言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「まるで」の例文!小学生にでもわかりやすく簡単な短文で!

更新日:

 
会話などで使われる「まるで」という言葉。

意味は2つあります。
 
 
一つ目が、違いがわからないほどある物などに似ているということで使う「あたかも」「さながら」という意味。

もう一つが、下に否定的な意味の語を伴って、まさしくその状態であるということで使う「まったく」「すっかり」という意味。
 
 
では、この「まるで」、どのような場面でどのように使うべきなのか?

ということで、「まるで」の使い方を例文で紹介していきます。

特に、小学生にでもわかりやすいように簡単な短文で紹介しますので、ご期待ください。
 

スポンサードリンク

 

1.「まるで」の例文を小学生にでもわかりやすく!

・このモデルの肌はスベスベしていてとても綺麗だ。しかも、まるで雪のように白い。いったいどういったお手入れをしているのだろう?【あたかも】
 
 
・ディズニーリゾートの一泊二日の旅行はとても楽しかった。まるで、夢の国にでもいるような不思議な感覚だった。【あたかも】
 
 
・カラオケが趣味だとは聞いていましたが、これほど歌が上手だとは思いませんでした。まるで、プロの歌手のようで驚いた。【あたかも】
 
 
・これは、本当に「絵」なのですか…??あまりにも細かくて、まるで写真のようだ。本当に素晴らしい。【あたかも】
 
 
・物凄い暴風雨だ…。今回は低気圧の影響だといわれているが、まるで、台風のような風だね。屋根とかは大丈夫だろうか?【あたかも】
 
台風
 
・ちょっと待って!そんな包丁使いでは、まるでダメだ。はっきり言って怪我するよ。包丁を持つのはまだ早い。【まったく】
 
 
・この映画は、20年前のリメイクらしい。ストーリーは確かに同じなのだが、監督が違うとまるで違う印象を受けるね。【まったく】
 
 
・最初の1ラウンド目は相手の出方を伺ってほとんど手を出さなかった。しかし、2ラウンド目に入ったら、勢いが最初とまるで違う。【まったく】
 
 
・突然照明が落ちて真っ暗になってしまった…。明りは全くなくなり、どっちがどっちなのかまるで感覚を失ってしまった。【まったく】
 
 
・マラソンでは、スタート段階から大きく出遅れてしまい差は縮まらない。結局、先頭集団にはまるで届かずじまいでレースは終わった。【まったく】
 

スポンサードリンク

 

2.「まるで」の類義語!

続いて、「まるで」と似た意味の言葉を紹介します。
 
 
「あたかも」という意味では、冒頭でも紹介したとおり「さながら」

また、「いわば」「例えるならば」「まさに」などが当てはまります。
 
双子
 
それから、「まったく」の意味では以下のとおり。

「すっかり」

「まるっきり」
 
 
「かいもく」

「全然」

「さっぱり」
 
 
「更々」

などがあります。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「まるで」の例文についてでした。

参考にしてください。
 
 
「まるで」は、漢字にすると「丸で」と書きます。

「丸」は「円」のことなのですが、「円」は角も欠けた部分もありません。
 
 
そこから、「完全」「全部」という意味を持っています。

つまり、「完全に似ている」「全部そっくりだ」という意味で「まるで」が使われるようになりました。
 

ここで問題を一つ。

「着物の布地」の「布地」、平仮名では「ぬのぢ」でしょうか?「ぬのじ」でしょうか?

実は、正解は「ぬのじ」の方。
 
 
「布地」の「地」は、「ち」であって「し」とは読まないのに、不思議と「ぬのじ」が正解。

そんな不思議に応えたのが下の記事。

「ずつ」と「づつ」はどっちが正しい?違いを解説するよ!

ややこしい「ぢ」「じ」「づ」「ず」、それぞれの使い方を明快に解説していますよ。

ぜひご覧ください。

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.