言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「継続」と「連続」の違い!例文でわかりやすく解説するよ!

更新日:

 
「継続」と「連続」。

頭では、わかっているつもりなのですが…。

この2つの言葉、すごくまぎらわしいのですよ…。
 
 
「スタートの失敗を連続する」とはいいますが…。

「スタートの失敗を継続する」となると、変ですよね…。
 
 
実は、決定的な違いがあるようで…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「継続」と「連続」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「継続」と「連続」の意味の違い!

最初に、「継続」と「連続」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「継続」とは、前から行われていた物事を続けること。

「連続」とは、物事をとぎれることなくつらなり続ける、何度も繰り返すこと。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「継続」と「連続」の違い!最大のポイント!

「継続」は前から行われていた物事を続けること、「連続」は物事をとぎれることなくつらなり続けること。
 
 
 
最大のポイントは、ただ続ける「継続」と、つらなり続ける「連続

「つらなる」か、どうかですね。

「つらなる」とは何か?ということですが、数珠をイメージしてみてください。

一つの玉が、何個もつながっていますよね。

これが、「つらなる」ということ。
 
 
 
この「数珠の一つの玉」が、物事であるのが「連続」です。

その物事が、一度、二度、三度と繰り返されるのが「連続」。

たとえば、「大きな失敗」という物事。
 
 
一度の「大きな失敗」を何度も続けて繰り返すと、「大きな失敗を連続する」といいます。

しかし、この「大きな失敗」の場合、「大きな失敗を継続する」となると少し変ですよね。

一つの物事が、一つ、二つとつらなり続くのが「連続」です。
 
 
 
一方の「継続」は、一つ二つとつらなり続けることではなく、物事を続けること。

具体例をあげれば、「仕事」。

「仕事を継続する」といいますよね。

仕事を頑張って続けて、稼ぎ続けるということです。
 
 
「仕事」は、一つ、二つとつらなっているものではありません。

ですから、「仕事を連続する」といいません。
 
 
 
ただし、「仕事」の場合、日々毎日出勤します。

こういった場合は、連続して出勤する」といった使い方はありですね。

パソコン
 

②「継続」と「連続」の違い!いつから?

「継続」は前から行われていた物事を続けること、「連続」は物事をとぎれることなくつらなり続けること。

「継続」は、「前から行われていた物事」となっていますが、この部分もポイントです。
 
 
たとえば、「仕事を継続する」という例文を紹介しましたが、この仕事は今始めたことではなく、前から勤務しているということ。

仮に、新入社員が入社した初日に「仕事を継続した」とはいいませんよね。

前から行っていることに対して使うのが「継続」。
 
 
 
一方の「連続」は、今から始まったことでも当てはまります。

たとえば、たった今「大きな失敗」をしたとしましょう。

その「大きな失敗」をすぐに繰り返した場合、「大きな失敗を連続する」といいます。

悩む
 

③「継続」と「連続」の違いを整理!

それでは、ここで一度「継続」と「連続」の違いを整理します。
 
 
前から行われていた物事を続けることが「継続」。

「前から行われていた物事」というのが、ポイントです。
 
 
物事をとぎれることなくつらなり続けることが「連続」。

「つらなり続ける」部分がポイントです。

「連続」は、一度、二度、三度とつらなり、繰り返されるのですね。
 

スポンサードリンク

 

2.「継続」と「連続」の辞書での意味!

続いて、辞書による「継続」と「連続」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「継続」の辞書での意味!

【継続】

・前から行われていたことが続くこと。また、続けること。「―審議」「事業を―する」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりの内容ですね。
 

②「連続」の辞書での意味!

【連続】

・とぎれることなく、つらなり続くこと。また、つらね続けること。「―ホームラン」「不―」

引用元:旺文社国語辞典

こちらも、前の項目で説明したとおりの内容です。

神社
 

3.「継続」と「連続」の使い方!

次に、「継続」と「連続」の使い方を例文で紹介します。
 

①「継続」の使い方!

・昔から厳しい環境で努力を継続してきた。

・下水道工事はいつまで継続されるのか。

・1日5時間の練習をずっと継続してきた。

・防犯のためパトロールを継続する。

・何が何でも経営を継続しなくてはいけない。
 

②「連続」の使い方!

・3日連続で学校をサボってしまった。

・スタートのフライングを連続して失格となる。

・3打席連続ホームランだ。

・懸賞に応募したら2回連続で当選した。

連続失点となってしまった。

サッカー
 

4.「継続」や「連続」には似た意味の言葉がたくさんある!

「継続」や「連続」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「維持」と「継続」の違いを解説!実は意外な差異があるよ!

「断続」と「連続」の違い!具体例でわかりやすく解説するよ!

「更新」と「継続」の違い!意外な差をわかりやすく徹底解説!

「持続」と「継続」の違い!意外な差を具体例で解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「継続」と「連続」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「継続」は、前から行われていた物事を続けること。

「連続」は、物事をとぎれることなくつらなり続けること。
 
 
一度、二度と何度も繰り返すのが「連続」で、繰り返さないのが「継続」です。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.