言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「職務」と「任務」の違いを解説!やはり確かな差があったよ!

更新日:

 
「職務」と「任務」。

まぎらわしいですね…。

「職務」も「任務」も、「務」という字が共通点。

「務」は「つとめ」という意味で、「勤務」「義務」「公務」といった使い方をします。
 
 
職務を全うする」ともいいますし、任務を全うする」ともいいますよね…。

ほとんど、同じような意味に感じますが…。

違いはあるのだろうか…???
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

実は、「職務」と「任務」には確かな違いがありました!
 
 
本記事では、「職務」と「任務」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「職務」と「任務」の意味の違い!

まずは、「職務」と「任務」の意味の違いを端的にお伝えします。

「職務」とは、担当している仕事のこと。

「任務」とは、責任を持って果たすべきつとめのこと。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「職務」の意味とは!

「職務」は、担当している仕事のこと

「任務」の方が「責任を持って果たすべきつとめ」ですので、重要度は「職務」の方が下がります
 
 
ですが、これはあくまでも「任務」と比較してということ。

「職務」は担当している仕事のことですが、それは責任を持って取り組まなくてはいけません。

いい加減な気持ちで「職務」に当たってはいけませんよ。
 
 
 
具体的な使い方は以下のとおり。

「朝までかかって、どうにか職務を遂行した」

「1人の人間が職務を怠るだけで大変なことになる」

こういった使い方ですね。
 
 
ちなみに、この例文の「職務」を「担当業務」や「担当作業」に置き換えることができますよ。

「担当業務」や「担当作業」になると、同じ意味でありながら「職務」よりも重要度の印象がやや下がります。

報告
 

②「任務」の意味とは!

「任務」は、責任を持って果たすべきつとめのこと

前の項目でも触れましたが、重要度は「職務」よりも「任務」の方が上です。

わかりやすくいえば、「任務」の方がより「失敗が許されない」ということ。
 
 
 
たとえば、「救助隊の最大の任務は、災害現場での人命救助活動」といった使い方をします。

仮に、救助隊のこの「任務」が失敗に終わった場合…。

結構、大変なことになってしまいます…。
 
 
一方の「職務」で失敗をしてしまった場合は、組織でフォロー対応すれば何とかなるもの。

ですから、「職務」と比較しても「任務」は重く、失敗してしまうと影響が大きいということです。

ヘリコプター
 

③「職務」と「任務」の違いを整理!

それでは、ここで一度「職務」と「任務」の違いを整理します。
 
 
担当している仕事が「職務」。

責任を持って果たすべきつとめが「任務」。
 
 
どちらも失敗していけませんが、特に失敗が許されないのが「任務」の方です。

 

スポンサードリンク

 

2.「職務」と「任務」の辞書での意味!

続いて、辞書による「職務」と「任務」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「職務」の辞書での意味!

【職務】

・担当している仕事。役目。つとめ。

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですね。
 

②「任務」の辞書での意味!

【任務】

・責任を持って果たすべきつとめ。課せられた仕事。「―を果たす」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。

警察
 

3.「職務」と「任務」の使い方!

次に、「職務」と「任務」の使い方を例文で紹介します。
 

①「職務」の使い方!

・募集要件は学歴が高卒以上の人で、職務経験などは問わなかった。

・詐欺グループの「受け子」が職務質問をきっかけに逮捕される。

・真の第一印象を決めるのは履歴書や職務経歴書といわれている。

・部活動指導は「職務命令でやれ」とはできない制度となっている。
 

②「任務」の使い方!

・日本語教師養成講座を運営し、世界に教師を派遣する社会的任務を背負っている。

・南極地域観測隊の隊員として、これまでの経験を生かし任務に当たりたい。

・地味ながら重要な任務を遂行する車両部隊が東京消防庁にいる。

・アメリカの土星探査機カッシーニが任務を終える。

地球
 

4.「職務」や「任務」には似た意味の言葉がたくさんある!

「職務」や「任務」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「使命」と「任務」の違いを解説!実は微妙な差があったよ!

「責任」と「義務」の違い!意外な差をわかりやすく解説!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「職務」と「任務」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「職務」は、担当している仕事のこと。

「任務」は、責任を持って果たすべきつとめのこと。
 
 
より責任が重いのが「任務」です。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.