言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

慣用句

「襟を正す」の例文!小学生にでもわかりやすく短文で紹介!

更新日:

 
慣用句である「襟を正す」。
 
 
「乱れた服装や、姿勢をキチンと整える」という意味。

また、そういった意味から「これまでの態度を改めて、気持ち引き締める」ということでもあります。
 
 
 
では、この「襟を正す」、どのような場面でどのように使うべきなのか?

ということで、「襟を正す」の使い方を例文で紹介していきます。

特に、小学生にでもわかりやすいように簡単な短文で紹介しますので、ご期待ください。
 

スポンサードリンク

 

1.慣用句「襟を正す」の例文を小学生にでもわかりやすく!

・佐藤君、シャツがズボンから出ている、だらしないよ。学校ではキチンと襟を正しましょう。(外観)
 
 
・寝坊して慌てて来たんだけど、俺の寝ぐせは大丈夫?さすがにここでは襟を正さないとね(外観)
 
 
・犯罪はよくないことで、許さることではありません。本人は既に懲戒解雇になっているとはいえ、会社の管理職も襟を正すべきではないか。(内面)
 
 
・映画の主人公の人間性に感動した。自分も今後は襟を正して彼のような人生を送りたいと思った。(内面)
 
 
・今日は社長が当営業所へ来所する。所員全員、襟を正して対応するように。(内面)
 
 
・政治家は発言に責任を持ち、有権者から信頼を得られるように自ら襟を正すべきだと考える。(内面)
 
襟を正す
 
・今日は東日本大震災が発生した日。当時の状況を思い出し、改めて襟を正して災害対策を考えていきたい。(内面)
 
 
・当社の不正については、心からお詫び申し上げます。旧経営陣の時期とはいえ、襟を正さないといけないと思っています。(内面)
 
 
・倫理の欠如に起因し、信頼を裏切る結果となったことを深謝します。より襟を正すべく社員教育を徹底し、再発防止に万全を期して社としての使命を全うする所存です。(内面)
 
 
・ライバル会社ではありますが、今回の対応を他山の石とし、自らの襟を正す機会としたい。(内面)
 

スポンサードリンク

 

2.慣用句「襟を正す」の類義語!

「襟を正す」と似た意味の言葉で、「居住まいを正す」というものがあります。

読み方は「いずまいをただす」
 
 
「居住まい」とは、座った姿勢のこと。

要するに、座った姿勢をキチンと整えるという意味で、この言葉も見た目の「外観」と気持ちなどを示す「内面」的な2とおりの意味があります。
 
茶道
 
その他には「威儀を正す」という言葉もあります。

読み方は「いぎをただす」。
 
 
「威儀」は、作法どおりの立ち居振る舞いのこと。

また、作法どおりということは、身なりを整えるという意味もあります。
 
 
この「威儀を正す」には、「襟を正す」のような内面的な意味はありません。

あくまでも、「身なり」「動作」といった外観に関する言葉です。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「襟を正す」の例文についてでした。
 
 
「襟を正す」には、乱れた服装を整えるという「外観」に対する意味と、態度を改めて気持ちを引き締めるという「内面」に対する意味があります。

例文も、前半2つは「外観」、その他は「内面」の意味として紹介しました。
 
 
参考にしてください。

関連記事と広告

-慣用句

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.