言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「分解」と「解体」の違い!わかりやすく徹底解説するよ!

更新日:

 
「分解」と「解体」。

似ています…。

なんとなく、「分解」は手元で行う細かい作業のイメージで、「解体」は巨大な重機がでてくるような大きな作業のイメージですが…。
 
 
では、「分解」と「解体」では何が違うのか?と言われれば…。

よくわかりません…。
 
 
ですが、実は大きさの違いではなく、微妙な意味合いの違いがあるようで…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「分解」と「解体」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「分解」と「解体」の意味の違い!

まずは、「分解」と「解体」の意味の違いを端的にお伝えします。

「分解」とは、各部分に分けること、また、分かれること。

「解体」とは、バラバラにすること、また、バラバラになること。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらにわかりやすく紐解いていきますね。
 

①「分解」と「解体」の微妙な意味合いの違い!

「分解」は「分ける」「分かれる」ことで、「解体」は「バラバラにする」「バラバラになる」こと。

「分ける」と「バラバラにする」ということで、似ているのですがこれを「分解」と「解体」に当てはめると微妙に違いますよ。
 
 
 
全てが全て、ということではありませんが、多くが以下のような意味合い。

「分ける」方の「分解」は、分けた後にまた元に戻すといったニュアンスがあります。

そして「バラバラにする」方の「解体」は、壊すといったニュアンス。
 
 
つまり「分解」は、壊すことを前提としていない

「解体」は、壊すことを前提としているということ。

ポイントは、「壊す」か「壊さない」か、という部分ですね。
 
 
「分解掃除」という言葉がありますが、この「分解」は掃除後に元に組み立て直します。

「家屋の解体」といった場合は、家を壊すことを意味していますよね。
 
 
 
ただし、例外もありますよ。

一例をあげるならば、「空中分解」という言葉があります。

これは、飛行機などが空中でバラバラになってしまうこと。

つまり、壊れてしまうことです。

「分解」でも、「壊れる」「壊す」場合もあるということですね。
 
 
ということで、「分解」「解体」それぞれに、例外があることも覚えておきましょう。

破壊
 

②「分解」と「解体」は人で構成された組織にも使う!

「分解」と「解体」は、いろいろなものが組み合わさって一体になっている「物」に対して使います。

ただし、この「分解」と「解体」は「物」以外にも使いますよ。
 
 
それは、人間で構成されている「組織」に対して。

「解体」では、「財閥が解体された」「官僚組織を解体」「営業部門を解体」といった使い方ですね。

「分解」は、「空中分解」という言葉がありますが、この言葉は組織にも当てはまります。

たとえば、「プロジェクトチームが内部の対立で、空中分解してしまった」といった使い方。
 
 
「分解」「解体」ともに、「物」以外にも使うことを覚えておきましょう。

ビル
 

③「分解」と「解体」の違いを整理!

それでは、ここで一度「分解」と「解体」の違いを整理します。
 
 
分けるのが「分解」で、多くが壊すことを前提としていません。

バラバラにするのが「解体」で、多くが壊すことを前提としています。
 
 
そして、「分解」も「解体」も人で構成された組織にも使いますよ。
 

スポンサードリンク

 

2.「分解」と「解体」の辞書での意味!

続いて、辞書による「分解」と「解体」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「分解」の辞書での意味!

【分解】

①一体となっているものが各部分に分かれること。また、分けること。「空中―」

②[化]化合物が化学変化によって二種類以上の物質に分かれること。

引用元:旺文社国語辞典

意味①は説明どおりの内容ですね。

意味②化学用語の分解です。
 

②「解体」の辞書での意味!

【解体】

・組み立ててあるものや組織をばらばらにすること。また、ばらばらになること。「―修理」「財閥―」

引用元:旺文社国語辞典

前の項目で説明したとおりの内容です。

ビルの解体
 

3.「分解」と「解体」の使い方!

次に、「分解」と「解体」の使い方を例文で紹介します。
 

①「分解」の使い方!

・製品の分解図を確認する。

・自動車の分解整備を依頼。

・子供の頃からおもちゃを分解するのが大好きだった。

・コラーゲンを分解する酵素。

・このままでは開発部が空中分解するのでは。
 

②「解体」の使い方!

・明日から社屋の解体工事が始まる。

・車の下取りが不可能となれば解体するしかないのか。

・家屋解体の専門業者を絞り込む。

・歳入庁を新設するためには現組織の解体は不可欠。

・マグロの解体ショー。

マグロの解体ショー
 

4.「分解」や「解体」には似た意味の言葉がたくさんある!

「分解」や「解体」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「撤去」と「解体」の違い!具体例でわかりやすく解説するよ!

「除去」と「撤去」の違いを解説!実は微妙な差があったよ!

「撤去」と「処分」の違い!具体例でわかりやすく解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「分解」と「解体」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「分解」は、多くが壊すことを前提とせず、分けること。

「解体」は、多くが壊すことを前提とし、バラバラにすること。
 
 
そして、どちらとも「物」や「組織」にも使われます。

また、これは主な違いということですので、例外もありますよ。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.