言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「持続」と「継続」の違い!意外な差を具体例で解説するよ!

更新日:

 
「持続」と「継続」。

似ています…。
 
 
しかも、同じような使い方をします。

「50キロのスピードを持続する」

「50キロのスピードを継続する」

これって、同じ事を言っているのでは…。
 
 
じゃあ、「持続」と「継続」は同じ意味?と思ったら微妙な違いがあるようで…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「持続」と「継続」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「持続」と「継続」の意味の違い!

まずは、「持続」と「継続」の意味の違いを端的にお伝えします。

「持続」とは、一定の状態がある時間保たれること。

「継続」とは、前から行われていたことが続くこと。

 
短くまとめると、こういった違いです。

それでは、さらにわかりやすく紐解いていきますね。
 

①「持続」の意味とは!

「持続」は、一定の状態がある時間保たれることです。
 
 
「持続」の「持」は、「持つ」。

この「持つ」は、手で物を抱える意味の「持つ」ではなく、「冷蔵保存だと2日は持つ」の「持つ」です。

つまり、状態がどのくらいの時間保たれるのか、の「持つ」。
 
 
その「持つ」に「続く」ですので、そのとおり「持つ」が「続く」ということ。

要するに、「状態がある時間保たれる」ということですね。
 
 
 
よく「薬の効果が持続する」といった使い方をします。

これは、その薬の効果がある一定の時間保ち続けるということ。

クスリ
 

②「継続」の意味とは!

「継続」は、前から行われていたことが続くこと。
 
 
「持続」は「保つ」でしたが、「継続」は「続く」ということ。

同じような意味に感じるかもしれませんが、少し違いますよ。
 
 
たとえば、「5キロのジョギングを毎日継続した」といいます。

しかし、「5キロのジョギングを毎日持続した」となると、少し違和感がありますよね。

というように、「保つ」と「続く」では、ニュアンスが異なるということ。
 
 
 
それから、保つ「持続」と続く「継続」が、全く同じ意味として使える場合もあります。

「時速90キロのスピードを持続する」

「時速90キロのスピードを継続する」
 
 
上の方は「90キロを保つ」ということで、下は「90キロで走り続ける」という意味。

やっていることは同じ行為なのですが、意味合いが違うことを覚えておいてください。

タイヤ
 

③「持続」と「継続」の違いを整理!

それでは、ここで一度「持続」と「継続」の違いを整理します。
 
 
一定の状態がある時間保たれるのが「持続」。

前から行われていたことが続くのが「継続」。
 
 
「保つ」のが「持続」で、「続く」のが「継続」です。

「保つ」と「続く」では、ニュアンスが違いますよ。
 

スポンサードリンク

 

2.「持続」と「継続」の辞書での意味!

続いて、辞書による「持続」と「継続」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「持続」の辞書での意味!

【持続】

・一定の状態がある時間保たれること。長く続けること。「効果が―する」「志を―する」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりの内容ですね。
 

②「継続」の辞書での意味!

【継続】

・前から行われていたことが続くこと。また、続けること。「―審議」「事業を―する」

引用元:旺文社国語辞典

こちらも、説明どおりですね。

石の上にも三年
 

3.「持続」と「継続」の使い方!

次に、「持続」と「継続」の使い方を例文で紹介します。
 

①「持続」の使い方!

持続力がすごすぎる。

・良好な関係を持続する。

・一回飲めばその日1日は効果が持続する。

・いい香りが長く持続するスプレー。
 

②「継続」の使い方!

・掘削作業を継続する。

・新たな発見はないが調査はこのまま継続する。

・討論は予定時間が過ぎても継続された。

・ゴルフの練習を毎日継続する。

ゴルフ
 

4.「持続」や「継続」には似た意味の言葉がたくさんある!

「持続」や「継続」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「維持」と「継続」の違いを解説!実は意外な差異があるよ!

「継続」と「連続」の違い!例文でわかりやすく解説するよ!

「断続」と「連続」の違い!具体例でわかりやすく解説するよ!

「更新」と「継続」の違い!意外な差をわかりやすく徹底解説!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「持続」と「継続」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「持続」は、一定の状態がある時間保たれること。

「継続」は、前から行われていたことが続くこと。
 
 
「保つ」と「続く」では意味が違いますが、「一定スピードを持続する」「一定スピードを継続する」といったように、双方に同じように使うことも可能です。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.