言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「他人」と「他者」の違いを解説!実は意外な差があったよ!

更新日:

 
「他人」と「他者」。

これ、普通は同じ意味にみえますよね…。

たとえば、他人の物を盗んではいけない」といいますし、他者の物を盗んではいけない」ともいいます…。
 
 
ですが…、全く同じ意味と思いきや…。

よくよく調べてみたら、意外な違いがありました!!
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

本記事では、「他人」と「他者」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「他人」と「他者」の意味の違い!

最初に、「他人」と「他者」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「他者」とは、自分以外の人のこと。

「他人」とは、自分以外の人のことで、その他に、親族でない人、その物事に関係のない人という意味もあります。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「他者」の意味とは!

「他者」は、自分以外の人のこと。

「自分」が存在していますが、それ以外の人すべてが対象となります。
 
 
たとえば、他者との比較」「他者との関わり」といった使い方をします。

他者との比較」は、自分と自分以外の人を比較するという意味。

他者との関わり」は、自分と自分以外の人との関わりのことです。
 
 
 
そして「他者」は、一般的には自分以外の「人」、つまり「人間」に対して使う言葉。

ですが、場合によっては「人間」以外の全てのものに対して使う場合もあります。

信頼関係
 

②「他人」の意味とは!

「他人」には、3つの意味があります。
 
 
 
一つ目の「他人」の意味は、自分以外の人のこと

これは、は前項の「他者」と同じ意味。
 
 
ですから、他者との比較」「他者との関わり」を「他人」に置き換えることができます。

他人との比較」「他人との関わり」でも違和感はありません。
 
 
 
二つ目の「他人」の意味は、親族でない人のこと

たとえば、自分の親や兄弟のことを「他人」とはいいませんよね。
 
 
ですが、一つ目の意味である「自分以外の人」との矛盾が…。

親や兄弟は、当然ですが自分以外の人であり「他人」でありながら、親族であるため「他人」ではなくなります。
 
 
ややこしいのですが、親族の場合は見方によっては「他人」だったり「他人」ではなくなったりするのですね…。

使い方を、気を付けましょう。
 
 
 
三つ目の「他人」の意味は、その物事に関係のない人のこと

たとえば、他人は口をだすな!」といった使い方をする「他人」です。

これは、「関係ない人は口をだすな」という意味。
 
 
では、関係者は「自分以外の人」ではないのか?となりますが…。

これも「親族」と同様、見方によって意味が違ってくるということです。

ファミリー
 

③「他人」と「他者」の違いを整理!

それでは、ここで一度「他人」と「他者」の違いを整理します。
 
 
「他者」と「他人」は、どちらも自分以外の人のこと。

しかし、「他人」だけにはその他に、親族でない人、その物事に関係のない人という意味もあります。
 
 
「他人」は、使い方によっては様々な意味があるということ。

 

スポンサードリンク

 

2.「他人」と「他者」の辞書での意味!

続いて、辞書による「他人」と「他者」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「他人」の辞書での意味!

【他人】

①自分以外の人。「―まかせ」

②親族でない人。「赤の―」

③その事に関係のない人。「―は口を出すな」

引用元:旺文社国語辞典

意味が3種類で、内容も説明どおりですね。
 

②「他者」の辞書での意味!

【他者】

・自分以外の人。ほかの者。

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。

人々
 

3.「他人」と「他者」の使い方!

次に、「他人」と「他者」の使い方を例文で紹介します。
 

①「他人」の使い方!

他人の車のタイヤをパンクさせたとして逮捕される。(自分以外)

・別名義といっても他人ではなく、親や配偶者の名義で契約するようにしましょう。(親族以外)

・赤の他人なら誘拐になりますが、親族の場合は対応策がないのが実情。(親族以外)

・無関係な他人を巻き込むべきではない。(関係者以外)
 

②「他者」の使い方!

・人脈を獲得しながら他者との学び合いの中で様々なことを学んだ。

他者に不快感を与える目的で、この画像を使用することもできません。

・それは、他者を排除しようとする行動を誘発する。

・感染を防ぐために、一人ひとりが他者との接触を避けください。

寒い
 

4.「他人」や「他者」には似た意味の言葉がたくさんある!

「他人」や「他者」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「他社」と「他者」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

「自分」と「自身」の使い分けを解説!意外な違いがあったよ!

「自分」と「自己」の違い!意外な差異を徹底解説するよ!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「他人」と「他者」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「他者」は、自分以外の人のこと。

「他人」も、自分以外の人のこと。
 
 
ですが、「他人」には親族でない人、その物事に関係のない人という意味もあります。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.