言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「観察」と「観測」の違いを解説!実は意外な差があるよ!

更新日:

 
「観察」と「観測」。

まぎらわしい、2つの言葉。

「観」が共通していますので、つまりどちらも「観る」ということなのか?
 
 
「川の水位を観察する」

「川の水位を観測する」

なんだか、どっちもアリの使い方ですね。
 
 
 
ですが、「観察」と「観測」では微妙な違いがあるようで…。

しかも、切っても切れない関係が!

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「観察」と「観測」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「観察」と「観測」の意味の違い!

まずは、「観察」と「観測」の意味の違いを端的にお伝えします。

「観察」とは、物事を注意深く詳しく見ること。

「観測」とは、自然現象の変化などを詳しく見て測ること。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「観察」の意味とは!

「観察」は、物事を注意深く詳しく見ること。

ありのままを、詳しく見るということですね。
 
 
ですから、「昔の写真を眺めて懐かしむ」という行為は、注意深く見ていませんので「観察」ではありませんよ。

たとえば、風呂場に黒い汚れがあった時、「これはカビなのか?それとも、汚れなのか?」と注意深く見る行為、これが「観察」です。
 
 
 
ちなみに、「観察」は観察日記のように、記録をつけることでも測定や分析をすることでもありませんよ。

ただ、注意深く見ること、これが「観察」です。

凝視
 

②「観測」の意味とは!

「観測」は、自然現象の変化などを詳しく見て測ること。
 
 
主に、天体や気象などの自然現象に対して多く使われる言葉。

そういった自然現象などを、「詳しく見て測ること」、つまり「観察」した後に測定するということです。

要するに、「観測」するためには「観察」が必要不可欠であるということ。
 
 
 
具体的には、たとえば大雨が過去にないほど続いたとしますね。

すると、当然ですが川が増水します。

そうなると、災害に備えて河川の管理個所では「川の水位を観測」するわけですね。

川を注意深く「観察」して、水位の変化を測定します。

この行為が「観測」。
 
 
 
それから、「観測」には全く違う別の意味もあります。

それは、ある物事を注意深く見て、変わっていく様子を推測するという意味。

自然現象を見て測定する意味とは、雲泥の差ですよね…。
 
 
具体的には、「政府の観測では…」とか、「希望的観測です…」といった使い方をする「観測」です。

この「観測」は、全て物事のなりゆきを推測する意味として使われています。

星空
 

③「観察」と「観測」の違いを整理!

それでは、ここで一度「観察」と「観測」の違いを整理します。
 
 
物事を注意深く詳しく見ることが「観察」。

自然現象の変化などを観察して測定することが「観測」。
 
 
「観測」するためには、まずは「観察」が絶対必要です。

 

スポンサードリンク

 

2.「観察」と「観測」の辞書での意味!

続いて、辞書による「観察」と「観測」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「観察」の辞書での意味!

【観察】

・物事のありのままを詳しく見ること。注意深く見ること。「―日記」「自然―」

引用元:旺文社国語辞典

前の項目で説明したとおりの内容です。
 

②「観測」の辞書での意味!

【観測】

①天体・気象など、自然現象の変化を観察し測定すること。「気象―」

②ある物事を観察して、そのなりゆきを推測すること。「希望的―」

引用元:旺文社国語辞典

こちらも、説明どおりの内容ですね。

意味が2種類あります。

天体望遠鏡
 

3.「観察」と「観測」の使い方!

次に、「観察」と「観測」の使い方を例文で紹介します。
 

①「観察」の使い方!

・アサガオの成長を観察し日記をつける。

・すごく不可解な行動をとる彼の行動を観察する。

・空港での入国審査では表情なども観察される。

・この仕事をこなすには観察力を鍛えなくはいけない。
 

②「観測」の使い方!

・気象観測所を見学する。

観測気球をあげて大気の状態を調査する。

・巨大な天体望遠鏡で天体観測を体験した。

・温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」。

地球
 

4.「観察」や「観測」には似た意味の言葉がたくさんある!

「観察」や「観測」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

「観察」と「監察」の違い!意味を徹底的に解説するよ!

「観察」と「分析」の違い!わかりやすく具体例で徹底解説!

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「観察」と「観測」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「観察」は、物事を注意深く詳しく見ること。

「観測」は、自然現象の変化などを観察して測定すること。
 
 
「観測」するためには「観察」が必要不可欠、「観測」には「観察」がセットであるということですね。

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.