言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「鉄鋼」と「鉄鉱」の違い!わかりやすく徹底解説するよ!

更新日:

 
「鉄鋼」と「鉄鉱」。

どちらも読み方は「てっこう」です。

そして、どっちも「鉄」が関係しているのはなんとなくわかるのですが…。
 
 
似ているこの2つの言葉、実は意味には微妙に違いが…。

ということで、「鉄鋼」と「鉄鉱」の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「鉄鋼」と「鉄鉱」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「鉄鋼」と「鉄鉱」の意味の違い!

最初に、「鉄鋼」と「鉄鉱」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「鉄鋼」とは、鉄や鉄からつくる合金の総称。

「鉄鉱」とは、鉄の原料となる鉱石、石のことです。

 
こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「鉄鋼」の意味とは!

「鉄鋼」は、鉄や鉄からつくる合金の総称
 
 
鉄からつくる合金とは、より質の良いものするために人工的につくった鉄です。

たとえば、「鉄」に「炭素」を加えること硬い性質の鉄になります。

この硬い鉄が「はがね」ですね。
 
 
そして、さらに炭素の量を増やしたのが「鋳鉄」。

「鋳鉄」は鋳物として加工されますが、さらに強度が必要な製品になります。
 
 
ですから、硬さでは「鉄」<「はがね」<「鋳鉄」となります。

しかし、硬くなる程、柔軟性が弱くなって折れやすくなります。

鉄骨
 

②「鉄鉱」の意味とは!

一方の「鉄鉱」は、鉄の原料となる鉱石のことです。

つまり、地中に眠っている石ですね。
 
 
地中から鉱石を掘り出して、それを加工して鉄を製造します。

そして、その鉄に炭素を加えることで鉄合金をつくるわけですね。

鉱石
 

③「鉄鋼」と「鉄鉱」の違いを整理!

それでは、ここで一度「鉄鋼」と「鉄鉱」の違いを整理します。
 
 
鉄や鉄からつくる合金の総称が「鉄鋼」

鉄の原料となる鉱石が「鉄鉱」です。
 
 
ですから、「鉄鉱」を掘り出して「鉄」をつくり、「鉄」から「鉄鋼」をつくるということ。
 

スポンサードリンク

 

2.「鉄鋼」と「鉄鉱」の辞書での意味!

続いて、辞書による「鉄鋼」と「鉄鉱」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「鉄鋼」の辞書での意味!

【鉄鋼】

・鉄と鉄合金(はがね・鋳鉄など)の総称。「―の生産量」

引用元:旺文社国語辞典

前の項目で説明したとおり、「鉄」や「鉄合金」のことですね。
 

②「鉄鉱」の辞書での意味!

【鉄鉱】

・鉄の原料となる鉱石。

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおり、鉄の原料のこと。

つまり、石のことです。

岩石
 

3.「鉄鋼」と「鉄鉱」の使い方!

最後に、「鉄鋼」と「鉄鉱」の使い方を例文で紹介します。
 

①「鉄鋼」の使い方!

・一般社団法人日本鉄鋼協会

鉄鋼業世界ランキング

鉄鋼総合商社

鉄鋼関税撤廃

鉄鋼非鉄金属業界
 

②「鉄鉱」の使い方!

・下諏訪温泉鉄鉱

・クロム鉄鉱

鉄鉱石採掘

鉄鉱石価格推移

・世界鉄鉱石産出国ランキング
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「鉄鋼」と「鉄鉱」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「鉄鋼」は、鉄や鉄からつくる合金の総称です。

「鉄鉱」は、鉄の原料となる鉱石のこと。
 
 
鉄の原料が「鉄鉱」で、鉄や鉄の加工品が「鉄鋼」ですね。

ところで、「鉄鋼」と「鉄鉱」の意味を説明してきましたが、「鉄鋼」の漢字の前後を入れ替えた「鋼鉄」という言葉があります。

「鉄鋼」と「鋼鉄」も意味が違いますよ。

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「鋼鉄」と「鉄鋼」の違い!意外な差をわかりやすく解説!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.