言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

挨拶・スピーチ

「感謝」と「ありがとう」の違い!わかりやすく解説するよ!

更新日:

 
普段何気なく使う「ありがとう」。

それから「感謝します」といった使い方をする「感謝」。
 
 
よく似た言葉ですが、意味を調べる機会ってなかなかないですよね…。

ということで、「感謝」と「ありがとう」の意味を徹底調査してみましたよ!
 
 
本記事では、「感謝」と「ありがとう」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「感謝」と「ありがとう」の意味の違い!

最初に、「感謝」と「ありがとう」の意味の違いを端的にお伝えします。

「感謝」とは、親切にされて「ありがたい」と思うことです。

そして、「ありがたい」と思った後にその気持ちを言葉や品物に表すことも「感謝」です。

「ありがとう」とは、親切にされて「ありがたい」と思った気持ちを表した言葉です。

 
簡単に説明すると、こういった内容です。

なんとなく伝わったと思いますが、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「感謝」の意味とは!

「感謝」という言葉の意味は、「ありがたい」と感じる気持ちのこと。

ですから、他人から親切やご好意を受けた時に「ありがたいなぁ」とか「うれしいなぁ」と感じた、その思いのことですね。
 
 
これだけで、「感謝」が成立するのです。

では、「ありがたいなぁ」「うれしいなぁ」と感じた後に何をするか。

車椅子
 

②「ありがとう」とは!

「ありがたい」といった感謝の気持ちを持つと、どうしてもその気持ちを相手に伝えたくなります。

その伝える手段の一つが「ありがとう」という言葉
 
 
「ありがとう」と発言し相手に伝えると、その親切をした相手はその人が「ありがたい」気持ちを感じてくれたということがわかります。

その気持ちを受け取った相手は、親切をしたことで「うれしい」気持ちになるわけですね。
 
 
相手に感謝の気持ちを伝える言葉には「ありがとう」以外もあります。

たとえば、「あなたに感謝します」「おかげで助かりました」など。

サンキュー
 

③「感謝」は感じた思いの他に気持ちを表す行動も!

「感謝」という言葉の意味は、「ありがたい」と感じる気持ち以外に、その気持ちを表す行動も含まれます。

ですから、「ありがたい」と感じた後に「ありがとう」と発言して相手に伝える行動をしますが、この行動も「感謝」なのですね。
 
 
要するに、「ありがとう」と発言する行動が「感謝」であり、感謝の気持ちを伝えるための一つの言葉が「ありがとう」ということ。

つまり、「感謝」には「ありがとう」と発言することの他に、「あなたに感謝します」と発言することも含まれるのです。
 
 
また、「これを受け取ってください」といって品物を渡すことも「感謝」ですね。

プレゼント
 

④「感謝」と「ありがとう」の違いを整理!

ということで、ここで一旦「感謝」と「ありがとう」の違いを整理します。
 
 
「感謝」とは、好意を受けた後に「ありがたいなぁ」と感じる気持ちのこと。

そして、「ありがたいなぁ」という気持ちを感じた後、その気持ちを伝える一つの手段が「ありがとう」という言葉の発言です。
 
 
ですから、「感謝」→「ありがとう」といった流れになります。

ただし、「ありがたいなぁ」という気持ちを伝える行動も「感謝」といいます。

「感謝」の持つ意味は広いのですね。
 

スポンサードリンク

 

2.「感謝」と「ありがとう」の辞書での意味!

今度は、「感謝」と「ありがとう」の意味が辞書ではどうなっているのか、一応みていきましょう。
 

①「感謝」の辞書での意味!

【感謝】

・自分が受けた好意や親切を、ありがたく感じること。また、その気持ちを表して礼を言うこと。「―の意を表す」「ご好意に―します」「―の念」

引用元:旺文社国語辞典

最初の項目で説明しとおりの内容となっています。
 

②「ありがとう」の辞書での意味!

【ありがとう(有難う)】

・感謝・お礼の気持ちを表す語。

引用元:旺文社国語辞典

「ありがたいなぁ」と思った気持ちを表す言葉のこと。

その中の一つの言葉ということですね。

結婚式
 

3.「感謝」と「ありがとう」の使い方!

最後に、「感謝」と「ありがとう」の使い方を例文で紹介します。
 

①「感謝」の使い方!

・当たり前の日常を過ごしていると周囲の人への感謝の気持ちを忘れてしまう。

・こんなに丁寧に対応していただき感謝の言葉もありません。

・本当に嬉しかったです。もう感謝しかありません。

・これからはあなたのために生きていきます。これが私の感謝の気持ちです。

・あらためて感謝申し上げます。

サンキュー
 

②「ありがとう」の使い方!

・本日は本当にありがとうございました。

ありがとう、助かったよ。

・大変ありがとうございます。

・お母さん、いつもありがとう

・こちらこそありがとうございました。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「感謝」と「ありがとう」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「感謝」とは、親切にしてもらった時に「ありがたいなぁ」と感じる気持ちのことで、その気持ちを伝える言葉の一つが「ありがとう」です。

ですから、「感謝」から始まり「ありがとう」と発言する流れになります。
 
 
ただし、「ありがたいなぁ」という気持ちを伝える行動も「感謝」ですよ。
 
 
ところで、感謝の気持ちを表すことを「お礼」といいます。

ですから、「ありがとう」と発言する行為がお礼。

この「お礼」という言葉なのですが、「お礼」と書くべきか「御礼」と書くべきなのか、悩んだ経験はありませんか?

ということで「お礼」と「御礼」の使い分けについて徹底的に調べた記事があります。

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「お礼」と「御礼」の使い分け!わかりやすく解説するよ!

 

関連記事と広告

-挨拶・スピーチ

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.