言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

漢字

「西」の漢字のまっすぐな型にパソコンで変換!フォントは?

更新日:

 
「西日本」や「関西」といったように、「西」という漢字は良く使われます。

この「西」…。
 
 
普通は、ひらがなで「にし」と入力して変換すれば出てくるのですが…。

ただし…人の名前で、下のような「西」の人物が実在します…。
西
「西」の左右にカーブするラインが、下方向にまっすぐ伸びるタイプ。

「価値」の「価」から、人偏を取り除いた漢字です…。
 
 
この漢字、実際に世間で使われているにもかかわらず、なぜか変換しても出てきません…。
 
 
 
ということで、この「西」のまっすぐなタイプの漢字について徹底的に調査してみました。

本記事では、この特殊な「西」をパソコンで変換する方法について、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「西」の漢字のまっすぐな型をパソコンで変換!

最初に、一番簡単に表示させる方法から説明します。
 
 
ただし、簡単なだけあって、漢字の形状が少し不格好…。

この「覀」です。

見やすいように、拡大しますね…。
西
なんとなく、変な形ですよね…。

「西」という漢字が、上から押しつぶされたような形…。
 
 
形は格好悪いですが、この「覀」が最も簡単に表示させることができます。

形にこだわらないのであれば、試してみてください。
 
 
 
出し方を説明しますね。

まず、数字「8980」とワードやエクセルの中で打ち込みます

この時に、「直接入力モード」で打ち込むと変換不可能な状態になるので、これではいけません。
 
 
変換可能(数字の下に点線が見える状態)となるように、たとえば「全角」などで打ち込みましょう

そして「8980」と入れたら、変換ボタンではなく「F5」ボタンを押してください。

「覀」が出てきますよ。
 
 
「変換」ボタンでもいいのですが、その場合は「8980」の全角数字や漢数字など様々な候補が表示されます。

その時に「文字コード変換…」を選択してください。

そうすることで、「F5」ボタンを押した場合と同じように「覀」が表示されます。
 

スポンサードリンク

 

2.「西」の漢字のまっすぐな型をフォント変更で出す!

続いて、「変換」ではなく「フォント」の変更による、まっすぐなタイプの「西」の出し方を解説します。

これは、「西」という漢字のフォントによる形状の違いをうまく利用する方法。
 
 
通常の「文字」は、「明朝体」や「ゴシック体」などのフォントが多いですが、これを「行書体」に変更します。

ただこれだけで、普通の「西」がまっすぐなタイプの「西」になりますよ
 
 
行書体にも色々と種類がありますが、「行書体」と入っていればどれでもオッケー。

下は、「AR行書体B04」の「西」。
西
下は、「CPPコーパス行書体」。
西
下は、「HGP白洲行草書体」です。
西
これは、「行書体」ではなく「行草書体」ですが、これもまっすぐになります。

ご自身のパソコンで、お試しください。
 
 
「西」の文字のみフォント変更すると、かなり目立ちますので…。

この方法を利用するのであれば、文章全体を行書体にするなり、工夫してみてください。

東西南北
 

3.「西」の漢字のまっすぐなフォントをインストール!

もし、まっすぐな「西」を日常的に使用するのであれば、このフォントをインストールしてしまうという方法もあります

これから先も、使い続けるのであればインストールしてしまうのが簡単かもしれません。
 
 
ということで、お好みの有料日本語フォントを購入し、自身のパソコンにインストールしてみましょう。

「お金は払いたくない…」という方は、無料でインストールする方法もあります
 
 
ただし、この場合は「一文字」単位。

やり方については、下のリンクからどうぞ。

【1文字フォントをインストールしてMicrosoft Wordで異体字の【西】を表示させる際の手順】

少し、面倒ですが…。

その辺は、無料ということで…。
 
 
ただ、一度頑張るだけで、後が楽になりますよ。

お試しください。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、まっすぐなタイプの「西」の漢字をパソコンに出す方法についてでした。
 
 
まっすぐな西を出すには、「8980」と打って「F5」ボタンでオッケー。

また、「行書体」系のフォントを使えば、普通の「西」がまっすぐなタイプになります。
 
 
日常的に使用するのであれば、インストールがおすすめ。

お試しください。
 
 
ちなみに、普通の「西」は「まがりにし」、まっすぐなタイプは「たてにし」と呼ぶらしいです…。

ところで、漢字について説明させていただきましたが…。

「漢字」といえば、普段は平仮名やカタカナで表現する言葉でも、実は漢字があるものがありますよ!
 
 
よかったら、下の記事も覗いてみてください。

「サラダ」を漢字表記にすると?無いようで実はありますよ!

「トマト」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「ピーマン」を漢字で書くと?表記を由来も含め解説するよ!

「わかめ」を漢字で書くと?由来も含めて詳しく解説するよ!

「ひじき」を漢字ではどう書く?由来含め詳しく解説するよ!

ぜひ、どうぞ。

 

関連記事と広告

-漢字

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.