言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「人混み」と「混雑」の違い!わかりやすく例文で解説するよ!

更新日:

 
「人混み」と「混雑」。

この違い、まぎらわしいですよね…。

確かに、使い方は同じような…。
 
 
「ゴールデンウイークはなるべく人混みを避けて楽しみたい」

「ゴールデンウイークはなるべく混雑を避けて楽しみたい」
 
 
というように、どちらも同じ意味に感じます…。

違いはあるのだろうか…??
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

実は、「人混み」と「混雑」には決定的な違いがありました!
 
 
本記事では、「人混み」と「混雑」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「人混み」と「混雑」の意味の違い!

まずは、「人混み」と「混雑」の意味の違いを端的にお伝えします。

「人混み」とは、たくさんの人が込み合うこと。

「混雑」とは、たくさんの人や物が込み合うこと。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「人混み」の意味とは!

「人混み」は、たくさんの人が込み合うことです。

つまり、込み合う対象が「人」だけということ。

特に、大勢が規律正しくしている状態よりは、無秩序にごった返している状況を指します。
 
 
 
たとえば、「開始までまだ時間があるが、イベント会場の人混みが凄い!」といった使い方をします。

この場合は、人がごった返しているということ。

座席に着席しているわけでもなく、整列しているという意味でもありません。

コンサート
 

②「混雑」の意味とは!

「混雑」は、たくさんの人や物が込み合うことです。

「人混み」は「人」だけでしたが、「混雑」は「人」の他に「物」も対象になるということがポイント。

そして「混雑」も、「人混み」と同様に無秩序にごった返している状況を指します。
 
 
 
ちなみに、「人」に関しては「人混み」と同じ場面で使うことが可能。

ですから、前項の例文の「人混み」を「混雑」に置き換えることができます。

「開始までまだ時間があるが、イベント会場の混雑が凄い!」ということで、違和感がありません。
 
 
 
「人」以外の場合の使い方は、以下のとおりです。

「駐車場が、もの凄く混雑している」

「電気配線の混雑を軽減したい」

上の例文は「車」が、下の例文は「電気配線」が込み合っているということ。

配線
 

③「人混み」と「混雑」の違いを整理!

それでは、ここで一度「人混み」と「混雑」の違いを整理します。
 
 
たくさんの人が込み合うのが「人混み」。

たくさんの人や物が込み合うのが「混雑」。
 
 
どちらも、主に無秩序にごった返している状況を指しています。

 

スポンサードリンク

 

2.「人混み」と「混雑」の辞書での意味!

続いて、辞書による「人混み」と「混雑」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「人混み」の辞書での意味!

【人混み】

・人がたくさんいて込み合っていること。また、その場所。 「―にまぎれこむ」

引用元:大辞林 第三版

説明したとおりの内容です。

ちなみに、「人混み」は「人込み」とも書きますが、意味はどちらも同じですよ。
 

②「混雑」の辞書での意味!

【混雑】

・多くの人や物が秩序なく入りまじってこみ合うこと。ごった返すこと。「会場が―する」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですね。

人々
 

3.「人混み」と「混雑」の使い方!

次に、「人混み」と「混雑」の使い方を例文で紹介します。
 

①「人混み」の使い方!

人混みを避けて、食事もなるべくホテルの部屋で取ろうと思います。

人混みを避けたアウトドアのニーズが高まっている。

人混みの中に見慣れたジャージー姿の指揮官を発見。

・上京してくると、人混みになかなか慣れることができない。
 

②「混雑」の使い方!

・通勤ラッシュや土日の飲食店の混雑ぶりには辟易する。

・駐車場が東京都内などから乗り入れるマイカーで混雑している。

・1カ所の送電線に電気が集中し混雑すると、広範囲の系統に影響しがちです。

・都内で比較的混雑の少ない初詣スポットをご紹介します。

初詣
 

4.「人混み」や「混雑」には似た意味の言葉がたくさんある!

「人混み」や「混雑」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「渋滞」と「混雑」の違いを解説!意外な事実があったよ!

「満員」と「満席」の違い!わかりやすく例文で解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「人混み」と「混雑」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「人混み」は、たくさんの人が込み合うこと。

「混雑」は、たくさんの人や物が込み合うこと。
 
 
「人混み」は「人」だけ、「混雑」は「人」と「物」が対象です。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.