言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「づ」のローマ字入力によるパソコンでの打ち方を解説するよ

更新日:

 
「浅漬け」「ぬか漬け」「宝塚」「三日月」「深爪」などに使われる「づ」。

これらは、「ず」ではなく「づ」です。
 
 
たとえば、「浅漬け(あさづけ)」は「漬け物(つけもの)」の「つ」が元になった言葉ですので…。

「つ」に濁点を付けるのが正しいのです。
 
 
ところで、この「つ」に濁点の「づ」、手書きするのは簡単なのですが…。

問題となるのが、ローマ字入力のパソコンなどでキーボードを打つ時…。

どうやって打ったらいいの…??
 
 
 
ということで、こういった言葉の打ち方を徹底的に調べてみました。

本記事では、ローマ字入力のパソコンにおける「づ」の打ち方を、わかりやすく解説していきます。

また後半では、ローマ字入力が難しい全ての言葉について、打ち方を素早く調べる方法を解説していますのでご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「づ」のローマ字入力によるパソコンでの打ち方!

ローマ字入力で「づ」を表示させたい場合…。

打ち方は、「D」→「U」です。
 
 
ちなみに、「づ」ではなく「ず」の場合は「Z」→「U」。
 
 
「づ」:「D」→「U」

「ず」:「Z」→「U」

「D」と「Z」の違いですね。
 
 
 
余談ですが…。

これは、あくまでもパソコン上に「づ」を表示させたい場合の打ち方であって…。

パスポートに記載する場合は、「づ」を「DU」と表記してはいけません
 
 
パスポートへの表記は、ヘボン式ローマ字を使うことが決まりとなっています。

ヘボン式ローマ字の場合は、「づ」は「ZU」ですので気をつけてください。
 
 
あと、クレジットカードの場合も、パスポート表記と同じでなくてはいけないルールを設けている会社が多いようです。

ですから、クレジットカードもヘボン式ローマ字を使った方が良いでしょう。
 

スポンサードリンク

 

2.ローマ字入力の打ち方を素早く調べる方法!

「づ」は「D」→「U」と打ちますが…。

これって、「ディー」と「ユー」なので、「でゅ」になりそうな感じがしますよね…。
 
 
実は、「でゅ」は「D」→「H」→「U」と打ちます。

なんだか…ローマ字入力がまぎらわしい…。
 
 
でも、大丈夫です!

こういったローマ字入力が難しい言葉の打ち方を、簡単に調べる方法がありますよ
 
アルファベット
 
ということで、その操作方法を説明します。
 
 
パソコンでワードやエクセルを開いた時に、下段に「あ」「A」のアイコンが現れますよね…。

その、「あ」「A」のアイコンを右クリックします。
 
プロパティ
 
右クリックすると上のメニューが展開されますので、この中の「プロパティ」をクリックしてくだい。
 
設定
 
クリックすると上のウインドウが表示されますので、その中の「詳細設定」をクリックしましょう。
 
詳細設定
 
すると、上のウインドウが表示されます。

この中の、「ローマ字/色の設定」の欄の「ローマ字設定(O):」の「変更(V)」をクリックしましょう。
 
拗音の打ち方
 
「変更(V)」をクリックすると、上のウインドウが現れます。

平仮名がズラリと並んでいますが、スクロールすることで全ての言葉の打ち方を確認することができますよ。
 
 
しかも、同じ言葉でも複数の打ち方が有ることが確認できると思います。

たとえば、「ち」を表示させたい場合は、「C」→「H」→「I」と「T」→「I」の2種類の打ち方があるということ。
 
 
「C」→「H」→「I」よりキータッチ数が少ない「T」→「I」の方が簡単ですが…。

私がこの事実を知るまでは、長年「C」→「H」→「I」と打っていました…。
 
 
皆さんもこのリストをご覧になることで、新たな発見があるかもしれませんよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、ローマ字入力のパソコンにおける「づ」の打ち方についてでした。
 
 
ローマ字入力のパソコンで、「づ」は「D」→「U」と打ちます。
 
 
ただし、これはあくまでもパソコンに表示させるための方法。

パスポートやクレジットカードへの記載は、ヘボン式ローマ字で「ZU」と表記しましょう。
 
 
ローマ字入力が難しい言葉は、「あ」「A」アイコンを右クリックすることで簡単に調べることができますよ。
 

ところで、「づ」の打ち方を説明させていただきましたが…。

この「づ」と、同じ発音である「ず」との使い分けがうまくできていますか?
 
 
下の記事では、「ず」と「づ」、「じ」と「ぢ」の使い分け方法を解説していますので、よかったらご覧ください。

「ずつ」と「づつ」はどっちが正しい?違いを解説するよ!

たとえば、「地面」の「地」の読み方は「ち」なのに、なぜか「じ」で「じめん」が正解です。

その理由は、上の関連記事でご確認を!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.