言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

四字熟語 故事成語

「画竜点睛」の例文!小学生にでもわかりやすく短文で紹介!

更新日:

 
故事成語である「画竜点睛」。

四字熟語でもあります。
 
 
「竜を描いて最後に瞳に墨を入れ、大切な仕上げをする」ということ。

つまりは、最後に大切な部分をつけ加えて、物事を完ぺきな物に仕上げるという意味です。
 
 
 
では、この「画竜点睛」、どのような場面でどのように使うべきなのか?

ということで、「画竜点睛」の使い方を例文で紹介していきます。

特に、小学生にでもわかりやすいように簡単な短文で紹介しますので、ご期待ください。
 

スポンサードリンク

 

1.「画竜点睛」の例文を小学生にでもわかりやすく!

・この報告書の構成は素晴らしい!しかも最後のまとめは多くの人が忘れがちな部分。まさに画竜点睛だ。
 
 
・イベントは難なく開始されたが、最後が肝心だと思う。しっかりと画竜点睛を怠らないように対応してほしい。
 
 
・仕事は慣れてきた時ほどミスが起こるものだ。画竜点睛を忘れずに最後まで集中しもらいたいと思う。
 
 
画竜点睛という言葉があるとおり、仕事は最後まで成し遂げることが大切。企画の案だけで満足してはいけない。
 
ビジネスマン
 
・素晴らしい演奏だと思ってきいていたのに、最後のサビの部分でミスが出てしまった。画竜点睛を欠くとはまさにこれだよ。
 
 
・初めてパンケーキを手づくりしてみたのですが、最後に焦がしてしまったのはまさに画竜点睛を欠く、ですね。やっちゃいました…。
 
 
・答案用紙に受験番号を書き忘れてしまっては、いくら満点の成績であっても0点になってしまう。画竜点睛を欠く、だよ。
 
 
・この絵画は目の部分が描かれていないのだけれど、もしかして画竜点睛を欠くなのか?それとも意図的に目がないの?
 

スポンサードリンク

 

2.「画竜点睛」の由来とは!

「画竜点睛」の由来は、中国の絵画史「歴代名画記」。
 
 
昔、張という有名な画家がいました。

当時の皇帝が、この張に対しお寺の壁に竜の絵を描かせたのです。
 
竜
 
皇帝の命を受け竜の絵を描いた張は、なぜか竜の瞳を描きませんでした。

「なぜ瞳を描いて完成させないのか?」とたずねたところ、張は「瞳を描いてしまうと、竜が飛んで逃げてしまう」と答えたのです。

しかし、「竜が逃げる」ことなど信じる人は誰もいませんでした。
 
 
そして、瞳を描いて絵を完成させるように張に迫ります。

その要求をきき入れ、張は竜の瞳を描きました。

瞳を描いたところ、竜はたちまち空へ飛んでいきました。
 
 
このエピソードから、最後の大切な仕上げのことを「画竜点睛」というようになったそうです。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「画竜点睛」の例文についてでした。

どうぞ、参考にしてください。
 
 
「画竜点睛」は、「肝心要」や「総仕上げ」「大詰め」などに言い換えが可能。

また、「画竜点睛を欠く」の場合は「仏造って魂入れず」「決め手に欠ける」「詰めが甘い」などに言い換えができます。

関連記事と広告

-四字熟語, 故事成語

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.