言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「統治」と「支配」の違い!わかりやすく具体例で徹底解説!

更新日:

 
「統治」と「支配」。

この2つの言葉、「国を統治する」「国を支配する」というように使う場面が似ています…。
 
 
では、「国を統治する」と「国を支配する」では何がどう違うのか?

もしかして、同じ意味なのだろうか??
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「統治」と「支配」には微妙な違いがありました!
 
 
本記事では、「統治」と「支配」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「統治」と「支配」の意味の違い!

最初に、「統治」と「支配」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「統治」とは、治めること、つまり秩序ある状態にすること。

「支配」とは、力を及ぼし服従させること。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「統治」の意味とは!

「統治」は、治めること。

要するに、秩序ある状態にすることです。
 
 
 
たとえば、「国を統治する」といった使い方をします。

これはつまり、主権者が、国の中で混乱や犯罪などが起きないように、法律を定めたり、治安を維持したりするということ。
 
 
それから、国よりも小さくなると「企業統治」といった使い方もします。

これは、企業がルールをつくり、社員が暴走や不正などを行わないよう管理するといったもの。
 
 
 
ですから、相手を服従させたり、縛り付けるようなものではありません。

印象的には、相手の自由を奪うようなものではない分、優しい雰囲気があります。

ビジネスマン
 

②「支配」の意味とは!

「支配」は、力を及ぼし服従させること。

要するに、相手に影響力を及ぼして意のままに動かしたり、束縛したりするということです。

前項で説明した「統治」と比較すると、「支配」された側は多くの自由が奪われている状態です。

当然ですが、普通の人間であれば「支配」はされたくありません。
 
 
 
たとえば、「植民地支配する」といった使い方をします。

これは、国が別の国に対し影響力を及ぼして、そこの国民を意のままにあやつるということ。

具体的には、そこの国民に労働させて、生産された富を自国の物とするということですね。
 
 
富の「略奪」「搾取」と言ってもよいでしょう。

大航海時代以降、これは世界で当たり前に行われていました。
 
 
 
さらには、「洗脳による支配」といった使い方をします。

これは、国レベルではなく個人レベルで他人を服従させること。

「統治」は個人レベルでは使えませんが、「支配」は個々を服従させる場合も使うことができます。
 
 
 
あとは、「地球上で物体は引力に支配されている」といった使い方も。

要するに、物体にはある程度の自由はあっても、結局は地面に引き寄せられてしまうということです。

「支配」は、人以外にも使うことが可能ということ。

社畜
 

③「統治」と「支配」の違いを整理!

それでは、ここで一度「統治」と「支配」の違いを整理します。
 
 
治めることで、秩序ある状態にするのが「統治」。

「統治」は国や組織といったものが対象で、個人レベルでは使いません。
 
 
影響力を及ぼし服従させるのが「支配」。

「支配」は個人レベルでも、人以外の動物や物にも使えます。
 
 
そして、「統治」と比べて、「支配」はより相手の自由を奪います。

 

スポンサードリンク

 

2.「統治」と「支配」の辞書での意味!

続いて、辞書による「統治」と「支配」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「統治」の辞書での意味!

【統治】

・統べ治めること。主権者が国土・国民を支配し治めること。「全土を―する」

引用元:旺文社国語辞典

「統べ治めること」ですので説明したとおりですが。

実は、記載のとおり「支配する」という意味も含んでいます。

秩序ある状態にするためには、ある意味「支配」も必要になる場合もあるといったところでしょうか。
 

②「支配」の辞書での意味!

【支配】

①全体を指図し、服従させること。統治すること。「―者」

②何かの要因がその人の行動を束縛したり、規制したりすること。「彼の言葉に―される」

引用元:旺文社国語辞典

意味①に「統治」とありますが、これは前の項目のとおりです。

意味①は「全体」に対する使い方で、意味②が「個々」に対する使い方。

内容は説明どおりですね。

権力
 

3.「統治」と「支配」の使い方!

次に、「統治」と「支配」の使い方を例文で紹介します。
 

①「統治」の使い方!

・アフガン政府の統治能力不足はタリバンと同程度の脅威をもたらしたと述べた。

・企業統治の透明性を高めるため、取締役会の諮問機関を設置しています。

・フランス統治時代を通じて仏教文化が守られてきた街「ルアンパバーン」。

・内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれている。
 

②「支配」の使い方!

・エルサレムは、11世紀当時はイスラム教国家が支配していた。

・ある女性が長年にわたりたくさんの人を支配し、疑似家族のようにしていた。

・洗脳やマインドコントロールの手法を用いて、信者を支配する。

・ローマ帝国が支配していた時代の数頭の馬の骨が発見された。

コロッセオ
 

4.「統治」や「支配」には似た意味の言葉がたくさんある!

「統治」や「支配」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「合併」と「併合」に違いは?実は使う時に注意が必要だよ!

「領土」と「領地」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

「領土」と「国土」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「統治」と「支配」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「統治」は、治めることであり、秩序ある状態にすること。

「支配」は、力を及ぼし服従させること。
 
 
辞書では「統治」と「支配」の意味が似かよっているのですが、一般的には「統治」より「支配」がより相手の自由を奪います。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.