言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「被災」と「被害」の違いを解説!やはり明確な差があったよ!

更新日:

 
「被災」と「被害」。

似ていて、まぎらわしい…。
 
 
「地震のよる被災といいますし、「地震による被害ともいいます…。

でも、「窃盗による被害とはいいますが、「窃盗による被災とはいわないような…。

ということは、「被災」と「被害」は意味に違いがあるということか…??
 
 
 
そんなわけで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「被災」と「被害」には明確な違いがありました!
 
 
本記事では、「被災」と「被害」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「被災」と「被害」の意味の違い!

最初に、「被災」と「被害」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「被災」とは、地震などの天災や火事などの災いにあうこと。

「被害」とは、危害や損害を受けること。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「被災」の意味とは!

「被災」は、地震などの天災や火事などの災いにあうこと

地震の他に台風や洪水、竜巻といった自然現象による天災にあうこと。

また、火事や事故といった自然現象以外の災いにあうことも「被災」です。
 
 
 
ただし、「被災」という言葉には大事なポイントがあります。

「被災」の「被」は、「受ける」「こうむる」という意味。

「被災」の「災」は、「わざわい」です。

つまり、「災い」を「受ける」のが「被災」ということ。
 
 
 
自然現象による天災は、必ず「受ける」ものです。

しかし、火事や事故は必ず「受ける」ものとは限りません。

つまり、自分が起こした火事や事故の場合は「被災」とはいいませんよ。

必ず、他から受けた火事や事故といったものが「被災」です。

台風
 

②「被害」の意味とは!

「被害」は、危害や損害を受けること

「被害」の「被」は、「被災」の「被」と同じで「受ける」「こうむる」こと。

「被害」の「害」は、文字どおりの「害」で、「傷つける」「壊す」「損なう」といった意味。

要するに、「害」を「受ける」のが「被害」です。
 
 
 
たとえば、地震などの天災も、危害を受ければ、「被害にあう」ということ。

事故をもらって損害を受けても、「被害にあう」です。

この場合は「被災」とよく似ていますが、「被害」の方は「危害や損害を受ける」という部分にスポットが当たっています。
 
 
たとえば、被災はしましたが、被害は小さかった」といった使い方。

また、被災地域に来ていますが、被害を受けた家は数えるほどです」といった使い方も。

つまり、災いを受けるのが「被災」、危害損害を受けるのが「被害」です。
 
 
 
それから、「被害」は「被災」との決定的な違いがあります。

たとえば、泥棒に宝石を盗まれたとしましょう。

盗難にあうことも災いの一つではありますが、この場合は「被災」とはいいません。

ですが、宝石を盗まれて損害を受けますので「被害」です。
 
 
また、誰かに殴られた場合も「被災」とはいいません。

しかし、殴られて痛い思いをしますので危害を受けています。

したがって、誰かに殴られた場合は「被害」を受けたということ。

パンチ
 

③「被災」と「被害」の違いを整理!

それでは、ここで一度「被災」と「被害」の違いを整理します。
 
 
地震などの天災や火事などの災いにあうことが「被災」。

天災は全て「被災」と呼べますが、災いの場合は火事や事故といった限定的なものが対象となります。
 
 
危害や損害を受けることが「被害」。

危害や損害を受けることなので、その発端となる事象の幅が広くなります。
 

スポンサードリンク

 

2.「被災」と「被害」の辞書での意味!

続いて、辞書による「被災」と「被害」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「被災」の辞書での意味!

【被災】

・地震や洪水などの災害にあうこと。罹災。「台風の―者」

引用元:旺文社国語辞典

「災害」には、天災以外の災いも含まれます。
 

②「被害」の辞書での意味!

【被害】

・危害・損害を受けること。また、その危害・損害。「―を受ける」「―状況」↔加害

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。

泥棒
 

3.「被災」と「被害」の使い方!

次に、「被災」と「被害」の使い方を例文で紹介します。
 

①「被災」の使い方!

・阪神・淡路大震災で直接、間接的に被災したとする兵庫県内の中小企業。

・東日本大震災による、被災地域の高齢者のカーシェアリングを支える。

・チリ共和国で発生した大地震の被災者救済。

・新潟県の糸魚川大火の被災者のため、整備していた市営駅北復興住宅が完成。
 

②「被害」の使い方!

・都内のコーヒーショップでは、スリ被害が2019年に入って50件余り相次いでいる。

・DV被害から回復するには長い期間が必要。

・調査捕獲にあたる人たちがクマの被害に遭わないような対策。

・西日本各地に被害を与えた記録的な豪雨。

豪雨
 

4.「被災」や「被害」には似た意味の言葉がたくさんある!

「被災」や「被害」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「罹災」と「被災」の使い分け!わかりやすく徹底解説するよ!

「震災」と「災害」の違いを解説!意味を徹底的に深掘り!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「被災」と「被害」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「被災」は、地震などの天災や火事などの災いにあうこと。

「被害」は、危害や損害を受けること。
 
 
DVを受けた場合、「被災」ではありませんが「被害」を受けたことになります。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.