言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「震災」と「災害」の違いを解説!意味を徹底的に深掘り!

更新日:

 
「震災」と「災害」。

どちらも、「わざわい」の「災」という字が使われています。

似ていますよね…。
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

「震災」と「災害」には、キッチリとした違いがあります。

しかも厳密には、字に使われている「わざわい」の規模も関係しています!
 
 
 
本記事では、「震災」と「災害」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「震災」と「災害」の意味の違い!

最初に、「震災」と「災害」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「震災」とは、様々なわざわいの中で、地震に限定したわざわいのこと。

「災害」とは、地震・台風・洪水・噴火などの天災や、火災・事故・感染症などによるわざわいのこと。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「震災」の意味とは!

「震災」は、様々なわざわいの中で、地震に限定したわざわいのこと。

ちなみに「わざわい」とは、人間に不幸をもたらす物事のこと。

そして、「地震」は地球の大地が揺れることですが、その揺れによって人に大規模な被害が出て初めて「震災」と呼びます。
 
 
 
ですから「地震」が起きたとしても、大規模な被害がなければ「震災」とは呼びません。

大規模な被害とは、基本的に援助を要する場合の被害のこと。

たとえば、その地震の影響で市町村が対策を講じるような規模、自衛隊が出動するような規模です。
 
 
あくまでも、「地震」による大規模な被害が出た場合が「震災」ですので、もちろん「台風」や「噴火」による大規模被害があったとしても「震災」ではありません。

自衛隊
 

②「災害」の意味とは!

「災害」とは、地震・台風・洪水・噴火などの天災や、火災・事故・感染症などによるわざわいのこと。

地震などの自然現象による天災だけではなく、火災や事故、感染症などのわざわいも「災害」に含まれます。

原因が自然現象であっても人為的であっても、人に被害が出れば「災害」ということ。
 
 
 
ただし、その被害も規模が小さければ「災害」ではありません。

基本的に、人の生活が壊されて援助を要する規模のものが「災害」です。

台風や地震であれば、その市町村が対策を講じるような規模、自衛隊が出動するような規模が「災害」ですね。

ですから、小さな地震や小さな噴火が発生したとしても、人の生活に影響が出なければ「災害」とはいいません。
 
 
また、日常的に日本のどこかで起きている火災や交通事故といったものも「災害」ではありません。

大火災や大事故によって、援助が必要になるような規模のものが「災害」です。

災害
 

③「震災」と「災害」の違いを整理!

それでは、ここで一度「震災」と「災害」の違いを整理します。
 
 
様々なわざわいの中で、地震に限定したわざわいが「震災」。

地震・台風・洪水・噴火などの天災や、火災・事故・感染症などによるわざわいが「災害」。
 
 
「震災」は、「災害」の中の一つです。

そして、「震災」も「災害」も、大規模な被害あったわざわいに限定した呼称です。
 

スポンサードリンク

 

2.「震災」と「災害」の辞書での意味!

続いて、辞書による「震災」と「災害」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「震災」の辞書での意味!

【震災】

①地震による災害。

②特に、一九二三(大正十二)年の関東大震災、一九九五(平成七)年の阪神・淡路大震災、二〇一一(平成二三)年の東日本大震災をいう。

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですね。

ちなみに、意味②は「特に…」ということです。
 

②「災害」の辞書での意味!

【災害】

・地震・台風・洪水・旱魃などの天災や、火災・事故などによるわざわい。また、その被害。「―対策」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。

被害の規模に関する定義はありませんが、基本的に小さな被害の場合は「災害」とはいいません。

通行止め
 

3.「震災」と「災害」の使い方!

次に、「震災」と「災害」の使い方を例文で紹介します。
 

①「震災」の使い方!

震災発生後、セブンイレブンの配送車両などが緊急車両の指定を受けた。

・東日本大震災発生時の大報道を見ていて、体調を崩す人々もいました。

・熊本の震災に関して、心ないデマ情報が流されています。

震災から9年で「防災意識の風化」に待ったをかける。
 

②「災害」の使い方!

・ダム決壊の被害現場で捜索活動に当たる消防隊と災害救助犬。

・森林火災により、各州ではそれぞれの責任で災害対応をする。

・江戸の大火や地震、雲仙普賢岳の噴火などの災害の克明な記録が残されている。

・西日本豪雨で、広島県竹原市では土砂災害などで6人が犠牲になった。

濁流
 

4.「震災」や「災害」には似た意味の言葉がたくさんある!

「震災」や「災害」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「被災」と「被害」の違いを解説!やはり明確な差があったよ!

「罹災」と「被災」の使い分け!わかりやすく徹底解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「震災」と「災害」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「震災」は、様々なわざわいの中で、地震に限定したわざわいのこと。

「災害」は、地震・台風・洪水・噴火などの天災や、火災・事故・感染症などによるわざわいのこと。
 
 
大規模な被害がある場合に限って、「震災」または「災害」と呼びます。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.