言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「不可思議」と「不思議」の違いは?言葉の歴史を遡ってみた!

更新日:

 
「不可思議」と「不思議」。

日常的には「不思議」が多く使われていますが、時々「不可思議」という言葉も目にします…。
 
 
「不可思議」と「不思議」は、ずっと同じ意味だと勝手に思い込んでいたのですが、もしかして意味は違うのだろうか…??
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

本記事では、「不可思議」と「不思議」の意味について、歴史を遡りながらわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「不可思議」と「不思議」の意味に違いは?

最初に、「不可思議」と「不思議」の意味を簡潔にお伝えします。

「不可思議」とは、普通では考えも想像もできない説明のつかないこと。

「不思議」とは、「不可思議」を省略した言葉、普通では考えも想像もできない説明のつかないことということで意味も「不可思議」と同じ。

 
一言で表現すると、こういうことです。

それでは、さらに意味を詳しく紐解いていきますね。
 

①「不可思議」は元々仏教用語!

「不可思議」は、元々は仏教用語です。

そもそもは、「仏さまの能力というものは人をはるかに超越しており、人の考えや言葉では表現することができない境地にある」という意味でした。

つまり、仏さまの超能力のことを指していたのですね。
 
 
 
ちなみに「不可思議」は、「思議」と「不可」で、思議ができないという意味。

「思議」は、思いめぐらす、考えをめぐらすという意味です。

そして「不可」は、「可ではない」で「よくない」という意味ですが、ニュアンス的には「ダメ」「無理」といったこと。
 
 
要するに「不可思議」は、考えをめぐらすことができないという意味です。

仏さまの能力は、考えられないくらい凄いものということですね。

仏像
 

②「不可思議」と「不思議」の意味を詳しく!

「不可思議」はそもそも人の考えが及ばない、仏さまの超能力のことだったのですが…。

そこから、「普通では考えられないこと」「説明のつかないこと」という意味で仏さま以外の物事にも使われるようになりました

そして時代が進むにつれて、いつの間にか「不可思議」の「可」が省略された「不思議」も使われるようになったようです。
 
 
 
このように、時代とともに言葉が変化することはよくあること。

たとえば「新しい」という言葉は、現在は「あたらしい」ですが、昔は「あらたしい」と読んでいたのです。

実際に、現在でも「新たな技術」を「あらたな技術」と読みますよね。
 
 
現在は市民権を得た「あたらしい」は正しい読み方なのですが、昔は「あたらしい」は間違いでした!

ですから、「不可思議」から「不思議」という言葉がうまれたのは、よくあることであり、おかしなことではありません。
 
 
 
ちなみに、「不可思議」も「不思議」も「普通では考えられないこと」「説明のつかないこと」という意味ですが…。

そこから派生して、「あやしく思うこと」「不審に思うこと」という意味でも使われるようになりました

「あやしい」も「不審」も、よくわからないという気持ちですから、つまりは「考えられないこと」といえるのかもしれません。
 
 
 
ところで、意味は全く同じ「不可思議」と「不思議」なのですが、実際には「不思議」よりも「不可思議」の方が比較的強い意味で使われことが多いようです。

つまりは、「不思議は」は「考えられない」に対し、「不可思議」は「さらに強く、考えられない」ということですね。
 

スポンサードリンク

 

2.「不可思議」と「不思議」の辞書での意味!

続いて、辞書による「不可思議」と「不思議」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「不可思議」の辞書での意味!

【不可思議】

①人間の知恵や常識ではとても理解できないさま。想像のつかないさま。不思議。「―な現象」

②あやしいさま。「―な事件」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。
 

②「不思議」の辞書での意味!

【不思議】

・(「不可思議」の略)想像のつかないことが起こるさま。どう考えても原因や理由がわからないさま。「自然界の―」「―なできごと」

引用元:旺文社国語辞典

「不可思議」の略、となっていますので説明どおりですね。

ネコ
 

3.「不可思議」と「不思議」の使い方!

次に、「不可思議」と「不思議」の使い方を例文で紹介します。
 

①「不可思議」の使い方!

・白神のふもと「風丸農場」の干し果実はとても不可思議な食感。

・奇想天外な作品約200点が、見る人を不可思議な世界にいざなう。

・生活指導には暴力指導を何故か認めるのが不可思議なところ。

・事件を1人の少女が目撃したことから巻き起こる不可思議な出来事を描いたミステリー。
 

②「不思議」の使い方!

・宮城県などで数日前、多くの人に目撃された不思議な白い球体はどこかに行った。

・東京五輪の野球会場に東京ドームが使われない不思議な理由とは?

・児童が身近な材料を使った実験を行い、不思議な現象が起きる謎や仕組みを考えた。

・考え出すと眠れなくなる難解な不思議なパラドックスを5つ紹介します。

なぜ
 

4.「不可思議」や「不思議」には似た意味の言葉がたくさんある!

「不可思議」や「不思議」のように、「非」「不」「未」がついた似た意味の言葉はたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「非合理」と「不合理」の違い!微妙な差をわかりやすく解説!

「未確定」と「不確定」の違い!わかりやすく解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「不可思議」と「不思議」の意味についてでした。
 
 
「不可思議」と「不思議」はどちらも、普通では考えも想像もできない説明のつかないこと。

そもそも「不思議」は、「不可思議」を省略した言葉。
 
 
そして「不可思議」は、元々仏さまの超能力をあらわした言葉だったのです。

まさに、「不可思議」な能力であり、「不思議」な能力ということですね。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.