言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「添付」と「送付」の違いを解説!メールのファイルはどっち?

更新日:

 
「添付」と「送付」。

電子メールを使う時に使う言葉です。

意味は理解しているつもりでも…、使い方を悩む時が…。
 
 
「エクセルファイルを添付しました」

「エクセルファイルを送付しました」

というように、どちらも違和感がありませんし、間違いやすいですよね…。
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

実は、「添付」と「送付」は意味が全く違います!
 
 
本記事では、「添付」と「送付」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「添付」と「送付」の意味の違い!

最初に、「添付」と「送付」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「添付」とは、メインの書類に関係書類などを添えること。

「送付」とは、書類などを送り届けること。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「添付」と「送付」の意味の違いを詳しく!

「添付」と「送付」は、そもそもの意味が全く違います。
 
 
 
「添付」は、メインの書類に関係書類などを添えること。

付け加える、追加するのが「添付」です。

具体的な例文で説明しますね。
 
 
たとえば、「合同会議出席へのご案内」というメインの文書があったとします。

この文書には「議題」「開催会場」「開催日時」といったものが記載されています。

ですが、「会場」となる場所が今回初めての場合は、もしかしたら参加者が迷うかもしれませんよね。
 
 
そこで、「会場の地図を付け加えた方が親切だな」といった思いやりで、地図を添えること、これが「添付」です。

つまり、メインとなる「合同会議出席へのご案内」があり、それに「会場の地図」を添えることが「添付」です。
 
 
 
「送付」は、書類などを送り届けること。

送り出す、差し出すのが「送付」です。

たとえば、「合同会議出席へのご案内」というメインの文書があった場合。

これを、関係者に送り届けることが「送付」です。
 
 
また、会場の地図が添えられていたとしても、それを送り届ければ「送付」。

つまり、メインの書類でも、添えられた書類であっても、送り届ければ「送付」ということです。

地図
 

②電子メールの「添付」と「送付」の意味の違い!

今度は、電子メールでの「添付」と「送付」の使い分け方法について、整理してみたいと思います。
 
 
 
電子メールは、「宛先」「CC」「件名」「本文」といった4つのブロックで構成されています。

この「本文」の欄に、必要事項全てを記入したメールを送る場合。

つまり、ワードやエクセルなどのファイルが無い場合のことですね。

この時は、「メールを送付しました」という表現になります。

付け加えるものが何もありませんので、「添付」という言葉を使う必要がありません。
 
 
 
では、「本文」の欄が空白で、ワードやエクセルなどの「ファイル」を単独で送る場合。

この時は、「ファイルを添付したメールを送付しました」という表現となります。

これが、「ファイルを添付しました」や「メールに添付しました」といった表現になると、メールを送ったことにはなりませんので、気をつけてください。
 
 
 
それから、「本文」に記載がある他、ワードやエクセルなどの「ファイル」も添えて送る場合。

この時も、「ファイルを添付したメールを送付しました」という表現となります。
 
 
 
「添付」とは、あくまでも「添えること」ですので、メールを送ることではありませんよ。

メッセージカード
 

③「添付」と「送付」の違いを整理!

それでは、ここで一度「添付」と「送付」の違いを整理します。
 
 
メインの書類に関係書類などを添えることが「添付」。

書類などを送り届けることが「送付」。
 
 
電子メールの場合は、メールやファイルを送り届けることが「送付」、ワードやエクセルといったファイルを付け加えることが「添付」です。

 

スポンサードリンク

 

2.「添付」と「送付」の辞書での意味!

続いて、辞書による「添付」と「送付」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「添付」の辞書での意味!

【添付】

・正規の書類のほかに、関連書類などを添えること。「証明書を―する」

引用元:旺文社国語辞典

「添えること」ですので、説明したとおりの内容です。
 

②「送付」の辞書での意味!

【送付】

・品物や書類などを送り届けること。「案内書を―する」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですね。

パソコン
 

3.「添付」と「送付」の使い方!

次に、「添付」と「送付」の使い方を例文で紹介します。
 

①「添付」の使い方!

・使用前に添付の説明書を確認する必要があります。

・新会社の詳細は添付のPDFをご覧ください。

・表示したい画像を添付してご入稿下さい。

・写真などの画像ファイルをメールに添付して送る。
 

②「送付」の使い方!

・カード会社から送付されるご利用明細をご確認ください。

・カタログを無料で送付しております。

・以下の該当の送付先にお届けください。

・権利者に関係書類を送付しました。

メール
 

4.「添付」や「送付」には似た意味の言葉がたくさんある!

「添付」や「送付」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「送信」と「送付」の違いを解説!やはり明確な差があったよ!

「郵送」と「発送」の違い!わかりやすく具体例で解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「添付」と「送付」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「添付」は、メインの書類に関係書類などを添えること。

「送付」は、書類などを送り届けること。
 
 
添える「添付」と、送る「送付」の違いです。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.