言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「非常」と「緊急」の違いを解説!意味を徹底的に深掘り!

更新日:

 
「非常」と「緊急」。

似ていますし、使う場面も同じような…。
 
 
たとえば…。

「非常事態だ!!」

「緊急事態だ!!」

といった具合ですが、この二つに違いはあるの??
 
 
 
ということで、この「非常」と「緊急」の意味を徹底的に分析してみましたよ!

調べてみたら意外な事実が…。
 
 
本記事では、「非常」と「緊急」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「非常」と「緊急」の意味の違い!

最初に、「非常」と「緊急」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「非常」とは、普通ではない状態のこと。

ただし、対応を特に急がなくてはいけない状態という意味もあります。

「緊急」とは、対応を特に急がなくてはいけない状態のこと。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「非常」の「緊急」の違いのポイント!

「非常」は普通ではない状態のことで、「緊急」は対応を特に急がなくてはいけない状態のこと。

違いのポイントは、対応を急ぐとは限らない「非常」と、絶対に対応を急がなくていけない「緊急」という部分です。
 
 
この違いは、それぞれの対義語を見比べるとよくわかりますよ。

「非常」の対義語は「正常」「通常」ですから、普通であるということです。

「緊急」の対義語は「不急」、つまり急ぐ必要がないということ。

ということは、「非常」は「普通でない」、「緊急」は「急ぐ必要がある」ということができます。
 
 
最大の違いポイントはこれです。

急ぐ必要がない場合もある「非常」、必ず急がなくてはいけない「緊急」ということですね。
 
 
 
ただし!!

実は、最初にお伝えしたとおり「非常」には、対応を特に急がなくてはいけない状態という意味もあります。

つまり、「正常ではない」「通常ではない」状態は、場合によっては急いで対応する必要があるということ。
 
 
こういった場合は、「非常」と「緊急」は同じ意味ということになります。

ですから、「非常事態だ!」と「緊急事態だ!」といった場合は、同じ意味として解釈できます。

「非常」と「緊急」は、意味が異なるとは限らないということも覚えておいてください。

エスオーエス
 

②「非常」の持つもう一つの意味とは!

「非常」には、もう一つの意味があります。

それは、普通の度合いを超えているという意味。
 
 
たとえば、「今日は非常に暑いですね…」といった使い方をする「非常」です。

あとは、「彼は非常な才能を持っている」といった使い方も。
 
 
 
この「非常」は、前の項目で説明した「普通ではない状態」と似ているのですが、違いますよ。

前の項目の「非常」は名詞であり、こちらの「非常」は形容動詞。

こちらの、普通の度合いを超えているという意味の「非常」は、「ものすごい」「かなり」「尋常じゃない」といった意味合いです。

暑い
 

③「非常」と「緊急」の違いを整理!

それでは、ここで一度「非常」と「緊急」の意味の違いを整理します。
 
 
普通ではない状態と、対応を特に急がなくてはいけない状態が「非常」。

対応を特に急がなくてはいけない状態が「緊急」。

ですから、「非常」と「緊急」は同じ意味の場合もあるということ。
 
 
ただし「非常」には、普通の度合いを超えているという意味もあります。

 

スポンサードリンク

 

2.「非常」と「緊急」の辞書での意味!

続いて、辞書による「非常」と「緊急」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「非常」の辞書での意味!

【非常】

①ふだんと異なること。ふつうでない緊急の状態。「―事態」

②[仏]変化すること。無常。

③なみひととおりでないさま。程度がはなはだしいようす。「―にうれしい」「―な寒さ」

引用元:旺文社国語辞典

意味①には「普通ではないこと」と「緊急の状態」の二つの意味があります。

意味②は説明しませんでしたが、仏教用語で「変化すること」。

意味③は「非常にうれしい」の「非常」で、説明どおりですね。
 

②「緊急」の辞書での意味!

【緊急】

・事態が重大で取り扱い・対応などを特に急がなければならないこと。また、そのさま。「―を要する問題」

引用元:旺文社国語辞典

こちらは、前の項目で説明したとおりの内容です。

回転灯
 

3.「非常」と「緊急」の使い方!

最後に、「非常」と「緊急」の使い方を例文で紹介します。
 

①「非常」の使い方!

・通用口がとおれないため非常口から出る。

・列車非常停止警報装置を押す。

・高速道路の非常電話をさがす。

・この商品は非常に高価だ。
 

②「緊急」の使い方!

・急がなくてはいけないことなので緊急動議とします。

緊急時はこちらの出口を使用してください。

・仕事をする上で緊急度を把握することは重要。

・スマホから緊急電話をかける。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「非常」と「緊急」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「非常」は、普通ではない状態という意味と、対応を特に急がなくてはいけない状態という意味があります。

「緊急」は、対応を特に急がなくてはいけない状態という意味。

双方の意味には、共通点もあります。
 
 
また、形容動詞の「非常」は、「非常に楽しい」といった使い方をする、普通の度合いを超えているという意味もあります。

「非常」と「緊急」の意味の違いを説明しましたが、「非常」と似た意味の言葉で「異常」があります。

「非常」と「異常」の違いも微妙です!

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「非常」と「異常」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.