言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「分野」と「領域」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

更新日:

 
「分野」と「領域」。

こうして並べてみると、言葉こそ違いますが同じ意味に思えてしまいます…。
 
 
たとえば…。

「絵画の分野を…」

「絵画の領域を…」

というように、どちらも同じ意味を表しているような…。
 
 
 
ですが、この「分野」と「領域」なのですが、意味というより「見方」に多少の違いがあるようで…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「分野」と「領域」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「分野」と「領域」の意味の違い!

最初に、「分野」と「領域」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「分野」とは、物事をある基準で分けたそれぞれの範囲のことで、外側からの視点。

「領域」とは、ある物事が関係する範囲のことで、内側からの視点。

また、「領域」には、国家の領土・領空・領海の意味もあります。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「分野」と「領域」の違いをわかりやすく!

「分野」と「領域」は、ほぼ同じような意味なのですが、実は視点に違いがあります。

「分野」は外側からの視点であり、「領域」は内側からの視点であるということ
 
 
 
「分野」は物事をある基準で分けたそれぞれの範囲です。

要するに、「分けた」ということは、全体がありその中の一つということ。
 
 
たとえば、「芸術」を学ぼうとした場合、「絵画」や「彫刻」「音楽」「舞踏」などといったものに分かれます。

この分かれた一つ、たとえば「絵画」というものが一つの「分野」ということ。

「芸術の中の絵画の分野を学んでいます」といった使い方をします。

つまり、「芸術」といった全体から見た、その中にある一つの範囲ということですね。
 
 
 
一方の「領域」は、ある物事が関係する範囲のこと。

「分ける」のではなく、「ある物事が関係する範囲」

ですから、上の例文に当てはめるならば、「絵画」の範囲はどこまでなのかという部分にスポットが当たっているのです。

「芸術」の中の一つが「絵画」ということではなく、どこまでが「絵画」の範囲かということ。
 
 
具体的な使い方としては、「粘土をいじっているようだが、それは絵画の領域をはみ出しているのでは?」といったもの。

ということで、「絵画」というものの内側に視点がありますよね。

絵画
 

②「領域」には他の意味もある!

「領域」には、ある物事が関係する範囲という意味の他に、国の領土・領空・領海の意味もあります。

つまり、国の主権が及ぶ区域のこと。
 
 
たとえば、「他国の領域を侵す」といった使い方をします。

この「領域」の境界では、地下資源に関する国際紛争が起きやすくなります。

戦艦
 

③「分野」と「領域」の違いを整理!

それでは、ここで一度「分野」と「領域」の違いを整理します。
 
 
「分野」と「領域」は、どちらも物事の範囲を意味する言葉。

ただし、「分野」は外側からの視点、「領域」は内側からの視点です。

ですが、厳密に使い分けが必要ということではありません。
 
 
また、「領域」には国家の主権が及ぶ範囲という意味もあります。

 

スポンサードリンク

 

2.「分野」と「領域」の辞書での意味!

続いて、辞書による「分野」と「領域」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「分野」の辞書での意味!

【分野】

・物事をある基準で分けた、それぞれの範囲。領域。区域。「専門―」「勢力―」

引用元:旺文社国語辞典

「分けて」います。

説明どおりですね。
 

②「領域」の辞書での意味!

【領域】

①あるものが関係する範囲。特に、学問や研究の分野で研究者が対象とする部門。また、各教科目の学習範囲。「物理学の―」

②国際法上、一国の統治権の及ぶ区域。領土・領空・領海をいう。

引用元:旺文社国語辞典

「あるものが関係する範囲」となっていますので、説明したとおりの内容です。

合併
 

3.「分野」と「領域」の使い方!

次に、「分野」と「領域」の使い方を例文で紹介します。
 

①「分野」の使い方!

・材料としての枠組みを超えた多様な分野への貢献を目指します。

・動物の脳と、それが生み出す機能について研究する学問分野

・小児科のもう一つの重要な分野である小児保健において。

・プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験。
 

②「領域」の使い方!

・国も教委も強制できる話ではなく、学校裁量の領域である。

・視聴者が見たいと思える領域までエンターテインメント性を高めることができるか。

・サイバー領域での防衛力構築のため、米陸軍と合同で実施する。

・データのみならず、システム領域のバックアップにも対応する。

パソコン
 

4.「分野」や「領域」には似た意味の言葉がたくさんある!

「分野」や「領域」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「種類」と「分類」の違い!具体例でわかりやすく解説するよ!

「分野」と「部門」の違いを解説!やはり確かな差があったよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「分野」と「領域」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「分野」は、物事をある基準で分けたそれぞれの範囲のことで、外側からの視点。

「領域」は、ある物事が関係する範囲のことで、内側からの視点。
 
 
また、「領域」には、国家の領土・領空・領海の意味もあります。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.