言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「月日」と「日月」の違い!例文でわかりやすく解説するよ!

更新日:

 
「月日」というと生年月日の「月日」のイメージを思い浮かべます。

ですが、この「月日」の漢字の前後を入れ替えただけの言葉で「日月(じつげつ)」があります。
 
 
「月日」と「日月」は同じ意味なのだろうか??

そもそも、「月日」の「がっぴ」と「つきひ」では意味が違うような気がするし…。

ということで、「月日」と「日月」の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「月日」と「日月」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「月日」と「日月」の意味の違い!

最初に、「月日」と「日月」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「月日」で「がっぴ」と読む場合は、「月」と「日」というピンポイントでその時を示す意味。

そして「月日」で「つきひ」と読む場合は、「月」と「日」の経過を表す意味があります。

「日月(じつげつ)」とは、「月数」と「日数」のことで、「月」と「日」の経過を表す言葉。

 
簡単にまとめると、こういった違いになります。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「がっぴ」と「つきひ」では意味が違う!

「月日」の1つめの意味は、「月」と「日」のこと

この場合「月日」は、「がっぴ」と読みます。
 
 
「5月10日」「8月23日」「12月15日」といった、「月」と「日」のこと。

ちなみに、「月日」ではなく「年月日」となると、「年」と「月」と「日」のことになります。

「年月日」といえば「生年月日」という言葉がありますよね。

たとえば、「生年月日は平成2年6月25日です」といった使い方をします。
 
 
 
それから「月日」の2つめ意味は、「月」と「日」の経過のこと

この場合は「月日」は「つきひ」と読みます。

たとえば、「月日が経つのは早いものだ」「あれからどれほどの月日が流れたのだろう」といった使い方。

時間や時代の流れを表しています。

時代
 

②「日月」の意味とは!

一方の「日月」は、「月数」と「日数」のことで、時間の経過を表す言葉。

ですから、「月日(つきひ)」と同じ意味ですね。
 
 
たとえば「多くの日月を費やした」といった使い方をします。

こちらも、時間や時代の流れを表しています。

カレンダー
 

③「月日」と「日月」には別の意味も!

「月日」と「日月」の意味には、前の項目で説明した時間の概念以外の意味があります。

「月日」と「日月」には、宇宙の「太陽」と惑星の「月」の意味があるのですね。
 
 
まさに、「日」なので「太陽」で、「月」なので惑星の「月」ということ。

そのままですね。

月
 

④「月日」と「日月」の違いを整理!

それでは、ここで一度「月日」と「日月」の違いを整理します。
 
 
「月」と「日」というピンポイントでその時を示す意味と、「月」と「日」の経過を表す意味という、2つの意味を持つのが「月日」

そして「日月」は、「月数」と「日数」、つまり「月」と「日」の経過を意味しています

時間の経過を表す部分は、「月日」も「日月」も共通の意味ということ。
 
 
「月日」と「日月」には、宇宙の「太陽」と「月」の意味もありますよ。
 

スポンサードリンク

 

2.「月日」と「日月」の辞書での意味!

続いて、辞書による「月日」と「日月」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「月日」の辞書での意味!

【月日(がっぴ)】

・(日付としての)月と日。「生年―」

引用元:旺文社国語辞典

まさに、「月」と「日」のことで、「5月26日」といったピンポイントでその日のことですね。

【月日(つきひ)】

①月と太陽。

②時間。年月。歳月。

引用元:旺文社国語辞典

読み方が「つきひ」になると、「時間」の意味です。
 

②「日月」の辞書での意味!

【日月(じつげつ)】

①太陽と月。

②年月。月日。日月(にちげつ)。

引用元:旺文社国語辞典

意味①が、宇宙の「太陽」と「月」のこと。

意味②が「年月」とありますが、これは「長い年月」の「年月」であり、「月数」と「日数」の流れの意味です。

相対性理論
 

3.「月日」と「日月」の使い方!

最後に、「月日」と「日月」の使い方を例文で紹介します。
 

①「月日」の使い方!

・イベントの予定月日は10月20日です。

・アンケート用紙には回答する月日を記入してください。

・事件から7年の月日が流れた。

・無駄な月日を過ごしてしまった。

月日が経つにつれて焦りが見えてきた。
 

②「日月」の使い方!

・これまで勉学に励んだ日月は…。

・それほどの日月を耐えうることができるのだろうか。

・多年の日月を費やした研究が実った。

・宇宙の日月の動きを観察する。

日月の部分蝕が観測される。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「月日」と「日月」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「月日」で「がっぴ」と読む時は、「月」と「日」ということで日付のこと。

そして「月日」で「つきひ」と読む時は、「月」と「日」の経過を表す意味があります。
 
 
「日月」とは、「月数」と「日数」のことで、時の流れを表す言葉。

また、「月日」「日月」ともに、「太陽」と「月」の意味もありますよ。

「月日」と「日月」の違いを説明しましたが、「月日」や「日月」と似た言葉で「歳月」があります。

「歳月」と「月日」の違いをご存知ですか?

この2つの言葉の違いについては、下の関連記事をご覧ください。

「歳月」と「月日」の違い!わかりやすく徹底解説するよ!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.