言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「色」と「色彩」の違いを解説するよ!そこには意外な差が!

更新日:

 
「色」といえば、目に見える赤や青…。

「色」は「色」ですよね。

では「色彩」とは…?
 
 
「色彩」といえば、なんとなく色が鮮やかに並ぶようなイメージですが…。

「色」と「色彩」には違いがあるのだろうか?

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「色」と「色彩」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「色」と「色彩」の意味の違い!

最初に、「色」と「色彩」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「色」とは、赤・緑・青・紫などの光で目にとらえられるもの。

「色彩」とは、「色」のことですが、狭い意味では複数の色の配置具合のことです。

 
基本的に「色」と「色彩」は同じ意味ですが、狭義では若干の違いがあります。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「色彩」の意味とは!

「色彩」は、「色」のことですので、もちろん「色彩」と「色」は同じ意味です。

「色彩」=「色」として使っても何も問題はありません。
 
 
ただし、狭義では「色彩」は「色の配置具合」を指します。

つまり、複数の色の配合のことですね。

言い方を変えれば「配色」のこと。
 
 
現在、一般的に使われる「色彩」は、どちらかというと、この複数の色の配置具合を意味している方が多いのです。

一般的に、単色のことを「色彩」という使い方は少ないですね。

ビー玉
 

②「色」の意味とは!

「色」とは、目に入る光のことで赤・緑・青・紫など様々です。

「色」は「色」ですね。
 
 
そして、たとえば「赤」といった単色であっても「色」。

また、複数の色の配置具合も「色」なのですが…。
 
 
この場合は、「たくさんの色」「色とりどり」「様々な色」といった表現をされることが多いです。

ですから、「色」というと「単色」を指す方が一般的です。

女性
 

③「色」と「色彩」の違いを整理!

それでは、ここで一度「色」と「色彩」の違いを整理します。
 
 
「色」と「色彩」は同じ意味で、どちらも赤・緑・青・紫など目に映る光のこと

ですが、「色彩」の狭義では複数の色の配置具合のことを指します。
 
 
単色のことを「色彩」という場面は、一般的に少ないです。
 

スポンサードリンク

 

2.「色」と「色彩」の辞書での意味!

続いて、辞書による「色」と「色彩」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「色」の辞書での意味!

【色】

①光線の内、吸収されないで反射される波長が、人の網膜に一種の感覚としてとらえられたもの。赤・青・黄など、様々な色彩。「花の―」

②顔色。表情。ようす。「失望の―が濃い」「―に出る」

③もののおもむき。風情。「晩秋の―」

④種類。「十人十―」

⑤調子。響き。「音―」

⑥情事。恋愛。「英雄―を好む」

⑦恋人。情人。

引用元:旺文社国語辞典

意味①は前の項目で説明したとおりの内容です。

意味②~意味⑦までは、実際に光が表現する色以外の意味ですね。

例文にもあるとおり、「十人十色」などの種類や、様子や音色などの意味があります。
 

②「色彩」の辞書での意味!

【色彩】

①いろ。いろどり。「―感覚」

②ある物事の示す傾向や性質。「保守的―」

引用元:旺文社国語辞典

意味①に「いろ」と「いろどり」といった記載があります。

この「いろどり」が、複数の色の配置具合を意味しているのですね。
 
 
意味②が、傾向などのこと。

「昭和の色彩が広がる」といった使い方をします。

花束
 

3.「色」と「色彩」の使い方!

最後に、「色」と「色彩」の使い方を例文で紹介します。
 

①「色」の使い方!

・塗り絵を買ってもらって塗りを楽しむ。

・チームでユニフォームのを統一する。

・パッチワークのが鮮やかだ。

・2アウトランナー無しで敗戦のが濃くなった。

々と意見があるようですが…。
 

②「色彩」の使い方!

・外壁の色彩が鮮やかで近所では好評だ。

・完成した絵画はとても色彩豊かで素晴らしい。

・太陽の光に当たり続けて色彩が変化してしまった。

・講演会の内容は面白くお笑いの色彩を帯びてきた。

・この論文は政治的色彩が強いのではないか。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「色」と「色彩」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
基本的に「色」と「色彩」は同じ意味で、どちらも色こと。

しかし狭義では、「色彩」は複数の色の配置具合のことです。
 
 
一般的に、単色のことを「色彩」ということは少ないです。

「色」と「色彩」の違いを説明しましたが、「色彩」と似た言葉で「彩色」があります。

「色彩」と「彩色」の違いをご存知ですか?

この2つの言葉の違いについては、下の関連記事をご覧ください。

「色彩」と「彩色」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.