言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

記号・マーク

「三本線」記号のキーボードによる出し方!変換できるの?

更新日:

 
パソコンの操作手順を文書で説明する時…。

「Shiftキーを押してください」とか、「Ctrlキーを押す」といったキーボードの説明は簡単ですが…。
 
 
WEB上のボタンを説明する時に、高い頻度で使われるのが「三本線」記号です。

それが、下の記号。

合同

縦三点リーダー

上段のハンバーガーのような形をした記号は、WEBでメニューを表すために使われますが、本来の名称は「合同」という記号。

そして、下段の3つの点が縦に並んだ形の記号は、こちらもWEB上のオプションメニューなどを表す時に使われますが、名称は「縦三点リーダー」という記号です。
 
 
こういった記号は、形が単純ですので手書きは簡単なのですが…。

ワードやエクセルなどに、どうやったら出せるの??
 
 
 
ということで、こういった記号の出し方を徹底的に調べてみました。

本記事では、「三本線」記号をパソコンなどに表示させる方法について、わかりやすく解説していきます。

その他に「斜め三点リーダー」なども調べましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「三本線」記号はキーボードで変換!

「三本線」記号は、全て変換によって出すことができます。
 
 
 
最初は、ハンバーガーの形をした「合同」記号から。

下の記号ですね。

合同

この記号は、その名のとおり「ごうどう」という言葉で変換することができます。
 
 
 
次に、3つの点が縦に並んだ「縦三点リーダー」記号の出し方。

下の記号です。

縦三点リーダー

「縦三点リーダー」は、「すうがく」という言葉で変換することができます。

ただし、「すうがく」で変換した場合、候補になる記号が多すぎて少し大変…。
 
 
 
続いて、「三点リーダー」が斜めになった「斜め三点リーダー」記号の出し方。

下の記号です。

斜め三点リーダー

斜め三点リーダー

向きが異なる、2種類の「斜め三点リーダー」記号がありますが…。

どちらも「ななめ」と打って変換キーを押すことで、表示させることができます。
 
 
 
余談ですが、「3点リーダー」記号の中には、普段よく使う横のタイプ「…」がありますよね…。

この「…」は、「てん」「さんてん」で変換が可能です。

その他に、「・」この点を3つ打ってから変換する方法もありますよ。
 

スポンサードリンク

 

2.「三本線」記号はキーボードで文字コード!

変換で表示できる「三本線」記号ですが、それ以外に「文字コード」による表示方法もあります。
 
 
「合同」記号や「斜め三点リーダー」の場合は変換の方が簡単ですので、実用的とはいえないかもしれません。

ですが、「縦三点リーダー」の場合は文字コードの方が速いです。
 
 
また、この「文字コード」の使い方を知っておくことで、どうしても出せない「旧字」「マーク」「記号」などに遭遇した時に役立ちますよ。
 
ハンバーガー
 
ということで、具体的な使い方を説明します。

最初に、それぞれの「三本線」記号の文字コードをお伝えしますね。
 
 

【2261】


合同

【22EE】


縦三点リーダー

【22F0】


斜め三点リーダー

【22F1】


斜め三点リーダー

ご覧のとおり、「合同」は「2261」で、「縦三点リーダー」が「22EE」

そして、「斜め三点リーダー」は「22F0」「22F1」となっています。
 
 
この文字コードをどうするのか、ですが…。

たとえば「縦三点リーダー」であれば、ワードやエクセルなどに「22EE」と打ち、そのままの状態でキーボードの「F5」のキーを押してください
 
 
アルファベットは、小文字で「22ee」と打っても構いません。

この操作で、「縦三点リーダー」記号が表示されます。
 
 
 
ちなみに、「22EE」と打った後、「F5」の前に「Enter」を押してはいけません。

「22EE」と打ち、変換可能な状態を維持したまま「F5」のキーを押してください。
 
 
ですから、変換が不可能な「直接入力」ではなく、「全角英数」で打ちましょう。
 
 
ローマ字変換に設定したパソコンの場合は、「全角ひらがな」などの日本語入力でも大丈夫です。

たとえば、「全角ひらがな」で「22EE」と打つと「22ええ」と表示されますが、そのまま「F5」のキーを押せば「縦三点リーダー」記号が表示されますよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「三本線」記号をパソコンなどに表示させる方法についてでした。
 
 
「三本線」記号は、変換することで表示させることができます。

「合同」記号は「ごうどう」、「縦三点リーダー」記号は「すうがく」、「斜め三点リーダー」記号は「ななめ」で、それぞれ変換が可能。
 
 
それから、「三本線」記号は全て「文字コード」により表示させることもできますので、ぜひ覚えておいてください。
 

ちなみに、記号についての表示方法をお伝えしましたが…。

本記事と同じ内容の記事を集約した、まとめ記事がありますよ!

「記号」「マーク」の出し方に関する記事まとめ【72記事】

表示方法で困っている記号がある方は、上の記事が必見です!

記号などの数が多く、充実した記事です!

 

関連記事と広告

-記号・マーク

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.