言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「必ず」と「絶対」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

更新日:

 
「必ず」と「絶対」。

似ている…、といいますか同じ意味では??

たしかに、必ず合格する」とも言いますし、絶対合格する」と言います…。

この違いってあるの…??
 
 
でも、絶対許さない」と言いますが、必ず許さない」となると変です…。

やはり、違いがあるということか???
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみました!

実は、「必ず」と「絶対」には明確な違いがありましたよ!

しかも、必ず合格する」絶対合格する」では、意味合いに微妙な差がありました!
 
 
本記事では、「必ず」と「絶対」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「必ず」と「絶対」の意味の違い!

最初に、「必ず」と「絶対」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「必ず」とは、「例外なく」「間違いなく」という意味。

「絶対」とは、「なにがなんでも」「どうしても」という意味。

「必ず」は多くが「肯定」に使いますが、「絶対」は「肯定」「否定」双方に使われます。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①副詞の「必ず」と「絶対」の違い!

「必ず」は「例外なく」「間違いなく」、「絶対」とは「なにがなんでも」「どうしても」という意味。

同じようで、実は微妙な差があります。

「例外なく」「間違いなく」の方は論理に基づき客観的であるのに対し、「なにがなんでも」「どうしても」の方はどちらかといえば主観的な要素が加わります
 
 
たとえば、下の例文を比較してみてください。

「間違いなく合格する」

「なにがなんでも合格する」
 
 
印象では、「間違いなく合格する」と言った方が、合格率が高く感じませんか?

この、「間違いなく合格する」が「必ず合格する」ということ。

一方の「絶対」の意味である、「なにがなんでも合格する」は客観的に判断した合格率というよりは、本人の意志が関係しています。

つまり、主観的な要素があるということ。
 
 
確率的には、一番確率が高いのが「絶対」で、次が「必ず」、最後が「きっと」といった説も出回っていますが、正確には違います。

「絶対」は強く感じますが、正確には本人の意志が加わった「なにがなんでも」という意味。

「必ず」の方が客観的である分、信頼性が高くなるということです。

こういった、「主観」が入ることで微妙な違いがあることを覚えておいてください。

受験勉強

そらから、「必ず」は多くが「肯定」に使いますが、「絶対」は「肯定」「否定」双方に使われます

たとえば、「あいつだけは、絶対に許さない!」と言いますが、「あいつだけは、必ず許さない!」となると変ですよね…。

あとは、絶対に負けない!」に対して必ず負けない!」もおかしいです…。
 
 
このように、「否定」で使う場合は「絶対」が多く、「必ず」は限定的。

ちなみに、否定の「絶対」は「決して」という意味です。
 
 
 
「必ず」を否定に使う場合は、「必ずしも」というように「しも」が加わります。

「そうとも限らない」という意味で、「絶対」とは意味合いが異なります。
 
 
たとえば、以下のとおり。

「学校の成績が良い人間が、必ずしも成功しない」

「学校の成績が良い人間は、絶対に成功しない」
 
 
最初の「必ずしも」の方は、学校の成績が良い人間の中で、成功する人もいますが、全員が成功するとは限らないということ。

「絶対」の方は、学校の成績の良い人間の全てが成功しないという意味になります。

現実には、そんなことはあり得ませんよね…。
 
 
全く、意味が違ってくるということです。

ビジネスマン
 

②名詞の「絶対」の意味とは!

前の項目では、「副詞」の「必ず」と「絶対」の意味を解説しました。

ですが、「絶対」には「名詞」の意味もあります。
 
 
 
たとえば、「絶対王者」の「絶対」。

ボクシングで強力なチャンピオンがあらわれて、連戦連勝するとよく「絶対王者」と言われます。
 
 
この「絶対」は、比較するものや対立するものがないという意味

要するに、現在のチャンピオンにはもはや誰もかなわないという意味ですね。

他には「絶対君主」といった使い方もします。
 
 
 
もう一つは、「社長の命令は絶対だ」の「絶対」。

この「絶対」は、他の何も制約や制限されないという意味

つまり、社長の命令を拒否することができないという意味です。
 
 
 
こういった、名詞としての2種類の意味がありますので覚えておいてください。

社畜
 

③「必ず」と「絶対」の違いを整理!

それでは、ここで一度「必ず」と「絶対」の違いを整理します。
 
 
「例外なく」「間違いなく」という意味が「必ず」。

「なにがなんでも」「どうしても」という意味が「絶対」。
 
 
「絶対」は肯定にも使いますし、否定にも使います。

「必ず」は多くが肯定に使用。

「必ず」を否定に使用する場合は「必ずしも」となり、「限らない」という意味になります。
 
 
「絶対」は、「絶対王者」や「社長の命令は絶対だ」といった、名詞としての意味もあります。

 

スポンサードリンク

 

2.「必ず」と「絶対」の辞書での意味!

続いて、辞書による「必ず」と「絶対」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「必ず」の辞書での意味!

【必ず】

(副)・例外なく確実なさま。きっと。まちがいなく。「約束は―守る」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。

ダーツ
 

②「絶対」の辞書での意味!

【絶対】

(名)①何物にも比較できないこと。「―の真理」↔相対

(名)②少しも条件・制約を加えられないこと。「社長の命令は―だ」

(副)①無条件で。なにがなんでも。「―反対だ」「―合格する」

(副)②決して。「―ありえない」(あとに打ち消し語を伴う)

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですね。
 

スポンサードリンク

 

3.「必ず」と「絶対」の使い方!

次に、「必ず」と「絶対」の使い方を例文で紹介します。
 

①「必ず」の使い方!

・運行前には、必ずタイヤの外観や空気圧などの点検を行いましょう。

・実は、レム睡眠の状態の時に必ず夢を見ています。

・購読のお申し込みは必ず成年の方がおこなってください。

・インターネットに載っている情報が必ずしも正確とは限らない。
 

②「絶対」の使い方!

・まずは「締め切りは絶対に守るもの」と考える。

絶対に日本一を獲れるように頑張りたいと思う。

・悪質な勧誘には絶対に耳を貸してはいけません。

絶対権力者が率いる組織マネジメントの「陰」の部分。

権力者
 

4.「必ず」や「絶対」には似た意味の言葉がたくさんある!

「必ず」や「絶対」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「必然」と「必要」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

「着実」と「確実」の違い!例文で徹底的に解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「必ず」と「絶対」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「必ず」は、「例外なく」「間違いなく」という意味で客観的。

「絶対」は、「なにがなんでも」「どうしても」という意味で主観が加わります。
 
 
「絶対にダメ」といった否定に多く使われるの「絶対」の方。

「必ず」を否定に使う場合は「必ずしも」となります。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.