言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

故事成語

故事成語「背水の陣」の例文!簡単な短文でわかりやすく紹介!

更新日:

 
故事成語である「背水の陣」。

「一歩たりとも後ろに引けないような、切羽詰まった状況」という意味です。

また、そういった切羽詰まった状況を踏まえて、「引けない状況で全力を尽くす・あきらめずに一生懸命に頑張る」という意味でもあります。
 
 
 
では、この「背水の陣」、どのような場面でどのように使うべきなのか?

ということで、「背水の陣」の使い方を例文で紹介していきます。

特に、簡単な短文でわかりやすく紹介しますので、ご期待ください。
 

スポンサードリンク

 

1.故事成語「背水の陣」の例文を簡単な短文で!

・高校受験までは残すところあと二か月だが、これからは背水の陣で頑張るしかない。
 
 
・東京大学を目指して現在四浪中、今回は最後の挑戦と決めて背水の陣でのぞむ。
 
 
・弁護士を目指して長年彼女の世話になっているようだが、背水の陣の覚悟が足りないのではないか?
 
 
・このままの業績が続くようならば、倒産しても仕方がない状況だ。社員全員背水の陣で売るしかない。
 
 
・衆議院と参議院選挙に出馬し10年も落選が続いているが、今回は最後の出馬とし背水の陣で頑張る。
 
選挙
 
・得点差が2点で9回裏最後の攻撃だ…、打者全員が背水の陣で打席立っていると思う。
 
 
・格闘技は負けるとリリースされるのは仕方がないこと、これ以上負けるわけにはいかないし、背水の陣でのぞむ。
 
 
・3年生にとってはこの夏が最後のチャンス、甲子園出場目指して背水の陣で頑張るしかない。
 
 
・なんだかダラダラと毎年受験に失敗しているが、そろそろ背水の陣でのぞんでもらわないと困るよ。
 

スポンサードリンク

 

2.故事成語「背水の陣」の由来とは!

「背水の陣」の由来は、中国の歴史書「史記」。

その「史記」の「淮陰公伝(わいいんこうでん)」という章に出てきます。
 
 
 
漢の劉邦(りゅうほう)の部下に、韓信(かんしん)という優れた武将がいました。

韓信は趙軍と戦うに当たり、漢軍の兵士を、川を背に陣取る作戦を立てたのです。

つまり、後ろに逃げることができない、非常に危険な作戦をしいたのです。
 
川
 
通常は、こういった味方の軍を危険にさらすような作戦はとりません。
 
 
しかし、この作戦は味方の軍に対し不退転の決意を与えました。

また、それと同時に敵軍には油断を与えたのです。
 
 
背水の陣を敷いた結果、韓信はこの戦いで勝利をおさめることができました。

これが「背水の陣」の由来です。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「背水の陣」の例文についてでした。

参考にしてください。
 
 
背水の陣は、「切羽詰まった状況」という意味では「絶体絶命」「窮地に立つ」といった言葉に言い換えが可能。

また、「全力を尽くす」という意味では「全身全霊」や「不撓不屈」といった言葉に言い換えができます。

関連記事と広告

-故事成語

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.