言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「種類」と「種別」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

更新日:

 
「種類」と「種別」。

「100種類」とはいっても、「100種別」とはいわないような…。

似ているようで、同じ使い方ができない場合があるということなのか?
 
 
実は「種類」と「種別」、微妙に意味が違うようで…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「種類」と「種別」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「種類」と「種別」の意味の違い!

最初に、「種類」と「種別」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「種類」とは、ある共通の性質によって分けたそれぞれのまとまりのこと。

「種別」とは、ある共通の性質ごとに分けること。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「種類」の意味とは!

「種類」は、ある共通の性質によって分けたそれぞれのまとまりのことです。

つまり、分けられた1つのグループのこと。

分けることではなく、分けられたものですね。
 
 
 
昆虫にたとえるならば、「アブラゼミ」という1つのグループが「種類」。

「種類」には、「ミンミンゼミ」もあれば「クマゼミ」もあります。

そういった、1つのグループが「種類」ということ。

セミ
 

②「種別」の意味とは!

「種別」は、ある共通の性質ごとに分けること

要するに、「種類」ごとに分ける行為、これが「種別」です。
 
 
昆虫にたとえますね。

「この箱は、アブラゼミだけを集めた標本」

「ミンミンゼミは、また別の入れ物へ」

「クマゼミは、少し大きめの箱で標本にする」

といったように、「種類」ごとに分けることが「種別」ということですね。
 
 
 
ちなみに、「種類」ではない、別の基準で分けることを「種別」とはいいません。

たとえば、「アブラゼミを、大きさごとに3分割する」といった場合。

これは、「種類」ごとではありませんので「種別」とはいいませんよ。

昆虫標本
 

③「種類」と「種別」の意味の違いを整理!

それでは、ここで一度「種類」と「種別」の意味の違いを整理します。
 
 
ある共通の性質によって分けたそれぞれのまとまりが「種類」。

ある共通の性質ごとに分けることが「種別」。
 
 
「種類」ごとに分ける行為が「種別」です。
 

スポンサードリンク

 

2.「種類」と「種別」の辞書での意味!

続いて、辞書による「種類」と「種別」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「種類」の辞書での意味!

【種類】

・ある共通の性質によって分けたそれぞれのまとまり。「いろいろな―の動物」

引用元:旺文社国語辞典

「まとまり」、つまり「グループ」ですね。

説明どおりの内容です。
 

②「種別」の辞書での意味!

【種別】

・種類によって区別すること。また、その区別。

引用元:旺文社国語辞典

前の項目で説明したとおりの内容です。

ちなみに、「区別」は違いを判断して分けること。

宝石箱
 

3.「種類」と「種別」の使い方!

最後に、「種類」と「種別」の使い方を例文で紹介します。
 

①「種類」の使い方!

・ゴルフクラブの種類は飛距離が違う。

・サルの仲間は200種類以上いる。

・同じ芸術でも絵画と彫刻では種類が違う。

・昆虫は世界中で何種類いるのだろう。
 

②「種別」の使い方!

・展示会ではフロアーごとに種別しなくてはいけない。

・自動車の生産工場を種別し直す。

・動物園で霊長類を種別する。

・発掘した化石を種別する。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「種類」と「種別」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「種類」は、ある共通の性質によって分けたそれぞれのまとまりのこと。

「種別」は、ある共通の性質ごとに分けること。
 
 
つまり「種別」は、「種類」ごとに分けることです。

大きさや、好みで分けることを「種別」とはいいません。

「種類」と「種別」の意味の違いを説明しましたが、似た意味の言葉で「分類」があります。

「分類」の意味もまぎらわしいのですが、意味を徹底的に調査した記事がありますよ!

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「種類」と「分類」の違い!具体例でわかりやすく解説するよ!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.