言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「リスク」と「危険」の違い!意味を徹底的に深掘り解説!

更新日:

 
「リスク」と「危険」。

普通は、同じ意味として使われることが多いような…。
 
 
ですが、「命を無くす可能性」のことを「リスク」というのだろうか…?

たとえば、「雷の日のゴルフ場はリスクだ」といった使い方。
 
 
 
やはり、「リスク」と「危険」では、意味合いに相違があるということ…?

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「リスク」と「危険」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「リスク」と「危険」の意味の違い!

最初に、「リスク」と「危険」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「リスク」とは、商売などで損害を受ける可能性のこと。

「危険」とは、危ないこと、また、危ない状態になる可能性があること。

ただし、「リスク」には「危険」という意味もあります。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「リスク」の意味とは!

「リスク」は、商売などで損害を受ける可能性のこと。

「損害」ですので、多くが金銭的な不利益のことです。

「危険」の「危ないこと」に比較して、「リスク」の方はそこまで恐ろしいことではありません。
 
 
「リスク」は、「危ないこと」というよりは、「悪いこと」「嫌なこと」といったレベルです。

金銭的な不利益を被ったとしても、怪我をするわけでも命が無くなるわけではありませんので。
 
 
ですから、「危ないこと」は可能な限り避けるべきものですが、「リスク」の方は場合によっては避けないこともあります。

たとえば、「リスクを負って仕事をする」といった使い方がありますよね。

これは、「リスク」を避けることなく仕事をするという意味です。
 
 
 
ただし、実は「リスク」の広義にはもう1つの意味があります。

広い意味での「リスク」、その中には「危険」という意味が含まれます。
 
 
つまり、「リスク」は「危ないこと」といった意味もあるということ。

こうなると、「リスク」と「危険」は同じ意味ということになります。
 
 
 
ですが、一般的な「リスク」とは、損害を受ける可能性のこと。

損害を受ける可能性のことですが、広い意味では「危険」の意味もあることを覚えておいてください。

棒グラフ
 

②「危険」の意味とは!

「危険」は、危ないこと、また、危ない状態になる可能性があること。

「危ないこと」というのは、基本的には身にふりかかる事故や災害などのことです。

身にふりかかる事故や災害などにより、怪我や命を無くす可能性が高まるのですね。
 
 
これは、前の項目で説明した金銭的な不利益である「リスク」に比べると、より恐ろしいことです。

ですから、「リスク」は必ず避けるとは限りませんが、「危険」は絶対に避けなくてはいけません。

何が何でもゼロに近づけるもの、これが「危険」です。
 
 
 
ただし、「危険」は「危ないこと」という意味から派生して、比喩的な使い方がされる言葉。

たとえば、以下のとおり。
 
 
「彼は、このままだと孤立する危険がある」

「あの会社は、かなり危険。倒産もあり得る」

「株価が暴落する危険がある」

といった使い方です。

ですが、これはあくまでも比喩的な使い方であり、「危険」は身にふりかかる事故や災害などの「危ないこと」という意味ですよ。

ダメ
 

③「リスク」と「危険」の違いを整理!

それでは、ここで一度「リスク」と「危険」の意味の違いを整理します。
 
 
商売などで損害を受ける可能性が「リスク」。

身にふりかかる事故や災害などの危ないことが「危険」。
 
 
必ず避けるとは限らないのが「リスク」で、絶対に避けるべきものが「危険」です。

ただし、意味が広がってきていること、また、比喩的な表現も多いことから、「リスク」と「危険」は同じ意味として使われることもあります。
 

スポンサードリンク

 

2.「リスク」と「危険」の辞書での意味!

続いて、辞書による「リスク」と「危険」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「リスク」の辞書での意味!

【リスク】

①危険。

②商売などで損害を受ける可能性。

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容ですね。

「危険」の意味も含まれます。
 

②「危険」の辞書での意味!

【危険】

①あぶないこと。また、あぶないさま。「―が迫る」「頭上―」

②あぶない状態になるおそれがあること。また、そのさま。「滑落の―がある」⦅↔安全⦆

引用元:旺文社国語辞典

「危険」についても、説明したとおりの内容です。

デンジャー
 

3.「リスク」と「危険」の使い方!

最後に、「リスク」と「危険」の使い方を例文で紹介します。
 

①「リスク」の使い方!

・できる限りリスクを回避できないか?

・新しいプロジェクトはリスクが伴うもの。

・重要情報が漏洩するリスクが高まる。

・適切に把握してリスク対策を講じる。
 

②「危険」の使い方!

・大雨により洪水の危険性が高まる。

・犯罪の被害に遭う危険性。

・イッキ飲ませは生命にかかわる危険行為。

・煽り運転の危険と恐怖は常にあった。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「リスク」と「危険」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「リスク」は、商売などで損害を受ける可能性のこと。

「危険」は、危ないこと、また、危ない状態になる可能性があること。
 
 
ですが、「リスク」には「危険」という意味もあり、同じ意味として使われることも多い言葉です。

「リスク」と「危険」の意味の違いを説明しましたが、「危険」とほぼ同じ意味の言葉で「危ない」があります。

この「危ない」の意味を、徹底的に深掘りした記事もありますよ!

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「危ない」と「危険」に違いはある?わかりやすく徹底解説!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.