言葉の使い方や意味などを深掘りしてご紹介いたします!

贈る言葉情報館

文書

「基本」と「原則」の違いを解説!意味を徹底的に深掘り!

更新日:

 
「基本」と「原則」。

「基本NGです」といったり「原則NGです」といったり…。

似たような意味合いで使われているような気がします…。
 
 
また、「基本原則」といったように、2語を合わせて使うこともありますよね。

似たような場面で使われる「基本」と「原則」ですが、その意味には違いがあるらしい…。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「基本」と「原則」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「基本」と「原則」の意味の違い!

最初に、「基本」と「原則」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「基本」とは、物事の中心と考えられているもののこと。

「原則」とは、一般に適用する、守らなくてはいけない決まりのことで、例外が存在することがあります。

 
短くまとめると、こういった違いです。

それでは、ここからはさらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「基本」の意味とは!

「基本」は、物事の中心と考えられているもののことです。

「中心」ですので、「物事の軸」や「物事の大もと」ともいえますね。
 
 
たとえば、学校では「基本問題」と「応用問題」があります。

学習しながら序盤で解くのが「基本問題」で、この「基本問題」を理解してから「応用問題」へと進みますよね。

最初の「基本問題」が解けない場合は、当然ですが「応用問題」は解けません。

これが、物事の中心となるものであり、「基本」ということです。
 
 
ちなみに、「基本」と似た言葉で「基礎」がありますが、「基礎」は土台のこと。

「基本」は中心で、「基礎」が土台ということで、微妙な違いがありますので覚えておいてください。
 
 
ただし、「基本」と「基礎」は微妙な違いはあるものの、指すものはほぼ同じです。

「基本練習」と「基礎練習」の明確な違いを説明できませんし…、「基本」も「基礎」も英語ではどちらも「ベーシック」です。

勉強
 

②「原則」の意味とは!

「原則」は、特別な場合を除き、一般に適用する、守らなくてはいけない決まりのこと

守らなくてはいけない決まりなので、「規則」や「ルール」ともいえますね。
 
 
たとえば、「この道路は原則、通行止めです」といった使い方をします。

道路を通行してはいけないという決まり、ということですね。
 
 
そして、「原則」は特別な場合である「例外」が存在することがあります。

こういった「例外」は、「原則」からは除外されることになるのですね。

たとえば、「この道路は原則、通行止めです」とはいっても、救急車両が通行することはありますよね。

この救急車両が「例外」ということです。
 
 
ちなみに、「原則」は「守らなくていけない」といった縛りがありますが、「基本」にはそういった縛りはありません。

通行止め
 

③「基本」と「原則」の意味の違いを整理!

それでは、ここで一度「基本」と「原則」の意味の違いを整理します。
 
 
物事の中心と考えられているもの、また物事の軸となるものが「基本」

特別な場合を除き、一般に適用する、守らなくてはいけない決まりが「原則」です。
 
 
ちなみに、「基本NG」は「中心になる考え方においてはNG」という意味で、中心から外れる考え方もあることを暗示しています。

そして、「原則NG」は「特別な場合を除きNG」ということで、例外があるということ。

要するに、「基本NG」と「原則NG」はほぼ同じような意味ということですね。
 

スポンサードリンク

 

2.「基本」と「原則」の辞書での意味!

続いて、辞書による「基本」と「原則」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「基本」の辞書での意味!

【基本】

・物事の中心や基準になると考えられているもの。よりどころとする大もと。「―に忠実に行う」「―給」

引用元:旺文社国語辞典

「中心」であり、「大もと」ですので、説明したとおりですね。
 

②「原則」の辞書での意味!

【原則】

・特別な場合を除き、一般に適用する基本的な規則や法則。「―を貫く」「―を立てる」↔例外

引用元:旺文社国語辞典

こちらも、説明したとおりの内容ですね。

ちなみに、「法則」といえば「オームの法則」などの物理法則を連想しますが、「規則」や「決まり」の意味もあります。

ルール
 

3.「基本」と「原則」の使い方!

最後に、「基本」と「原則」の使い方を例文で紹介します。
 

①「基本」の使い方!

・毎日、基本練習ばかりで飽きてしまう。

・人間らしく生きる権利、基本的人権がある。

基本情報技術者試験に挑戦する。

基本給に様々な手当が加算された給料。

・彼のプレーは本当に基本に忠実だ。

サッカー
 

②「原則」の使い方!

原則として部外者の立ち入りはできません。

・契約自由の原則があるにもかかわらず視聴料が徴収される。

・消費税の簡易課税と原則課税。

・普段の業務では原則として当社制服を着用してください。

・すみませんがサンダルでの入店は原則NGとなっております。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「基本」と「原則」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「基本」は、物事の中心、物事の軸と考えられるもののこと。

「原則」は、特別な場合を除き、一般に適用する、守らなくてはいけない決まりのこと。
 
 
物事の中心が「基本」で、決まりが「原則」です。

「原則」には、「例外」もありますので意外にやわらかい表現なのかもしれませんね。

「基本」と「原則」の意味の違いを説明しましたが、「原則」と「法則」の違いを深く分析した記事がありますよ。

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「原則」と「法則」の違い!例文でわかりやすく解説するよ!

 

関連記事と広告

-文書

Copyright© 贈る言葉情報館 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.