言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

四字熟語

「二束三文」はいくらなのか?現在の価値を徹底的に調べたよ!

更新日:

 
四字熟語の「二束三文」、全然価値がないといった意味で使う言葉。
 
 
でも、この「価値」っていったいどの程度なのだろうか??

現在の価格で、本来いくらの物がどの程度の価値があるということなのか?
 
 
と、気になりましたので、この「二束三文」の意味を徹底的に調査してみましたよ!
 
 
ということで、本記事では「二束三文」が表している「価値」、つまり現在で何円なのか、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「二束三文」はいくらのことなのか?

「二束三文」の価値を理解してもらうには、「二束」と「三文」を別々に分析していく必要があります。

では、最初は「二束」から解説していきますね。
 

①「二束」とは?何のこと?

まず何が「二束」なのか、その品物。

これは、草履の説が有力です。
 
 
草履は草履でも、金剛草履という通常の物より大きく丈夫なもの。

つまり、高級な草履ということですね。
 
 
では、この草履がどの程度の量なのか?ということが問題。

この「二束」は、「二足」という説もあります。

「二束」は「ふたたば」のことなので、「二足」とは全く量が違ってきます。

多くの辞書では、「二足」ではなく「二束」で記載していますので、自分は「たば」ではないかと思います。
 
 
また、「二束三文」は「大量の物を、儲けがでないほどの安値で売る」ということ。

たくさん売るということから、「二足」ではなく、「たば」つまり「二束」なのではないかと推測されます。

わらじ

では、この「束」の量がどの程度なのか?

米だと籾米が一斗、一斗缶の一斗です。

よく女子プロレスラーが、頭を「ガン」とたたく一斗缶ですね。
 
 
また、稲を親指と中指で掴む量、これの10回分であるという説もあります。

それから、魚が一束だと100匹だそうです。
 
 
では、草履の一束がどのくらいなのか??

残念ながら、明確な資料はありませんでした。

人によっては「草履、数百分である」といった説もありますが謎です。

もしかしたら、「二束」が「二足」と同じ量なのかもしれませんし「二十足」なのかもしれません…。

謎ですね…。
 

スポンサードリンク

 

②「三文」はいくら?現在の価値ではいくら?

江戸時代は、「金貨」「銀貨」「銭貨(銅製)」の3種類の貨幣が使われていました。

金貨は1両で、銀貨は1匁、銭貨は1文といった単位。

1両=60匁=4000文

 
では、この当時の貨幣が現在の価値にするとどの程度なのか?

江戸時代でも価値は変動しますが、江戸時代の初期で1両約10万円、中期以降で1両約4~6万円、幕末で1両4千円~1万円ということです。
 
 
ということで、計算すると以下のようになります。

【江戸時代初期】
100,000円(1両)÷4,000=25円(1文)

【江戸時代中期以降】
40,000円(1両)÷4,000=10円(1文)
60,000円(1両)÷4,000=15円(1文)

【幕末】
4,000円(1両)÷4,000=1円(1文)
10,000円(1両)÷4,000=2.5円(1文)

 
こんな感じですね。

1文は1円~25円ということになります。
 
 
「二束三文」という言葉がいつ頃使われていたかで、金額が違ってきます。

ですが、江戸時代の初期だとすると「三文」は「75円」ということになります。

江戸時代の中期だとすると、「三文」は「45円」ということ。

古銭

この貨幣の価値については、「日本銀行金融研究所貨幣博物館」で解説してくれています。

詳細については、以下をご覧ください。

Q4.江戸時代のお金の単位はどのようなものですか?

A4.江戸時代には、金貨、銀貨、銭貨の3種類の貨幣が使われていました(三貨制度)。

金貨は小判1枚=1両を基準として、それ以下を4進法の単位で表す貨幣(1両=4分=16朱)、銀貨は重さで価値を表す貨幣で基本単位は匁(1匁≒3.75g)でした。

銭貨(銅)は1枚=1文とする貨幣でした(1,000文=1貫文)。三貨間の交換は幕府による公定相場(18世紀の公定相場:金1両=銀60匁=銭4,000文)がありましたが、 実際には時価相場で交換されていました。

引用元:日本銀行金融研究所貨幣博物館

 

Q5.江戸時代の一両の現在価値はどのくらいですか?

A5.江戸時代における貨幣の価値がいくらに当たるかという問題は、大変難しい問題です。

世の中の仕組みや人々の暮らしが現在とは全く異なり、現在と同じ名称の商品やサービスが江戸時代に存在していたとしても、その内容に違いがみられるからです。

 ただし、1つの目安として、いくつかの事例をもとに当時のモノの値段を現在と比べてみると、18世紀においては、米価で換算すると約6万円、大工の賃金で換算すると約35万円となります。

なお、江戸時代の各時期においても差がみられ、米価から計算した金1両の価値は、江戸初期で約10万円前後、中~後期で4~6万円、幕末で約4千円~1万円ほどになります。

引用元:日本銀行金融研究所貨幣博物館

 
貨幣博物館
 

③「二束三文」の価値を整理!

では、「二束三文」の価値を一旦まとめます。

【草履】

まず、草履ですがこの商品で税抜き3000円です。

こ商品が 2足だとすると6000円で、10足だと30000円
 
 
これが、江戸時代初期だと、75円で売れたことになります。

そして、江戸時代中期だと、45円ということ。
 
 
まあ、100分の1くらいの安値で売れるということでしょうか。

ただし、「束」がもし10足ならば400分の1で、100足ならば4000分の1ということになります。
 

スポンサードリンク

 

2.「二束三文」の辞書での意味と使い方!

「二束三文」の辞書による意味と、実際の使い方についてご紹介します。
 

①「二束三文」の意味!

【二束三文】

・数を多く集めても値打ちが低いこと。きわめて値段が安いこと。また、その値段。「花材を―で売りとばす」

引用元:旺文社国語辞典

「安い値段で売る」というよりも、「価値が凄く低い」といった意味ですね。

古銭
 

②「二束三文」の使い方!

・遺産の家と土地を売りに出したが、二束三文だったよ。

・昔のVHSビデオを売るにしても、今や二束三文でしょ。

・進歩が早すぎて10年前に買ったパソコンは、現在は二束三文

・車を売りに出すにしても、これだと古すぎるし二束三文だと思うよ。

・本は買い取りしてくれるのは間違いないが、二束三文なので価格は期待しないことだ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、四字熟語「二束三文」の価値についてでした。
 
 
「三文」は、現在の価値では45円~75円くらいです。

ただし、「二束」については草履の正確な数量が不明ですので、何円のものが45円~75円なのかは不明です。
 
 
ちなみにこの「三文」、「早起きは三文の徳」やハンコの「三文判」、低級な小説の「三文小説」といったように、きわめて価値が低いものをたとえる言葉として使われます。

関連記事と広告

-四字熟語

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.