言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「愚痴」と「悪口」の違い!わかりやすく例文で解説するよ!

更新日:

 
「愚痴」と「悪口」。

どちらも、集団生活などでよくもらしてしまいます…。

「悪口は言っちゃいけない」とか、「愚痴をこぼすな」とか言われます…。
 
 
ですが、「愚痴」なのか「悪口」なのかがわからない場合もありますよね…。

特に、他人がからむと、この違いがまぎらわしい…。

たとえば、「あいつとはどうもそりが合わない…。会社に来るのが嫌になるよ…」というのは「悪口」なのか?「愚痴」なのか??
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

やはり、「愚痴」と「悪口」には決定的な違いがありました!
 
 
本記事では、「愚痴」と「悪口」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「愚痴」と「悪口」の意味の違い!

最初に、「愚痴」と「悪口」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「愚痴」とは、言っても仕方がないことを口に出して言い嘆くこと。

「悪口」とは、他人を悪く言うこと。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「愚痴」の意味とは!

「愚痴」は、言っても仕方がないことを口に出して言い嘆くこと。

他人のことを悪く言うのではありません。

言ったところで何も解決しないこと、意味のないような事をわざわざ口に出して嘆くことが「愚痴」です。
 
 
 
たとえば、「仕事が忙しくて寝る暇もない…。たまには休ませてほしい…」と嘆くこと。

これが「愚痴」です。

一人で嘆いたとしても、何一つ解決することはありません。
 
 
ただし、この思いを会社の上司に伝えた場合、この言葉は「愚痴」ではなくなります。

上司が、その社員の辛い思いを理解して、仕事の内容を改善したり、場合によっては休ませてくれる可能性があるからです。
 
 
たとえ、結果的に何も改善しなかったとしても、言った時点で可能性があれば「愚痴」ではありません。

つまりは、「言っても仕方がない」ことではなくなるということです。
 
 
 
あと、「悪口」と似ている「愚痴」の例も紹介します。

「あいつとはどうもそりが合わない…。会社に来るのが嫌になるよ…」

この場合は、相手を悪く言っているようで、そうではありません。
 
 
そりが合わないということは、他人と自分の関係がうまくいかないことであり、どちらか一方が悪いのか双方が悪いのかはわからないこと。

しかも、「そりが合わない」と嘆いたところで、何かが改善するわけではありません。

したがって、この例文は「愚痴」ということになります。

激怒
 

②「悪口」の意味とは!

「悪口」は、他人を悪く言うこと。

必ず他人が登場します。

その他人のことを悪くいうこと、またその言葉が「悪口」です。
 
 
 
たとえば、「あいつは何度言っても同じミスをする…。アホか!」というのが「悪口」。

「アホか!」と悪く言っています。
 
 
ちなみに、「本人に直接言えば悪口ではない」という説もあるようですが、正確には違いますよ。

本人に直接言ったとしても、悪く言えば「悪口」です。
 
 
 
それから、「あいつは、他人の手柄を横取りして出世した…。ひどい奴だ!」と言ったとしましょう。

これも「悪口」なのですが…。

仮に、「横取りする、ひどい奴」ということが事実の場合はどうなると思いますか?
 
 
実は、事実に基づいていたとしても、他人を悪く言えば「悪口」になります。

ちまたでは、「事実の場合は悪口ではない」という説もあるようですが、正確には違いますよ。

相手を悪く言えば「悪口」ということになります。
 
 
ただし、その「悪口」が事実に基づいているのならば、たとえ「悪口」であっても世間から受け入れられるものとなります。

激怒
 

③「愚痴」と「悪口」の違いを整理!

それでは、ここで一度「愚痴」と「悪口」の違いを整理します。
 
 
言っても仕方がないことを、口に出して言い嘆くことが「愚痴」。

口に出すことで、解決する可能性があれば「愚痴」ではなくなります。
 
 
他人を、悪く言うことが「悪口」。

事実であろうと、事実でなかろうと、他人を悪く言えば「悪口」です。
 

スポンサードリンク

 

2.「愚痴」と「悪口」の辞書での意味!

続いて、辞書による「愚痴」と「悪口」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「愚痴」の辞書での意味!

【愚痴】

・言っても仕方がないことを言って嘆くこと。

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。

愚痴
 

②「悪口」の辞書での意味!

【悪口】

・他人を悪く言うこと。また、その言葉。わるぐち。あっこう。

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですね。

「事実」なのかどうかの定義はありません。
 

スポンサードリンク

 

3.「愚痴」と「悪口」の使い方!

次に、「愚痴」と「悪口」の使い方を例文で紹介します。
 

①「愚痴」の使い方!

・某自動車会社の役員は、川崎氏の友人に愚痴とも思える言い掛かりをつけた。

愚痴や悩みは、誰かに共感してもらえるだけでストレスが軽減されます。

・久々に連絡してみた女友達と結婚生活の愚痴で盛り上がる。

・取引先の部長に誘われて飲みに行ったら、さんざん愚痴を聞かされた。

愚痴を聞きたくない心理には、複雑な思いが隠されている場合が多いのです。
 

②「悪口」の使い方!

・結婚してすぐに、姑から親戚や近所の悪口など聞かされてきました。

・上司の悪口ばかり言う人は出世できないのか?

・本人に悪口のメールを送ってしまい、それが職場に広がったことで会社を退職。

・人の悪口を聞きたくないという堅実な人は、世の中に多く存在するもの。

・会社の同僚が、自分の悪口を言っているのを立ち聞きし完全に心が折れる。

失業
 

4.「愚痴」や「悪口」には似た意味の言葉がたくさんある!

「愚痴」や「悪口」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「誹謗」と「中傷」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

「批判」と「否定」の違い!わかりやすく例文で解説するよ!

「羨ましい」と「嫉妬」の違い!例文でわかりやすく解説!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「愚痴」と「悪口」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「愚痴」は、言っても仕方がないことを口に出して言い嘆くこと。

「悪口」は、他人を悪く言うこと。
 
 
一般的に「愚痴」や「悪口」は、よくないものとされています。

しかし時には「愚痴」や「悪口」を、人に迷惑がかからないようにうまく吐き出すことで、精神衛生上良いことも。

ストレス発散は大切ですよ!

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.