言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「突然」と「急に」の違いを解説!実は明確な差があったよ!

更新日:

 
「突然」と「急に」。

意味が似ていて、まぎらわしですよね…。

たとえば、突然揺れる」と言いますし、急に揺れる」と言います…。

どちらも違和感がないということは、同じ意味なのか??
 
 
でも、急に背が伸びる」とは言いますが、突然背が伸びる」だと何か変です…。

ということは、微妙な違いがあるということか?
 
 
 
そんなわけで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

実は、「突然」と「急に」には確かな違いがありました!
 
 
本記事では、「突然」と「急に」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 
 
それから、「いきなり」と「突然」の違いを解説した記事もありますが、後半で紹介しますので、そちらもご覧ください!

実は、「いきなり」もまた微妙に違います!
 

スポンサードリンク

 

1.「突然」と「急に」の意味の違い!

最初に、「突然」と「急に」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「突然」とは、「不意なさま」という意味であり、「予期せぬ物事の発生」で使用可能。

「急に」とは、「不意なさま」「進み方が速いさま」という意味であり、「予期せぬ物事の発生」「物事が速く進む」場面で使用可能。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①物事が速く進むのは「突然」?「急に」?

物事は時間の経過とともに進んで行きます。

そのスピードは様々で、時には変化するもの。

そのスピードが速くなるものとは、たとえば「スポーツ競技の上達」。
 
 
以下の例文をご覧ください。

「コツコツ努力をしているのは知っていたが、最近になって急に上手くなった」

つまり、上達のスピードが速くなったということであり、この場合は「急に」を使います。
 
 
このケースは「突然」は使えません。

「コツコツ努力をしているのは知っていたが、最近になって突然上手くなった」

意味が通じないわけではありませんが、少し違和感があります。
 
 
 
まだありますよ。

「中学校に入学して、急に身長が伸びた」

これも、徐々に成長していたものが、そのスピードが速くなったということ。

「中学校に入学して、突然身長が伸びた」

だと、何か変ですよね…。
 
 
ということで、ゆっくりと進んでいる物事が速くなる、この場合は「急に」だけしか使えませんよ。

身長計測
 

②予期せぬ物事は「突然」?「急に」?

予期せぬ物事というものもあります。

予期せぬ物事の場合は、「突然」と「急に」ともに使うことができますよ。
 
 
たとえば「地震」。

突然大きく揺れ出した!」

急に大きく揺れ出した!」

というように、予期せぬ「揺れ」の場合はどちらも違和感がありませんよね。
 
 
 
それから、勘違いしてしまう例文があります。

「運転中、彼は突然スピードを上げた」

「運転中、彼は急にスピードを上げた」

この例文はどちらも違和感がありませんよね…。
 
 
でも、考えてみてください。

ゆっくりと進んでいた車が「速く進む」ということで、前の項目に当てはまるのではないか?ということですが…。

しかし、このケースは「物事が速く進む」のではなく、「予期せぬアクセル操作」なのです。

ですから、「突然」も「急に」も当てはまるのですね。

タイヤ
 

③「突然」と「急に」の違いを整理!

それでは、ここで一度「突然」と「急に」の意味の違いを整理します。
 
 
「予期せぬ物事の発生」で使えるのが「突然」。

「予期せぬ物事の発生」と「物事が速く進む」場面で使えるのが「急に」。
 
 
「急に上達した」「急に身長が伸びた」というように、「突然」がふさわしくない場合がありますので、気をつけましょう。

 

スポンサードリンク

 

2.「突然」と「急に」の辞書での意味!

続いて、辞書による「突然」と「急に」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「突然」の辞書での意味!

【突然】

・不意なさま。いきなり起こるさま。「―現れる」「―の出来事」

引用元:旺文社国語辞典

「不意」は「予期せぬ」ということで、説明どおりです。
 

②「急に」の辞書での意味!

【急に】

・突然。にわかに。「―用事ができる」

引用元:旺文社国語辞典

この説明だと、少しわかりにくいですね。

回転灯
 

3.「突然」と「急に」の使い方!

最後に、「突然」と「急に」の使い方を例文で紹介します。
 

①「突然」の使い方!

・ダイエット中にもかかわらず突然たまらなく甘いものが食べたくなる。(急に○)

・飲食中の男女の一団が突然席から立って踊り出すパフォーマンス。(急に○)

・リーグ3連覇のコンテ監督が突然退任。(急に○)

・先週になって突然、健康上の理由により試合を延期すると発表した。(急に○)
 

②「急に」の使い方!

・なぜか暖房機が急に止まってしまった。(突然○)

・利用する人がここ数年の間に急に増えている。(突然×)

・季節外れの暖かさの関東周辺も、急に寒くなります。(突然×)

・人の老化は、34歳、60歳、78歳で急に進む??(突然×)
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「突然」と「急に」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「突然」は、「不意なさま」という意味。

「急に」は、「不意なさま」「進み方が速いさま」という意味。
 
 
「予期せぬ物事の発生」で使えるのが「突然」、「予期せぬ物事の発生」「物事が速く進む」場面で使えるのが「急に」です。

「突然」と「急に」の違いを説明しましたが、似た意味の言葉で「いきなり」があります。

「いきなり」も、「突然」や「急に」とは微妙に違いますよ!

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「いきなり」と「突然」の違いを解説!使う場面に差があった!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.