言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「署名」と「自署」の違いは?わかりやすく徹底解説するよ!

更新日:

 
「署名」と「自署」。

たしか…、どちらも同じ意味として認識していましたが…。
 
 
よく考えると、署名運動」とはいいますが、自署運動」とはいわないような…。

これは、もしかして意味に違いがあるということか…???
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

本記事では、「署名」と「自署」の意味にについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「署名」と「自署」の意味の違いは?

最初に、「署名」と「自署」の意味を簡潔にお伝えします。

「署名」とは、氏名を書きしるすこと、ただし、書きしるす人はその本人に限る。

「自署」とは、自分で書きしるすこと、ただし、書きしるすものは本人の氏名に限る。

指す意味は同じですが強調している部分に違いがあり、たとえば「法律上、署名は自署が原則」といった使い方をします。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「署名」の意味とは!

「署名」は、氏名を書きしるすこと、ただし、書きしるす人はその本人に限ります。

つまりは、自分で自分の氏名を書きしるすことであり、意味は「自署」と同じ。

ただし、「署名」は「氏名を書きしるす」という部分が強調されています。
 
 
冒頭で紹介しましたが、「法律上、署名自署が原則」という文書。

「署名」と「自署」は全く同じ意味でありながら、実質異なる意味として使われています。

要するに、「法律上、氏名を書きしるす時はその本人が書くことが原則です」ということを意味しているのですね。
 
 
 
それから、多くの人々から賛同を得る目的で行われる署名運動」というものがあります。

この署名運動」自署運動」とはいいませんよね。
 
 
署名運動」は、多くの人々の「氏名を書いてもらう」という部分がメインになっていることから「自署」ではなく「署名」が使われているものと思われます。

だからといって、書く本人が別人の氏名を書いてはいけません。

記入
 

②「自署」の意味とは!

「自署」は、自分で書きしるすこと、ただし、書きしるすものは本人の氏名に限ります。

前項でも紹介したとおり、自分で自分の氏名を書きしるすことであり、意味は「署名」と同じ。

ですが、「自署」の方は、「自分で書きしるす」という部分が強調されています。
 
 
 
余談ですが、よく他社と契約を締結する際は「契約書」を作成しますよね。

この時は、お互いの「署名」「自署」が必要になります。
 
 
ただし、パソコンで社名や代表者名を印刷してプラス印鑑、ゴム印プラス印鑑ですます場合もあるかと思いますが…。

この場合は「署名」「自署」ではなく、「記名」と「押印」ということになります。

基本的には「署名」「自署」なのですが、これらは法律上「記名・押印」で代用することが可能となっているのです。

契約
 

③「署名」と「自署」の意味を整理!

それでは、ここで一度「署名」と「自署」の意味を整理します。
 
 
氏名を書きしるすこと、ただし、書きしるす人はその本人に限るというのが「署名」。

そして、自分で書きしるすこと、ただし、書きしるすものは本人の氏名に限るというのが「自署」。
 
 
指している意味は同じですが、強調している部分に違いがあります。

 

スポンサードリンク

 

2.「署名」と「自署」の辞書での意味!

続いて、辞書による「署名」と「自署」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「署名」の辞書での意味!

【署名】

・自分の氏名を書きしるすこと。また、その書きしるした氏名。サイン。「―捺印」「―運動」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおり、「自署」と同じ意味ですね。
 

②「自署」の辞書での意味!

【自署】

・自分で署名すること。また、その署名。「―捺印のこと」

引用元:旺文社国語辞典

そもそも、「署名」は自分で書くことなのですが、それでも「自分で」という記載があります。

「自分で」という部分を、強調しているということ。

氏名
 

3.「署名」と「自署」の使い方!

次に、「署名」と「自署」の使い方を例文で紹介します。
 

①「署名」の使い方!

・活動は11月末の集計までで180万人を超える署名が集まった。

・首相は8日、アボット首相と会談し、日本・オーストラリア経済連携協定に署名した。

・工場稼動中断などを促すために、10万人署名運動に乗り出すことを明らかにした。

・プーチン大統領は20日、セルゲイ・フルガル知事を解任する大統領令に署名した。
 

②「自署」の使い方!

・委任者の住所・氏名は委任者本人が自署し必ず押印してください。

・左半身がほぼ動かない状態で、書類に自署する事も出来ない。

・応募用紙の記入欄に保護者による自署・押印のないものは無効となります。

・会員は直ちにカードの裏に自署しなくてはいけない。

ゴールドカード
 

4.「署名」や「自署」には似た意味の言葉がたくさんある!

「署名」や「自署」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「自筆」と「サイン」の違い!わかりやすく徹底解説するよ!

「著作」と「著書」の違いを解説!やはり確かな差があったよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「署名」と「自署」の意味についてでした。
 
 
「署名」は、氏名を書きしるすこと、ただし、書きしるす人はその本人に限ります。

「自署」は、自分で書きしるすこと、ただし、書きしるすものは本人の氏名に限ります。
 
 
基本的に全く同じ意味なので、厳密には「法律上、署名自署が原則」という使い方は間違いということになってしまいますが、使われているのが実情。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.