言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「種類」と「分類」の違い!具体例でわかりやすく解説するよ!

更新日:

 
「種類」と「分類」。

似ている場面で使う言葉ですよね…。
 
 
「サルの種類」

「サルの分類」

ん??どっちもありそうな感じ…。
 
 
ですが、実は「種類」と「分類」では、意味に違いがあるようで…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「種類」と「分類」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「種類」と「分類」の意味の違い!

最初に、「種類」と「分類」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「種類」とは、形態や性質など、共通するものを分けたそれぞれのグループ。

「分類」とは、種類・系統・性質などに従って分けること。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「種類」の意味とは!

「種類」は、形態や性質など、共通するものを分けたそれぞれのグループのこと

分けた結果、出来上がった1つのグループのことです。
 
 
動物にたとえると、「チンパンジー」が1つの種類。

「チンパンジー」は、他の動物とは違う形態であり、性質も独自のものを持っています。

いろいろな動物がいる中で、1つのグループが「チンパンジー」ということですね。
 
 
他には、「オランウータン」という種類もあります。

また、「カンガルー」も1つの種類ですね。

チンパンジー
 

②「分類」の意味とは!

「分類」は、ある基準に従い分けること
 
 
「種類」は分けられたもののことでしたが、「分類」は分けることです。

この「分けること」という部分がポイント。
 
 
そして、その分ける基準はさまざまです。

前の項目で説明した「種類」で分けることもあれば、「系統」や「性質」で分けることもあるのですね。
 
 
たとえば、「アルバムの写真を自分の好みで分類した」といった場合。

「分類」の基準が「自分の好み」ということになります。
 
 
もちろん、前の項目で説明した「種類」で分けても「分類」ですよ。

あとは、「大きさ」で分けたり、「成績」で分けることも全て「分類」です。

チョコレート
 

③「種類」と「分類」の意味の違いを整理!

それでは、ここで一度「種類」と「分類」の意味の違いを整理します。
 
 
形態や性質など、共通するものを分けたそれぞれのグループが「種類」。

種類・系統・性質など、様々な基準に従って分けることが「分類」。

「分類」には、分ける基準が必ず存在しますが、その基準に決まりはありません。
 
 
ちなみに、「サルの種類」はサルという動物のグループのことで、「サルの分類」はサルという種類で分けることです。
 

スポンサードリンク

 

2.「種類」と「分類」の辞書での意味!

続いて、辞書による「種類」と「分類」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「種類」の辞書での意味!

【種類】

・ある共通の性質によって分けたそれぞれのまとまり。「いろいろな―の動物」

引用元:旺文社国語辞典

「共通の性質」という基準があります。

したがって、好みで分けたグループを「種類」とはいいません。
 

②「分類」の辞書での意味!

【分類】

・種類によって分けること。

引用元:旺文社国語辞典

この辞書では「種類によって」という基準を示しています。

しかし、他の辞書の多くはその「基準」を示していないのが実情。
 
 
実際に、私生活で「分類」という行動をとる場合、その基準はさまざまですよね。

よって、分けることではありますが、その基準は「種類」とは限らないということ。

パン屋
 

3.「種類」と「分類」の使い方!

最後に、「種類」と「分類」の使い方を例文で紹介します。
 

①「種類」の使い方!

・テニスラケットにはどういった種類があるのか。

・ここの靴下の色は何種類ですか?

・300種類もある中から選ぶ。

・このピッチャーの持つ球種は何種類あるの?
 

②「分類」の使い方!

・生物学の中には分類学がある。

・50音順に分類した結果です。

・図書館へ返却された本を分類する。

・日本十進分類法を使う。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「種類」と「分類」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「種類」は、ある共通する形態や性質などによって分けたそれぞれのグループ。

「分類」は、種類・系統・性質など、ある基準に従って分けること。
 
 
「分類」の、分ける基準に決まりはありません。

「種類」と「分類」の意味の違いを説明しましたが、似た意味の言葉で「種別」があります。

この「種別」の意味も微妙に違いますよ!

下の関連記事では「種別」の意味も徹底解説していますので、もしよかったらご覧ください。

「種類」と「種別」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.