言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「未知」と「不明」の違い!わかりやすく例文で解説するよ!

更新日:

 
「未知」と「不明」。

凄く似ていますよね…。

もしかして、同じ意味か???
 
 
でも、「行方が不明とはいいますが、「行方が未知とはいいません…。

ということは、「未知」と「不明」には違いがあるということか??
 
 
 
そんなわけで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「未知」と「不明」には確かな違いがありました!
 
 
本記事では、「未知」と「不明」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「未知」と「不明」の意味の違い!

最初に、「未知」と「不明」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「未知」とは、まだ知らないこと。

「不明」とは、はっきりわからないこと。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「未知」の意味とは!

「未知」は、まだ知らないこと。

意味のポイントとなるのが、「まだ」と「知らない」という部分
 
 
 
まず、「まだ」というのは、その時点までに実現していない、至っていないという意味です。

「まだ起きていない」「まだ食べていない」といった使い方をしますよね。

つまり、「未知」は現時点まで「知る」「知られる」ことが実現していないという意味
 
 
 
そして、もう一つのポイントが、「知らない」。

「不明」は「わからない」でしたが、「未知」は「知らない」です。
 
 
この場合の「知らない」とは、「理解していない」「把握していない」ということではなく、「見たことがない」「知識がない」「情報がない」という意味。

わかりやすく言ってしまえば、「未経験」「未確認」「謎」「ベールに包まれた」といったものです。
 
 
 
ですから、現時点で誰も経験したことのない、誰も確認したことのない、ベールに包まれたものが「未知」ということです。

たとえば、「いまだ誰も足を踏み入れたことがない、未知の海底の洞窟に入る」といった使い方。

まさしく、誰も経験したことのない、見たこともない海底の洞窟という意味です。

海
 

②「不明」の意味とは!

「不明」は、はっきりわからないこと。

意味のポイントとなるのが、「わからない」という部分
 
 
 
「未知」は「知らない」でしたが、「不明」は「わからない」です。

ですから「未知」のように「見たことがない」「知識がない」「情報がない」ということではなく、「明らかになっていない」「把握していない」「判明していない」ということ。

「知らない」と「わからない」は凄く似ていますが、「未知」と「不明」ではこういった違いがあります。
 
 
 
そして、「未知」にはあった「まだ」がありません。

ですから、「不明」は現時点まで「わかる」ことが実現していないという意味ではありません。

要するに、「まだわからない」ではなく、ただ「わからない」という意味です。
 
 
 
たとえば、「行方不明となったことから、警察が捜査を開始した」といった使い方をします。

これは、どこに行ったのかわからなくなり、警察が捜査を始めたという意味。

つまり、行き先が「明らかになっていない」「把握していない」「判明していない」ということです。

警察
 

③「未知」と「不明」の違いを整理!

それでは、ここで一度「未知」と「不明」の違いを整理します。
 
 
まだ知らないことが「未知」。

まだ「見たことがない」「知識がない」「情報がない」、ということです。
 
 
そして、はっきりわからないことが「不明」。

「明らかになっていない」「把握していない」「判明していない」、ということです。
 

スポンサードリンク

 

2.「未知」と「不明」の辞書での意味!

続いて、辞書による「未知」と「不明」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「未知」の辞書での意味!

【未知】

・まだ知らないこと。まだ知られていないこと。「―の人」「―の世界」↔既知

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。
 

②「不明」の辞書での意味!

【不明】

①はっきりわからないさま。「行方―」「―な点を質問する」

②物事を見通す力の足りないさま。「―を恥じる」

引用元:旺文社国語辞典

意味が2つありますが、意味①は説明どおりの内容です。

意味②は説明しませんでしたが、こういった意味もありますので覚えておいてください。

プードル
 

3.「未知」と「不明」の使い方!

次に、「未知」と「不明」の使い方を例文で紹介します。
 

①「未知」の使い方!

・この信号が宇宙の成り立ちに関わる未知の素粒子「アクシオン」の兆候かもしれない。

未知の感染症が広がっている。

・突然「未知の生物を発見した!」と言う連絡が入ったのは7月初旬のこと。

未知なる色との出会いが、今までにない感動のグラフィックを描き出す。
 

②「不明」の使い方!

・原因不明のガス臭が発生し、通報が相次ぎましたが原因特定はできなかった。

・個人情報含む申請書類が所在不明となっていることを明らかにした。

・所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法。

・日焼け止め製品に微量に含まれる化学物質が海洋生態系に与える影響は不明のまま。

ウミガメ
 

4.「未知」や「不明」には似た意味の言葉がたくさんある!

「未知」や「不明」のように、「非」「不」「未」がついた似た意味の言葉はたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「予定」と「未定」の違い!わかりやすく例文で解説するよ!

「非合理」と「不合理」の違い!微妙な差をわかりやすく解説!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「未知」と「不明」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「未知」は、まだ知らないこと。

「不明」は、はっきりわからないこと。
 
 
「未知」は「まだ見たことがない」「まだ知識がない」「まだ情報がない」で、「不明」は「明らかになっていない」「把握していない」「判明していない」です。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.