言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「怜」の漢字は「マ・ア」?正式なのはどっちか調べたよ!

更新日:

 
漢字の「怜」…。

「かしこい」という意味があり、名前などにもよく使われる漢字です。
 
 
この「怜」という漢字には、書き方に関する問題点があるらしい…。

その問題点とは、右側の下を「マ」と書くのか、それとも「ア」と書くのかといったもの。

怜

怜

上が「マ」の「怜」、下が「ア」の「怜」です。
 
 
どっちが正式…??

特に名前にも使う「怜」なので、間違いをそのままにするわけにはいきません!
 
 
 
ということで、行政機関である文化庁の判断を徹底的に調べてみました。

本記事では、「怜」の漢字は正式には「マ」なのか?「ア」なのか?正しい「怜」について根拠も含めわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「怜」の漢字は「マ・ア」?正式なのはどっち?

まずは、どっちが正式なのかをお伝えします。
 
 
「怜」の漢字は、「マ」の「怜」も正解ですし、「ア」の「怜」も正解

つまりは、「マ」「ア」どっちも正式な漢字ということ。
 
 
どちらも正式である理由については、文化庁が発した「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について」という文書の中に記載されています。

文書の内容については、次項で原文をお伝えしますね。
 
 
 
実は、普段使うパソコンのフォントでも、「マ」の「怜」もあれば「ア」の「怜」もあります。

具体的には、手書き文字がモデルの「教科書体」「楷書体」などに多いのが「マ」の「怜」。

【教科書体】

怜

【楷書体】

怜

それから、印刷用の字体である「明朝体」「ゴシック体」などに多いのが「ア」の「怜」です。

【明朝体】

怜

【ゴシック体】

怜

このように、広く世間で使われているフォントも「マ」の「怜」と「ア」の「怜」双方がありますので、手書きの時も気にする必要はないということ。
 
ペン
 
それでは、なぜ「マ」の「怜」と「ア」の「怜」、2とおりの字形があるのか?

この理由は、以前のテレビ番組で大東文化大学の山口謠司氏が説明してくれていました。
 
 
元々は、「マ」の方の「怜」だけが手書きされていました。

中国において、16世紀頃に木版印刷が誕生します。

その印刷用の字体として、明朝体が使われるようになりました。
 
 
木の板に、手作業で文字を彫っていくのですが、その際に効率化が行われます。

具体的には、元々あった鋭角的に彫る「マ」を、直線的に彫る「ア」に変更されたということ
 
 
これが、「ア」の「怜」の誕生です。

「マ」と「ア」の「怜」があるのは、印刷屋の都合だったということ。
 
 
特に、印刷用の字体に「ア」が多いのも、こういった背景が影響しているのですね。
 

スポンサードリンク

 

2.「怜」の漢字に対する文化庁の判断!

続いて、この件に関して、文化庁がどういった判断をしたのか、その内容をお伝えします。
 
 
文化庁では、平成28年(2016年)2月29日付けで「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について」といった文書を出しました。

この中に、「マ」の「怜」と「ア」の「怜」に関する見解があります。
 

4 手書き(筆写)の楷書では、いろいろな書き方があるもの

手書きの楷書においては、以下に挙げるような漢字の構成要素及び漢字の例のように、字形に違いがあっても、同じ字体として認めることのできるものがある。

それらを(1)~(6)に分類して示した。
 
 
(6)その他

そのほか、漢字の点画について、いろいろな書き表し方があるものとして、以下のような例が挙げられる。

ここに挙げるような違いは、字体の判別の上で問題にならない。
 
 
エ その他

令

◇ 上記を含め、同様に考えることができる漢字の例

令
 
 

引用元:常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について

 

ということで、同じ字体として認めることのできるものの中に、「マ」の「令」と「ア」の「令」が記載されています。
 
 
そして、「令」と同様に扱う漢字の中に、「領鈴令冷など」がありますが「怜」は含まれていません…

ただし、「など」とありますので、「怜」も含まれることで間違いないと思われます
 
 
それから、Q&Aもありましたので、こちらも原文を紹介しますね。
 

Q42

「令」や「鈴」を手書きの楷書でどう書くか

ある金融機関の窓口で書類に記入する際に「令」を小学校で習った形(「マの令」)で書いたら、明朝体と同じ形に書き直すように言われました。

そうする必要があったのでしょうか。

また、「鈴」、「冷」、「齢」といったほかの常用漢字や「伶」、「怜」、「玲」などの表外漢字の場合も同じように考えていいのでしょうか。
 
 
 

本来であれば、書き直す必要のないものです。

印刷文字に見慣れてしまったため、手書きでは「マの令」と書く習慣があることが理解されにくくなっているのでしょう。
 
 
「字体についての解説」にもこの書き方が例示されています。

これは、手書き文字の字形と印刷文字の字形のそれぞれの習慣に基づく字形の相違であり、別の字ではありません。

令

手書きの楷書によく見られる「マの令」と明朝体の「令」との間には字形の差があるものの、同じ字体であるとみなされてきました。

なお、「アの令」のように手書きしてもかまいません。
 
 
また、質問のとおり、小学校ではこの漢字を「令」の字形で学習しています。

その字形が社会で通用しない場合があるというのは、情報機器の普及等によって印刷された文字を見る機会の方が多くなっているからであろうと考えられます。

本来、印刷文字の形のとおりに手書きする必要はなく、このことは、社会全体で共有される必要があります。
 
 
「令」に限らず、この形が漢字の一部になっているほかの常用漢字「鈴」、「冷」、「齢」などでも同様ですし、「伶」、「怜」、「玲」などの表外漢字についても同じように考えることができるでしょう。
 
 

引用元:常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について

 

Q&Aにも、別の字でないということがとキチンと記載されていますね

どちらも正式な漢字ということ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、正式な「怜」の漢字についてでした。
 
 
「怜」の漢字は、「マ」の「怜」も正解ですし、「ア」の「怜」も正解。

つまりは、「マ」「ア」どっちも正式な漢字ということ。
 
 
今後は、細かいことは気にせずに、堂々と書きましょう。
 

ところで、漢字について説明させていただきましたが…。

「漢字」といえば、普段は平仮名やカタカナで表現する言葉でも、実は漢字があるものがありますよ!
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「サラダ」を漢字表記にすると?無いようで実はありますよ!

「トマト」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「ピーマン」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「わかめ」を漢字で書くと?由来も含めて詳しく解説するよ!

「ひじき」を漢字ではどう書く?由来含め詳しく解説するよ!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.