言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「非常」と「異常」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

更新日:

 
「非常」と「異常」。

似ていますよね…。
 
 
たとえば…。

「非常に寒い!!」

「異常に寒い!!」

といった使い方をしますが、これ、違いはあるの??
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみました!

実は、「非常」と「異常」には、意外な違いが隠れていますよ!
 
 
本記事では、「非常」と「異常」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「非常」と「異常」の意味の違い!

まずは、「非常」と「異常」の意味の違いを端的にお伝えします。

「非常」とは、並たいていでないさまのこと。

「異常」とは、普通とは違うこと。

ただし、「非常」には普段と異なること、また、普通でない緊急の状態という意味もあります。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「非常」と「異常」の違いのポイント!

「非常」は並たいていでないさまのことで、「異常」は普通とは違うこと。

こう説明しても、同じような意味に思えてしまいますよね…。

それもその通りで、意味はすごく似ているからなのです。
 
 
 
ただし、違いはありますよ。

わかりやすく言うと「異常」の「普通とは違う」という言葉の中には「病的」な意味合いが隠れています。

たとえば、「彼の動きは異常な行動だ!」といった場合、ボンヤリと病的な意味合いを感じ取れませんか?

ちなみに、「彼の動きは非常な行動だ!」とはいいません。
 
 
それから、「非常に頭脳明晰だ」とはいいますが、「異常に頭脳明晰だ」となると変ですよね…。

これは、「頭脳明晰」という言葉に対し、病的な意味合いが隠れている「異常」が不釣り合いということなのですね。
 
 
 
また、「非常に寒い!!」と「異常に寒い!!」では、なんとなくニュアンスの違いを感じませんか?

「非常に寒い」は、「大変寒い」「すごく寒い」といった意味合い。

「異常に寒い」は、「ありえないぐらい寒い」「こんな寒さは記憶にない」といった意味合いです。

天候に対して「病的」という言葉が適切かどうかはわかりませんが、「異常」の方が「病的といってもいいほど…」といった意味合いが強いということですね。

寒い
 

②「非常」には別の意味も!

「非常」には、「並たいていでないさま」以外の意味もありますよ。

それは、「普段と異なること」また、「普通でない緊急の状態」といった意味。
 
 
 
「普段と異なること」というのは、「平常ではない」「正常ではない」といった意味として使う「非常」です。

前項の「並たいていでないさま」と似ているのですが、違います。
 
 
前項は「形容動詞」で、「普段と異なること」として使う「非常」は名詞。

名詞の「非常」は、「すごい」「大変」といった意味合いではありませんよ。

あくまでも、「平常ではない」「正常ではない」ということ。
 
 
 
そして、もう一つは「普通でない緊急の状態」。

こちらは、「普通ではない」ということに加え「急いで対応する必要がある」という意味。

「これは、非常事態だ!大至急避難しなくては!」といった使い方をする「非常」ですね。

非常口
 

③「非常」と「異常」の違いを整理!

それでは、ここで一度「非常」と「異常」の意味の違いを整理します。
 
 
並たいていでない様子が「非常」で、普通とは違うことが「異常」。

「異常」の方に限っては、「病的」なニュアンスが隠れています。
 
 
それから「非常」には、普段と異なること、また、普通でない緊急の状態という意味もあります。

 

スポンサードリンク

 

2.「非常」と「異常」の辞書での意味!

続いて、辞書による「非常」と「異常」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「非常」の辞書での意味!

【非常】

①ふだんと異なること。ふつうでない緊急の状態。「―事態」

②[仏]変化すること。無常。

③なみひととおりでないさま。程度がはなはだしいようす。「―にうれしい」「―な寒さ」

引用元:旺文社国語辞典

意味①と③は説明どおりですね。

意味②は説明しませんでしたが、仏教用語です。
 

②「異常」の辞書での意味!

【異常】

・ふつうとは違うこと。また、そのさま。アブノーマル。「―な暑さ」↔正常

引用元:旺文社国語辞典

ポイントは、「アブノーマル」という部分。

これには、「病的」な意味があります。

酷暑
 

3.「非常」と「異常」の使い方!

最後に、「非常」と「異常」の使い方を例文で紹介します。
 

①「非常」の使い方!

非常に頭の回転が速いですね。

非常に強い台風が接近しています。

・台風の接近によりグアムとサイパンで非常事態宣言が発令された。

非常口から避難する。
 

②「異常」の使い方!

・電車の異常な音を感知して停止した。

・猛暑など異常気象が問題になる。

異常な免疫反応が原因。

・ドライバー異常時対応システムを搭載した。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「非常」と「異常」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「非常」は、並たいていでないさまのこと。

「異常」は、普通とは違うこと。

「非常に寒い」より「異常に寒い」の方が、少し病的な意味合いが隠れています。
 
 
さらに「非常」には、普段と異なること、また、普通でない緊急の状態という意味もあります。

「非常」と「異常」の意味の違いを説明しましたが、「非常」と似た意味の言葉で「緊急」があります。

「非常」と「緊急」の意味を、徹底的に調査した記事もありますよ!

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「非常」と「緊急」の違いを解説!意味を徹底的に深掘り!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.