言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「櫛」の漢字が出ない!変換で木へんに節を表示させる方法!

更新日:

 
漢字の「櫛」なのですが…。

なぜか、2種類の異なる漢字が存在します…。
 
 
そして、この2種類の漢字…、どちらも間違いではありません。

下をご覧ください。

櫛

櫛

どちらも正しいこの「櫛」の漢字なのですが…。

パソコンに表示させようと思っても、上の「櫛」しか出てきません…。
 
 
下の、「木へん」に「節」の方の漢字を表示させるにどうしたらいいのか…??
 
 
 
実は、表示させる方法は2つもありますよ!

ということで、本記事では普段は出ない漢字、「木へん」に「節」の「櫛」を表示させる方法をわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「櫛」の漢字が出ない!フォント変更で表示させる方法!

「木へん」に「節」の「櫛」を、最も簡単に表示させるには、フォント変更がおすすめ。
 
 
印刷用のフォントではなく、手書きの文字がモデルのフォントに変更するだけで「木へん」に「節」の「櫛」になります。

具体的には、下の「楷書体」「行書体」「教科書体」といったフォント。

【楷書体】

櫛

【行書体】

櫛

【教科書体】

櫛

試してみてください。

ちなみに、印刷用のフォントである「明朝体」や「ゴシック体」の「櫛」は以下のとおり。

【明朝体】

櫛

【ゴシック体】

櫛

実は、こういった「木へん」に「節」ではない方の「櫛」は、印刷用の字体の誕生とともに生まれたといわれています。
 
 
歴史をさかのぼると16世紀頃の中国、この時代に木版印刷用の字体として明朝体が誕生しました。

木の板に文字を彫るのですが、おそらく「木へん」に「節」の「櫛」より効率的に作業ができたのでしょう。
 
 
余談ですが…。

手書き(楷書体や教科書体など)の「令」は「マ」だったものが、明朝体になると「ア」になります。
 
 
実はこれも同じ理由、彫りやすいからなのですよ。
 

スポンサードリンク

 

2.「櫛」の漢字が出ない!変換で表示させる方法!

それから、「変換」するだけで「木へん」に「節」の「櫛」を表示させる方法もあります。

ただし、この方法はパソコンの設定が必要。
 
 
設定といっても、すごく簡単ですよ。

また、一度設定してしまえば、その後はただ変換ボタンをおすだけなので、普段から頻繁に「木へん」に「節」の「櫛」を使うのであれば、こちらの方法が断然おすすめです。

では説明しますね。
 
 
 
まず、タスクバーにある「あ」や「A」と表示されている部分を右クリックしてください。

すると、下のようなメニューが現われます。

榊

このメニューの、「プロパティ」を左クリックしましょう。

すると、表示されるのが下のダイアログボックスです。

榊

このダイアログボックスの、「詳細設定」を左クリック。

クリックすることで、下のダイアログボックスが表示されます。

榊

このダイアログボックスの、「変換」タブを左クリックし、その中の「詳細設定」を左クリックしてください。

すると、下のダイアログボックスが現われます。

榊

このダイアログボックスの、「変換文字制限」のところの「変換文字数制限をしない」を左クリックでチェックマークを入れましょう。

チェックを入れたら、下の方の「OK」ボタンを押します。

これで、設定は終了します。
 
パソコン
 
次に、「変換」だけで表示させる具体的手順ですが…。
 
 
ワードやエクセルなどに、ひらがなで「くし」と入力して「変換」ボタンを押してみてください。

「くし」の漢字候補が、ずらりと並びます。
 
 
その候補の中に、「木へん」に「節」の「櫛」と、そうではない「櫛」の両方が出てきますよ

つまり、どちらも使い分けできる状態になったということ。

便利ですね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、普段は出ない漢字、「木へん」に「節」の「櫛」を表示させる方法についてでした。
 
 
「木へん」に「節」の「櫛」をパソコンに表示させるには、フォント変更が簡単です。
 
 
ただし、頻繫に使う場合は、最初だけ面倒ですが「変換文字数制限をしない」ように設定変更するのがおすすめ。

そうすることで、変換の候補に「木へん」に「節」の「櫛」が現われますよ。
 
 
 
実は、もう一つ「IMEパッド-手書き」を使用する方法もあります。

ただ、この方法はその都度「IMEパッド-手書き」機能で、マウスを動かして手作業で漢字を書かなくてはいけません…。

非常の効率が悪いので、説明は省力させていただきました…。
 

ところで、漢字について説明させていただきましたが…。

「漢字」といえば、普段は平仮名やカタカナで表現する言葉でも、実は漢字があるものがありますよ!
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「サラダ」を漢字表記にすると?無いようで実はありますよ!

「トマト」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「ピーマン」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「わかめ」を漢字で書くと?由来も含めて詳しく解説するよ!

「ひじき」を漢字ではどう書く?由来含め詳しく解説するよ!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.