言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「決心」と「決意」の違いを解説!同じようで実は意外な差が!

更新日:

 
「決心」と「決意」。

「心を決める」で「決心」。

「意志を決める」で「決意」
 
 
では、「心」と「意志」では何が違うのか?
 
 
 
わかりにくいのですが、実は「心」の「決心」と「意志」の「決意」では微妙な違いが…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「決心」と「決意」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「決心」と「決意」の意味の違い!

最初に、「決心」と「決意」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「決心」とは、はっきりと心を決めることで、考えを決めることが重点。

「決意」とは、はっきりと意志を決めることで、意志をかためることが重点。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「決心」の意味とは!

「決心」は、はっきりと心を決めることで、考えを決めることが重点。

考えを決めることが「決心」ですが、「決意」が意志をかためることですので、何がどう違うのか?ですよね。

「考え」より「意志」の方が重みがあるということ。

「意志」は人の気持ちが伴いますが、「考え」は必ず人の気持ちが伴うとは限りません。
 
 
 
たとえば、「あなたは一度、海外へ留学すべきだ!」といった助言をもらったとしますね。

この時に、資金など様々な問題があったことから、「なかなか決心がつきません…」と答えたとします。

これは、「考えを決めることができない」という意味。
 
 
つまり、気持ちでは行きたくないのですが行くようにすすめられ、考えを決められない状態なのですね。

「考え」と「意志」は非常に似ているのですが、自分の気持ちと反することを決める時に「考えを決める」意味の「決心」が多く使われます。
 
 
ちなみに、「なかなか決心がつきません…」といった使い方はしますが、「なかなか決意がつきません…」とはいいません。

朝日
 

②「決意」の意味とは!

「決意」とは、はっきりと意志を決めることで、意志をかためることが重点。

意志をかためるということは、その人の気持ちが大切です。

そして、気持ちが伴うことから、考えを決める「決心」より「決意」の方が重いのですね。
 
 
 
「決意」の方も、具体例で説明します。

前の項と同じように、「あなたは一度、海外へ留学すべきだ!」といった助言をもらったとしますね。

その後に、資金など様々な問題があったとしても、「海外留学を決意しました」と答えたとします。

これは、意志をかためたということで、「海外で一生懸命頑張るぞ!」といった気持ちが込められています。
 
 
 
ちなみに、「海外留学を決意しました」という部分を、「海外留学を決心しました」に置き換えることも可能。

ですが、「海外留学を決心しました」といった場合、「海外で一生懸命頑張るぞ!」というよりは「行くか行かないか悩みましたが、行くことにしました」的な意味合いが強くなります。

ドア
 

③「決心」と「決意」の違いを整理!

それでは、ここで一度「決心」と「決意」の違いを整理します。
 
 
はっきりと心を決めることで、考えを決めることが重点であるのが「決心」。

はっきりと意志を決めることで、意志をかためることが重点であるのが「決意」。
 
 
「どっちにしようか…、これにしよう」というのが「決心」、「自分はこうなる!それに向けて頑張るぞ!」というのが「決意」です。

わかりやすくするために極端な例で説明しましたが、「決心」と「決意」はすごく似た意味です。
 

スポンサードリンク

 

2.「決心」と「決意」の辞書での意味!

続いて、辞書による「決心」と「決意」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「決心」の辞書での意味!

【決心】

・ある事をしようとはっきりと心を決めること。また、決めた心。決意。「―がつく」「―がゆらぐ」

引用元:旺文社国語辞典

説明内容に「決意」と記載されています。

しかし、様々な辞書を調べましたが、「決心」と「決意」は区別されています。
 

②「決意」の辞書での意味!

【決意】

・はっきりと意志を決めること。また、その意志。「―が揺らぐ」「引退を―する」

引用元:旺文社国語辞典

前の項目で説明したとおりの内容です。

とことんやる
 

3.「決心」と「決意」の使い方!

次に、「決心」と「決意」の使い方を例文で紹介します。
 

①「決心」の使い方!

・今年中にプロポーズすると決めていたが決心がゆらぐ。

・小雨ですが運動会を予定通り行うことを決心した。

・地元の高校を受験することを決心した。

・バンジージャンプの直前でなかなか決心がつかない。
 

②「決意」の使い方!

・今までを反省し決意を新たにする。

・誕生日に重大決意を発表する。

・今考えるとあの時が決意の瞬間だった。

・入社式で決意表明を述べる。

ビジネスマン
 

4.「決心」や「決意」には似た意味の言葉がたくさんある!

「決心」や「決意」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「判定」と「判断」の違いを解説!実は意外な差があるよ!

「覚悟」と「決意」の違い!具体例でわかりやすく解説するよ!

「決定」と「決断」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「決心」と「決意」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「決心」は、はっきりと心を決めることで、考えを決めることが重点。

「決意」は、はっきりと意志を決めることで、意志をかためることが重点。
 
 
考えがかたまらない時に「決心がつかない」といいますが、「決意がつかない」といった使い方はしません。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.