言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「商材」と「商品」に違いは?意味を徹底的に深掘りしてみた!

更新日:

 
インターネットをしていると、よく「商材」という言葉を目にします。

そして、そこには「簡単に稼げる」といった言葉も…。

これ、本当なのか?
 
 
ところでこの「商材」、「商品」とは意味が違うのだろうか?

といった疑問が…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「商材」と「商品」の意味をわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「商材」と「商品」の意味の違いは?

最初に、「商材」と「商品」の意味を簡潔にお伝えします。

「商材」とは、売るための物(無形含む)やサービスですが、多くがサービス以外に使われる言葉。

「商品」とは、売るための物(無形含む)やサービスのことです。

 
ということで、ほぼ同じような意味ですね。

では、微妙な部分について、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「商材」の意味とは!

「商材」は、厳密には売る目的の物やサービスの意味があるのですが、サービスにはほとんど使われていないのが実状です。

つまり、主に売るための形がある物や、情報などの形のない物が「商材」の示すもの。
 
 
ちなみに、「商材」という言葉自体、結構新しい言葉であり記載されていない辞書も多いようです。
 
 
「商材」といえば、代表的な言葉が「情報商材」。

この言葉は、インターネット上の広告でよく目にしますね。

情報商材とは、価値がある情報のことで、多くがインターネット上で取引されています。
 
 
お金を稼ぐ方法や、スポーツ・楽器などのノウハウなど、そういった情報の提供を受けるというもの。

形があるものもありますが、形のないものも多く取引されているようです。

パソコン
 

②「商品」の意味とは!

「商品」は、売る目的の物とサービスのこと

「商材」と同じですが、主にサービス以外の「商材」にくらべて、品物にもサービスにも使われるのが「商品」です。
 
 
そして、「商材」も「商品」も共通しているのですが、売り物でなくてはいけません。

売り物でなくなった時点で、「商材」「商品」ではありませんよ。
 
 
ちなみに、売るための物とは「肉」「野菜」「本」「パソコン」など様々。

そしてサービスとは、映画館や介護など品物が存在しないものですね。

介護
 

③「商材」と「商品」の意味を整理!

それでは、ここで一度「商材」と「商品」の意味を整理します。
 
 
「商材」も「商品」も基本的には同じ意味です。

どちらも、売る目的がある物と、売る目的があるサービスのこと
 
 
ただし、「商材」は一般的にサービス以外に使われます
 

スポンサードリンク

 

2.「商材」と「商品」の辞書での意味!

続いて、辞書による「商材」と「商品」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「商材」の辞書での意味!

【商材】

・商品。売り物。多く、販売者の側からいう語。

引用元:大辞林 第三版

「サービス」という言葉がありませんが、「商品」と記載されていますの「商品」と同じ意味ということですね。

あと、「多く、販売者の側からいう語」となっていますが、購入者側でも普通に使われています。
 

②「商品」の辞書での意味!

【商品】

・売るための品物およびサービス。商売の品物。「―価値」「本日の目玉―」

引用元:旺文社国語辞典

売る目的がある「品物」と「サービス」ということで、説明どおりです。

新商品
 

3.「商材」と「商品」の使い方!

次に、「商材」と「商品」の使い方を例文で紹介します。
 

①「商材」の使い方!

商材販売業

・美容商材

・セキュリティ商材

・リラクゼーション商材
 

②「商品」の使い方!

商品アンケート

商品市況

商品梱包キット

・国内商品相場

プレゼント
 

4.「商材」や「商品」には似た意味の言葉がたくさんある!

「商材」や「商品」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「商品」と「品物」の違い!意外な差異をわかりやすく解説!

「商品」と「賞品」の違い!意味の差を徹底的に深掘りしたよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「商材」と「商品」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「商材」と「商品」は、どちらも売る目的がある物と、売る目的があるサービスのことです。

基本的には同じ意味なのですが、一般的にサービスについては「商材」とはいいません。
 
 
ちなみに、どちらも「売る」という目的がなくてはいけませんので、売る目的がなくなった時点で「商材」とも「商品」ともいいませんよ。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.