

いつも美しくパーフェクトなセレブたちにも、実はメイク失敗の過去がある。(副詞)

・初めてお会いした時からずっと変わらず、いつも笑顔で優しい。(副詞)

・普段の練習から一緒に泳いでいるメンバーなのでいつもどおり楽しく泳げました。(名詞)

・皆さんからの応援の声がない、いつもと違う状況下で試合をする。(名詞)

スタジアム
 

4.「いつでも」や「いつも」には似た意味の言葉がたくさんある!

「いつでも」や「いつも」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「日々」と「毎日」の違いは?言葉を丸ごと深掘りしてみた!

「いつも」と「毎日」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「いつでも」と「いつも」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「いつでも」は、副詞で「どんな時でも」「常に」という意味。

「いつも」も、副詞で「どんな時でも」「常に」という意味であり、「いつでも」と同じ意味。
 
 
ですが、「いつも」には名詞としての「普段」「通常」という意味があります。

「いつでも」は副詞であり、名詞としての意味はありません。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.