言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「協力」と「団結」の違いを解説!やはり確かな差があったよ!

更新日:

 
「協力」と「団結」。

この違いって…、似ていてまぎらわしいですよね…。

「選挙で協力する」ともいいますし、「選挙で団結する」ともいいます…。
 
 
でも、よく考えると「甲子園出場を目指して部員が団結する」とはいいますが、「甲子園出場を目指して部員が協力する」だと何か違うような…。

これはつまり、「協力」と「団結」には違いがあるということか…??
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「協力」と「団結」には決定的な違いがありました!
 
 
本記事では、「協力」と「団結」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「協力」と「団結」の意味の違い!

まずは、「協力」と「団結」の意味の違いを端的にお伝えします。

「協力」とは、力を合わせて何かを行うこと。

「団結」とは、多くの人が同じ目的のもとに、しっかりとまとまること。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「協力」の意味とは!

「協力」は、力を合わせて何かを行うこと。

「協力」は、「団結」との違いのポイントが2つあります。
 
 
 
ポイントの1つが、「団結」は「多くの人」が対象でしたが、「協力」は最低2人でもオッケー

つまり、「私はあなたに協力します」といいますが、「私はあなたと2人で団結します」だと何かおかしいですよね…。

「団」は「劇団」や「軍団」という言葉に使われますが、「劇団」や「軍団」が2人だけだと少し不釣合いです…。
 
 
その点では、「協力」は2人だけでも違和感なく使うことが可能。

「2人で協力して仕事をする」といった使い方をします。
 
 
 
もう1つのポイントが、「団結」は「しっかりとまとまる」ことでしたが、「協力」はまとまる必要がありません

たとえば、わかりやすいたとえが「選挙協力

現在は「自民党」と「公明党」が連立政権である関係上、選挙ではお互いの党を助けます。

これが、選挙の当選を目指した「協力」。
 
 
ですが、「自民党」と「公明党」はあくまでも別々の政党であり、まとまっているわけではありません。

それは、お互いの政党の「政策」に違いがあるから。

あくまでも、「選挙」に限った「協力」ということであり、まとまるわけではないということです。

選挙
 

②「団結」の意味とは!

「団結」は、多くの人が同じ目的のもとに、しっかりとまとまること。

「団結」のポイントは、前の項目でも触れたとおり「多くの人」が「しっかりとまとまる」ことです。
 
 
 
この、「しっかりとまとまる」ためには、全員が同じ目的を持っていなくてはいけません。

たとえば、高校の野球部員全員が一生懸命練習したとしても、各自の目的が「体力づくり」などバラバラだったらどうなるでしょうか?

キャプテンが「甲子園出場を目指すぞ!」といったとしても、実現は難しいのではないでしょうか…。
 
 
全員が「甲子園出場を目指す」という同じ目的があって、はじめて「団結」できるということ。

そして「団結」することで、よりその目的の実現に近づくのです。
 
 
 
ということで「団結」は、「協力」と比べてかなりハードルが高くなり、簡単ではないということです。

野球部員が「協力」しただけでは、甲子園にはいけません。

ボール
 

③「協力」と「団結」の違いを整理!

それでは、ここで一度「協力」と「団結」の違いを整理します。
 
 
力を合わせて何かを行うことが「協力」。

多くの人が同じ目的のもとに、しっかりとまとまることが「団結」。
 
 
目的が違っていたとしても気軽にできるのが「協力」ですが、「団結」は共通の目的を持つ人どうしでなくてはいけません。

 

スポンサードリンク

 

2.「協力」と「団結」の辞書での意味!

続いて、辞書による「協力」と「団結」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「協力」の辞書での意味!

【協力】

・力を合わせて行うこと。「―を求める」「仕事に―する」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。
 

②「団結」の辞書での意味!

【団結】

・多くの人が、同じ目的のもとに信頼し合い、しっかりとまとまること。「一致―」「固い―」

引用元:旺文社国語辞典

「団結」についても、説明したとおりの内容ですね。

大縄跳び
 

3.「協力」と「団結」の使い方!

次に、「協力」と「団結」の使い方を例文で紹介します。
 

①「協力」の使い方!

・国交省がJAFの協力を得て「自動車の路上故障」についてまとめた調査結果。

・繁華街などで外出自粛への協力を呼びかけている。

・日本郵便株式会社のご協力下で行うもの。

・セキュリティ確保へご理解とご協力をお願いします。
 

②「団結」の使い方!

・ラグビーは全ての人々を団結させる力がある。

・出場国が団結力の強さやチームワークの良さを生かし競い合う。

・能力を存分に発揮できるよう、全社員が一致団結すべきとき。

・働く人たちが団結して、労働条件の改善などを交渉する。

ストライキ
 

4.「協力」や「団結」には似た意味の言葉がたくさんある!

「協力」や「団結」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「団結」と「結束」の違いを解説!実は微妙な差があったよ!

「決心」と「決意」の違いを解説!同じようで実は意外な差が!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「協力」と「団結」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「協力」は、力を合わせて何かを行うこと。

「団結」は、多くの人が同じ目的のもとに、しっかりとまとまること。
 
 
「協力」にくらべて、「団結」は簡単ではありません。

ただし、ひとたび「団結」が実現すれば大きな力を発揮します。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.